Windows 10 でエラー発生「0x00000000022C0FD8 の命令が 0x00000000022C0FD8 のメモリを参照しました。メモリが written になることはできませんでした。」

2016年3月4日20時に、自作パソコンNo.1常用機の電源を切ろうとしたらエラーが発生して電源が切れない状態に陥りました。
開いていたExplorerは閉じられず、開かれたままの状態です。

表示されたエラーは、下の図のようなものです。
SC20160304-200134-00

エラーは「explorer.exe – アプリケーション エラー」。
内容は「0x00000000022C0FD8 の命令が 0x00000000022C0FD8 のメモリを参照しました。メモリが written になることはできませんでした。

エラーが発生した時点での自作パソコンNo.1常用機は、下図のように、「Windows 10 Pro バージョン 1511 OSビルド 10586.122」です。
SC20160305-102831-00

エラーの内容を読んでみましたが訳が分からないので、直ちに、Googleの検索とMicrosoftのサイトで「0x00000000022C0FD8」をキーワード検索してみましたが、何らの情報も現れてきません。

Windows 10 の Explorer に、何らかの隠れたバグが潜んでいるのでしょう。

同じような Windows 10 の不具合は他にも発生しています

下記の記事をご覧下さい。

Windows 10 でエラー発生「0x0000000002780FD8 の命令が 0x0000000002780FD8 のメモリを参照しました。メモリが written になることはできませんでした。」
2016年4月13日19時43分に、自作パソコンNo.1常用機の電源を切ろうとしたらエラーが発生して電源が切れない状態に陥りました。 開いていたExplorerは閉じられず、開かれたままの状態です。 表示されたエラーは、下の...
Windows 10 でエラー発生「0x00000000043C0FD8 の命令が 0x00000000043C0FD8 のメモリを参照しました。メモリが written になることはできませんでした。」
2016年9月7日16時31分に、自作パソコンNo.1常用機の電源を切ろうとしたらエラーが発生して電源が切れない状態に陥りました。 開いていたExplorerは閉じられず、開かれたままの状態です。 表示されたエラーは、下の図...
Windows 10 でエラー発生「0x0000000000D4E411 の命令が 0x0000000000000004 のメモリを参照しました。メモリが read になることはできませんでした。」
2017年1月16日から、このサイト以前に活躍していた旧サイトの廃止作業を始め、ホームページビルダーを使って、旧サイトのHTMLファイルの修正をしています。 ホームページビルダーはメモリの使用要領が悪いのか、一度に多数のファイ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました