【緊急注意報】詐欺メール??? 「ウイルスチェックサービス 」 から【ウイルスチェック報告】が 到着

暮れも押し迫った2018年12月29日、着信したメールの正常、異常をチェックするソフトウエア「SpamDump」の「スパム」のホルダーに訳の分からないメールが入っていました。

メールに書かれた内容を見ると、私宛のメールがウイルスに感染している可能性があるとのことで処理したとのことですが、何回読み直してみても不自然で全く意味が解らない内容。

意味が解らないのは、

  1. 「ウイルス感染の可能性があるため」とありますが、正規の機関では、「可能性」で処理することはないはずです。
  2. 「メール送信者: *******@supportappleonline.joshshadid.com」ですが、「supportappleonline.joshshadid.com」のIPアドレスは「195.123.233.150」、「アメリカ合衆国」です。このような所は心当たりがありません。
  3. 「処理内容: メールヘッダー以外を破棄しました」とありますが、送信者から私までの間のヘッダーが見当たりません
  4. 「元のメールに関する情報はこのメールに添付されています。」とありますが、添付ファイルがありません
  5. ヘッダーのReturn-Path: には「v****_A****@cloud-mail.jp」とありますが、「cloud-mail.jp」は、12月29日現在、IPアドレスが存在しません
  6. ヘッダーを見ると、偽装されたヘッダーであることが簡単に判ります。

以上です。

皆さんの所へもメールが届いていると思いますが、本文に書かれたアドレス宛にメールを発信することは絶対にしないで、破棄して下さい。


なお、この詐欺メールは、「迷惑メール相談センター」へ状況提供として、メールのヘッダー情報と共に転送しておきました。

迷惑メール相談センター | JADAC
迷惑メール相談センターでは、総務省より委託を受けて、特定電子メール法に違反する迷惑メールに関するご相談や情報を受付けております。ご提供いただいた違反情報につきましては、総務大臣及び消費者庁長官による違反送信者への措置等に活用させていただきます。

詐欺メール 件名「ウイルスチェック報告」の内容

●件名(メールタイトル):
ウイルスチェック報告

●差出人(メールアドレス):
Virus Check System <virus_Alert@cloud-mail.jp>

●発信日時:
Fri, 28 Dec 2018 20:54:17 +0900

●本文(メール内容):

==== ウイルスチェック報告 ====

ウイルスチェックサービスにてお客様宛てのメールを検査した結果、
ウイルス感染の可能性があるため以下の処理を実施しました。

メール送信者: *******@supportappleonline.joshshadid.com
感染ウイルス名称: Doc.Malware.Generic-6796551-0
処理内容: メールヘッダー以外を破棄しました

元のメールに関する情報はこのメールに添付されています。

ウイルスチェックサービス

※このメールに対する返信はできません。

関連コンテンツ
関連コンテンツ
トップへ戻る