Smooth Update を使用して、Simplicity をアップデートする

シェアする

Simplicityは、 WordPressを使用したサイトの再構築の当初から使用させて頂いており、常に最新のSimplicityにしておきたいと思い、新たなバージョンは発表されていないかと期待して、毎朝 Simplicityのサイトをチェックしています。

Simplicity
内部SEO施策済みのシンプルな無料Wordpressテーマを公開しています。初心者でも出来る限り分かりやすく使えるように作成しました。
Simplicity2のダウンロード
無料WordpressテーマSimplicity2のダウンロードはこちらです。インストール方法はこちら。テーマのアップデート方法は、以下を参照してください。Simplicity2のダウンロードWordPress4.1以上、PHP5.4以上で

開発版も含めて、新たなバージョンの発表の都度インストールを続けてきました。


2018年1月でしたが、「Simplictyの親テーマアップデートでウィジェット設定がリセットされてしまう」という下記の記事を見つけ、

Simplictyの親テーマアップデートでウィジェット設定がリセットされてしまう
Simplicityの特徴 › フォーラム › 不具合報告 › Simplictyの親テーマアップデートでウィジェット設定がリセットされてしまう このトピックには18件の返信が含まれ、2

ここで、「Simplicity アップデート専用テーマ「Smooth Update」」が開発されたことを知り、

Simplicity アップデート専用テーマ「Smooth Update」
Simplicity のアップデート時に使用する、無料テーマ「 Smooth Update 」を作りました。以下の内容に当てはまる方にぴったりなテーマです。FTP ソフトを使っていない。WordPress 管理画面から Simplicity

下記の記事で、「Smooth Update」があることだけを紹介しています。

Simplicityをバージョンアップしたら、設定済みの「ウィジェット」が「使用停止中」の場所に移動されてしまう(3)「Smooth Update」を使用して回避
Simplicityをバージョンアップしたら、設定済みの「ウィジェット」が「使用停止中」の場所に移動されてしまう問題については、この...

本日(2018/09/21)も、恒例の Simplicityのサイトのチェックをしたところ、「simplicity2.7.2」が発表されていましたので、「Smooth Update」を使って、Simplicityのテーマのアップデートをしておきましたが、Wordpressのテーマの変更方法と言うことで、Smooth Update」 を使用した Simplicity のアップデートの様子をメモしておきます。

スポンサーリンク

Smooth Update を使用して、Simplicity をアップデートする

アップデート前。・・・運用中のサイトの一つです。


「テーマ」を開いてSmooth Updateを「有効化」する。


Smooth Updateが「有効化」され、

サイトを開くと「メンテナンス中」であることが表示。


テーマ「Simplicity2」をクリックして開いて、


削除」をクリックする。


OK」をクリックすると、


テーマ「Simplicity2」が削除されたので、


この画面の左上の「新規追加」をクリックする。


テーマのアップロード」をクリックする。


ファイルを選択」をクリックする。


前もってダウンロードしておいた、アップデート用ファイル「simplicity2.7.2.zip」を開く。


今すぐインストール」をクリックする。


ファイルがアップロードされ、インストールが完了したら「有効化」をクリックする。


テーマ「Simplicity2」が追加された。


子テーマの「Simplicity2 child」の「有効化」をクリックする。


Simplicity2 child」が有効化され、


以上で Simplicityのアップデートは完了し、サイトの表示は元に復元した。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする

フォローする

トップへ戻る