Simplicity2 をバージョンアップしたら、設定済みの「ウィジェット」が「使用停止中」の場所に移動されてしまう (3/3) 「Smooth Update」を使用して回避

Simplicityをバージョンアップしたら、設定済みの「ウィジェット」が「使用停止中」の場所に移動されてしまう問題については、このサイト内の下記の記事で紹介しましたが、新たな対策方法を開発された方がありますので紹介しておきます。

Simplicity2 をバージョンアップしたら、設定済みの「ウィジェット」が「使用停止中」の場所に移動されてしまう (1/3) 現象
現在運用中の9つのサイトは、WordPressの最新バージョンと、テーマとしてSimplicityの開発版の最新バージョンを使用していますが、Simplicityのバージョンアップを実施すると、設定済みの「ウィジェット」が一部を除き、殆どが「使用停止中」の場所に移動されてしまって見えなくなってしまうことがあります。この状況を回避する方法は考えられますが、ここでは、設定済みの「ウィジェット」が一部を除き、殆どが「使用停止中」の場所に移動されてしまって見えなくなってしまう状況を紹介しておきます。
Simplicity2 をバージョンアップしたら、設定済みの「ウィジェット」が「使用停止中」の場所に移動されてしまう (2/3) FTP転送で回避
Simplicityのバージョンアップを実施すると、設定済みの「ウィジェット」が一部を除き、殆どが「使用停止中」の場所に移動されてしまって見えなくなってしまうことがあります。この状況を回避するために、「FTP」を使ってバージョンアップすることにしました。

「Smooth Update」を使用して回避できます

2018年1月22日の朝、Simplicityのサイトをチェックしていたら、下記の記事が更新されていました。

Simplictyの親テーマアップデートでウィジェット設定がリセットされてしまう
Simplicityの特徴 › フォーラム › 不具合報告 › Simplictyの親テーマアップデートでウィジェット設定がリセットされてしまう このトピックには18件の返信、2人の

この記事に、

Simplicity を WordPress 管理画面からアップデートする際に便利な無料テーマ Smooth Update をリリースしました。

とありましたので、「Smooth Update」をダウンロードして試してみたところ、従来のアップデートの方法である、WordPressの機能の「外観」-「テーマ」を使用してのバージョンアップで、設定済みの「ウィジェット」が「使用停止中」の場所に移動されてしまうことがなくなりました。

Simplicity管理画面でのテーマアップデート専用テーマ「Smooth Update」を作っていただきました
WordPress 4.9.2でウィジェットのマッピング処理が実装されました。おそらくこのアップデートにより、Wordpressの管理画面から以下の方法用いてテーマをアップデートしようとすると、ウィジェットの位置がリセットされてしまうという
Simplicityを新しいバージョンにアップデートする方法2通り
Simplicityのバージョンが上がったときに、アップデートするには、いくつか方法がありますが、そのうち最もオーソドックスな2つの方法を紹介します。Simplicityのアップデート方法で、「目的のフォルダはすでに存在しています。 テーマ

Smooth Update」については、下記のサイトをご覧になり、試してみて下さい。
Smooth Update」を開発された方のサイトです。

Simplicity アップデート専用テーマ「Smooth Update」
WordPress テーマ Simplicity のアップデート専用の無料テーマ「Smooth Update」の説明ページです。「ウィジェットの配置が崩れず」「クローラーへ配慮」しながら、Simplicity をアップデートできます。
Smooth Update のダウンロード
Simplicity2 のアップデート時に使用するテーマ 「Smooth Update」のダウンロードページです。