Androidエミュレータ「BlueStacks 4」の環境設定

 

自作パソコンNo.1で、Androidエミュレータ「BlueStacks 4」を働かせて、メルカリのアプリ版などを試してみていますが、少しでも軽く、少しでも安定して働くように設定していますので、2019年5月15日現在の設定状況を備忘録として記録しておきます。

この設定は、現在使用中の自作パソコンNo.1に限定されると思いますが、「BlueStacks 4」を試してみようかなと思われる方は参考にして設定して試してみて下さい。

 

なお、「BlueStacks 4」のインストールについては下記の記事で紹介しています。

Androidエミュレータ「BlueStacks 4」を Windows 10 へインストールして試用
2018年8月10日に、Androidエミュレータ「Nox Player 6」を、自作パソコンNo.1の Windows 10 へインストールして、フリマアプリなどを試験的に働かせていましたが、「Nox Player 6」は、バージ...

Androidエミュレータ「BlueStacks 4」の環境設定・・・2019/05/15現在

環境設定」メニューを開きます。


環境設定」を開きます。


ディスプレイ

解像度は「1280 x 720」、DPIは「240 DPI」に設定。


エンジン

Direct X」に設定。

私の自作パソコンNo.1では、「OpenGL」では動きが重く、エラーが発生します。


ボスキー」・・・設定していません。


通知」・・・変更していません。


詳細設定

Samsung Galaxy S8 Plus」を選択して設定。


環境設定」・・・設定していません。


アップデート」・・・確認しただけです。


BlueStacksバージョン情報」・・・確認しただけです。

Android エミュレータ「Nox Player 6」の試用は止めて、「BlueStacks 4」に変更しました

Windows 10 上で、Android エミュレータ「BlueStacks 4」が問題なく働き、「Nox Player 6」より良好に働くことが判りました。

今後は、何かと怪しい通信などをしている「Nox Player 6」の試用は止めて、「BlueStacks 4」の試用を続けることにします。

タイトルとURLをコピーしました