「Windows 10 Product Key Viewer V1.5.1」(Windows 10 のプロダクトキーを表示)で現れる詐欺サイトに注意

2017年6月27日に ASUS TransBook T100HA の Windows 10 を Creators Update してみて、特別な問題は発生していないようなので(徹底的な調査はしていませんので、オバケが潜んでいる可能性は残っていますが・・・)、この記事を編集している常用パソコンの Windows 10 も Creators Update しておくことにしました。

ASUS TransBook T100HA で Windows 10 Creators Update を実施(1/2)
「ASUS TransBook T100HA の Windows 10 Creators Update に成功!!」 Windows 10 Creators Update については、今年の4月に下記の誘惑記事を書きました...
ASUS TransBook T100HA で Windows 10 Creators Update を実施(2/2)
「ASUS  T100HA で Windows 10 Creators Update 版が使えます!!」 2017年6月27日に、非力な ASUS TransBook T100HA で Windows 10 Creat...

Creators Update するに当たっては、万一の事を考えて、データ類のバックアップ(BunBackupを常用しています)を最新のものにしておくことにして、その前に、不要なファイルを捨てるべくデータドライブをチェックしていたら、Windows 10 のプロダクトキーを確認するソフト 「Windows 10 Product Key Viewer V1.5.1」(pkeyuibx.exe)が現れてきました。

このソフトは、Windows 8、Windows 10 への無償アップグレードの時に、プロダクトキーはどのように変化したのかを確認するために使用していたものです。

このソフトは便利なものではありますが、ソフト本体の画面より派手なうえ、なんとも怪しいサイトが表示されますので、下記の記事で使用上の注意事項を披露しています。

「Windows 10 Product Key Viewer V1.5.1」により Windows 10 アップグレード後のプロダクトキーを確認
手持ちパソコン3台の Windows 8.1 を、Windows 10 へアップグレードしていますが、アップグレード後のプロダクトキーは、元の Windows 8.1 のプロダクトキーではなく、アップグレード時に、自動的に新たな W...

2017年6月29日は、久しぶりに「pkeyuibx.exe」を起動してみました。

【緊急注意報】Windows 10 のプロダクトキーを確認するソフト 「Windows 10 Product Key Viewer V1.5.1」で現れる詐欺サイトに注意

「Windows 10 Product Key Viewer V1.5.1」の本体

質素な「Windows 10 Product Key Viewer V1.5.1」の本体です。
このソフトは、Windows をインストールした後、プロダクトキーを書いたものを紛失した場合などに非常に便利であり、使いものになります。

本体と共に開くサイト

本体と共に開くサイトです。
これだけなら問題ない(と思いますが・・・)のですが・・・

次から次へと開く詐欺サイトのウインドウ(ポップアップ)の例

Windows 10 Product Key Viewer V1.5.1」の本体と共に、次から次へと開く詐欺ウインドウ(ポップアップ)には閉口します。

一応、6月29日のテスト時に現れた詐欺ウインドウ(ポップアップ)の例を幾つか載せておきますので参考にして下さい。

これらの詐欺ウインドウ(ポップアップ)内には、恐怖心を煽るようなことが書いてありますが、慌てないようにして下さい。

例えば「support.microsoft.com曰く:」のような、日本語らしくない、安物翻訳ソフトによる詐欺独特の日本語も見られます。

また、日本の電話番号が書かれていますが、絶対に電話をしないで下さい。
書かれている電話番号をGoogle検索すると、詐欺情報が現れてきます。

現れた詐欺ウインドウ(ポップアップ)を消そうとして操作すると、止まる所を知らずに次々と新しい詐欺ウインドウ(ポップアップ)が現れてくるし、時には、鼻血ブーのウハウハするスッポンポンのお姐さんのアダルトサイトが開くことがあります。

ここから下に、詐欺ウインドウ(ポップアップ)の例を掲載しておきますが、詐欺サイトを開いたり、書かれている電話番号へ電話して被害に遭ったり、アダルトサイトを見ている間に変なウイルスに感染して被害に遭っても、私には補償は出来ませんし、一切の責任は持ちません。 これらの行為は、全て自己責任としますので、予めお承知おき下さい。
なお、アダルトサイトの例を掲載すると、私が逮捕される可能性が十分にありますので割愛します。


「03-4588-9102」をGoogle検索すると詐欺情報が現れます。


「support.microsoft.com曰く:」の日本語らしくない日本語が書かれています。

この記事はページ分割されていますので、次ページもご覧下さい。
タイトルとURLをコピーしました