WordPressの大幅なアップデートの場合は、トラブル回避のために自動更新を一時的に停止

シェアする

student-849821_960_720

2016年11月30日に、このサイトで使用しているテーマ、Sinplicityのサイトのフォーラムを見ていましたら、近々、WordPressがバージョン4.7へアップデートされるらしいとの情報に気が付きました。

バージョン4.7へアップデートは大掛かりな変更が多いとのことなので、アップデートによるトラブルの発生が懸念されるため、皆さんの状況を見て、落ち着いてからアップデートすることにして、自動更新を停止しました。

スポンサーリンク

自動更新を停止するように設定する方法

  1. WordPressの更新」画面は「自動更新」になっています。
    sc20161130-080144-00
  2. wp-config.php」ファイルを開いて、下記の1行を追加します。
    define( ‘AUTOMATIC_UPDATER_DISABLED’, true );
    sc20161130-080431-00
  3. 以上で、「自動更新」は停止され、「WordPressの更新」画面の「今後のセキュリティ更新は自動的に適用されます。」の表示が無くなりました。
    sc20161130-080634-00

バージョン4.7へアップデートに問題がなければ自動更新へ戻します

暫くの間、バージョン4.7へアップデートでトラブルがないかの様子をみて、大丈夫なようであれば、「wp-config.php」ファイルの「define( ‘AUTOMATIC_UPDATER_DISABLED’, true );」の行を削除して、自動更新に戻します。

スポンサーリンク
関連コンテンツ



シェアする

フォローする

トップへ戻る