Internet Explorer 11でJavaスクリプトを有効にする

本サイトでは、掲示板類やメールフォームは、 掲示板へのスパム糞投稿、スパム糞メールの対策の一つとして、Javaスクリプトが有効になっていないと、メニューに表示されないようにしてあります。
メニュー表示にJavaスクリプトが多用されているのは、岩国市田舎村昆虫館関係です。
これらのカテゴリのメニュー、記事をご覧になる場合は、Javaスクリプトを有効にすることをお勧めします。・・・但し、セキュリティ対策は自己責任でお願いします。

Internet Explorer 11でJavaスクリプトを有効にする・・・Windows 8.1 の例

1.Internet Explorer 11 を起動して、「ツール」から「インターネットオプション」を選択する。
SC20150730-050607-00

2.「インターネットオプション」画面が表示されるので、「セキュリティ」タブを開いて、「セキュリティ設定を表示または変更するゾーンを選択してください。」の中から「インターネット」を選択し、「レベルのカスタマイズ」をクリックする。
SC20150730-050801-00

3.「セキュリティ設定 – インターネットゾーン」が表示されるので、「スクリプト」までスクロールダウンして、「Javaアプレットのスクリプト」、「アクティブスクリプト」、「スクリプトでのステータスバーの更新を許可する」の3ケ所の「有効にする」にチェックを付けて、「OK」をクリックする。
SC20150730-051012-00

4.「警告」画面が表示されたら、「はい」をクリックする。
SC20150730-051022-00

5.「インターネットオプション」画面に戻る。
このゾーンのセキュリティのレベル」が「カスタム」に変更されていることを確認して、「適用」-「OK」をクリックする。
SC20150730-051107-00

関連コンテンツ
関連コンテンツ
トップへ戻る