詐欺メール(24) インターネット有料コンテンツ未納回収カスタマーセンター から「督促状の確認をされたい場合は、ご連絡下さい。」

2018年は「DMM」、「DM」なる名称を使用した同一の発信者からの詐欺メールが続いていましたが、2019年になっても同一の発信者からの詐欺メールが続いています。

メールアドレスを少し変えていますが、これが真実のメールなら、この様なデタラメなメールアドレスは使用されていない筈です。


発信元は今までの詐欺メールと同じで、ヘッダーには、

Received: from b5xcpj7plis.xyz (static-ip.154.54.244.103.rev.i4hk.com [103.244.54.154])

とあり、IPアドレスを調べたら、例のごとく「香港」でしたが、ヘッダーを詳しく見ると、日本からの発信でした。


絶対に記載されていることを信用しないで下さい。

絶対に連絡しないで下さい。

なお、この詐欺メールは、「迷惑メール相談センター」へ状況提供として、メールのヘッダー情報と共に転送しておきました。

迷惑メール相談センター | JADAC
迷惑メール相談センターでは、総務省より委託を受けて、特定電子メール法に違反する迷惑メールに関するご相談や情報を受付けております。ご提供いただいた違反情報につきましては、総務大臣及び消費者庁長官による違反送信者への措置等に活用させていただきます。

詐欺メール 差出人「インターネット有料コンテンツ未納回収カスタマーセンター」、件名「督促状の確認をされたい場合は、ご連絡下さい。」の内容

●件名(メールタイトル):
督促状の確認をされたい場合は、ご連絡下さい。

●差出人(メールアドレス):
インターネット有料コンテンツ未納回収カスタマーセンター <info@eswc59b1nw1.xyz>

●発信日時:
Mon, 7 Jan 2019 01:00:34 +0900 (JST)

●本文(メール内容):

【申請された手続きについて】

先日申請はされましたが、申請手続きにおける回答がなく、削除手続きは中断しております。
何度も連絡をしておりますが、回答を得られないため、未納金【453,600円】が発生してる方に順次裁判所より督促命令を出しております。
ご自身で申請されたにもかかわらず、申請手続きを進められておりませんので、弊社規定による期限を過ぎても放置された場合、ご自宅、職場等裁判所より発送致しますのでご了承下さい。

【アカウント削除を行うには】

申請後放置されておりますので、申請手続きを再開する必要があります。
ただし、条件があり、必ず弊社の通知に対して、削除手続きが終わるまでの間、必ず放置されず連絡は取って頂くことが条件です。
条件を受諾して頂き、アカウント削除手続きをし、個人情報の抹消、未納金【453,600円】も全額債務放棄を希望される場合は、【申請手続き再開】と本通知に記載しご連絡下さい。

尚、申請手続き再開の連絡を頂きましたら、折り返し現在弊社がお送りしてる督促状を添付しますのでご確認下さい。
そして、督促状がご自宅、職場等に届きましたら、アカウント削除はできず、強制的に全額未納金【453,600円】を法的に回収しますのでご了承下さい。

※重要※
再開を申請したのにもかかわらず、再度放置された場合、虚偽申請と言うことになり、刑事告訴の対象になりますので十分にご注意下さい。

–会社概要–

・会社名
株式会社DMMサービス
・本社所在地
東京都港区六本木三丁目2番1号 住友不動産六本木グランドタワー
・資本金
1,000万円
・設立
平成11年11月17日
・代表取締役
片桐 孝憲

【お問い合わせ先】
・24時間メールにて対応
・電話でのお問い合わせはしておりません。

トップへ戻る