BREITLING DC-3 WORLD TOUR (ブライトリング DC-3 ワールドツアー) (4)米国を回っています

シェアする

ここでは、BREITLING DC-3 WORLD TOUR (ブライトリング DC-3 ワールドツアー)の日本から先の航跡を紹介しますが、この記事の前に下記の記事をご覧下さい。

BREITLING DC-3 WORLD TOUR (ブライトリング DC-3 ワールドツアー) 日本から先の航跡(3)
ここでは、BREITLING DC-3 WORLD TOUR (ブライトリング DC-3 ワールドツアー)の日本から先の航跡を紹介し...
BREITLING DC-3 WORLD TOUR (ブライトリング DC-3 ワールドツアー) 日本から先の航跡(2)
ここでは、BREITLING DC-3 WORLD TOUR (ブライトリング DC-3 ワールドツアー)の日本から先の航跡を紹介し...

なお、航跡は下記のサイトのデータを利用させてもらっています。

Plateforme d'échange des données de géolocalisation - Interface de visualisation

なお、タイトルに書かれた日時や、記事の中の日時は、特に記載のない場合は日本時間(JST)です。・・・従って、下記のサイトと異なる場合がありますのでご承知おき願います。

Breitling Douglas DC-3 twin-engine propeller plane
The Breitling DC-3 HB-IRJ was built in 1940 for American Airlines. Despite having logged up 75,000 flight hours, it is kept in an exceptional state of repair.
スポンサーリンク

BREITLING DC-3 WORLD TOUR の日本から先の航跡(4)米国を回っています

Oshkosh Airshow 、Oshkosh での Maintenance を終わり、 BREITLING DC-3 WORLD TOUR が再開されました。

可能な限りフライトトラッカー、又は Flightradar24 で追いかけて、これらの航跡記録を利用していきます。
但し、フライトトラッカーでは少し遅れて表示されますのでご注意下さい。

空港の場所は、タイトルに記載してある地名(空港名)で、Google Map で探してみて下さい。

2017年7月22日  Oshkosh(Wittman Regional Airport) へ到着

Oshkosh(Wittman Regional Airport) 到着までの様子は、下記の記事をご覧下さい。

BREITLING DC-3 WORLD TOUR (ブライトリング DC-3 ワールドツアー) 日本から先の航跡(3)
ここでは、BREITLING DC-3 WORLD TOUR (ブライトリング DC-3 ワールドツアー)の日本から先の航跡を紹介し...

2017年7月23日~29日(現地時間) Oshkosh Airshow (EAA Airventure)

EAA Airventureで、Lindy Awards を受賞。

EAA Fly In: Flying to Oshkosh | EAA AirVenture Oshkosh
Join more than 10,000 pilots flying to Oshkosh for the annual EAA fly-in. Flying your aircraft to EAA AirVenture Oshkosh is an experience like no other!

2017年7月31日~8月13日(現地時間)  Oshkosh(Wittman Regional Airport) でMaintenance

7月23日から、Facebookフライトトラッカーのチェックを続けていますが、変化が見られません。

2017年8月15日 Oshkosh(Wittman Regional Airport) から Chicago(Chicago Executive Airport) へ

DC-3 は、SCHEDULE では、2017/08/14(現地時間)に Chicago に移動する予定になっていましたので、2017/08/15(日本時間)の起床時にフライトトラッカーを確認したら、Chicago Executive Airport に移動済みでした。
Facebookは変化がありませんので、少し待つことにしましょう。

2017年8月16日(現地時間) Chicago(Chicago Executive Airport) から Toronto(Toronto City Billy Bishop Airport) へ

2017年8月16日16時40分(日本時間)にフライトトラッカーを確認したら、DC-3はカナダのToronto近くに居ました。

何処の空港へ着陸しているのかなと思って、フライトトラッカーの地図を拡大してみても空港らしきものが見当たりません。

Flightradar24 や Google Map で探しても空港らしきものが見当たらないので、DC-3は飛行中(現地は未だ夜が明けていませんし・・・)か、または、フライトトラッカーの表示が遅れているのかなと思って18時迄待ちましたが、フライトトラッカーの表示はそのままでした。

明朝のFacebookの更新を待つことにします。

スポンサーリンク


[8月17日追記]

8月17日05時30分(日本時間)にフライトトラッカーをチェックしましたがDC-3の位置は昨日のまま。
Facebookの更新もありませんので、フライトトラッカーに表示されているDC-3の位置(?)をGoogle Map上にマークを付けてみました。
皆さん、マーク付近で空港を探してみて下さい。


[8月17日追記-2]

8月17日14時30分(日本時間)にフライトトラッカーをチェックしましたがDC-3の位置は昨日のまま。
Facebookの更新もありませんので、SCHEDULEサイトを開いてみましたら、なんと、DC-3は既に TORONTO を過ぎて WASHINGTON に居て、8月20日(現地時間)に BOSTON へ移動する予定になっているではありませんか!

頭の中の配線が混線し始めたので、Flightradar24 に何か航跡が残っていないかと探しましたら、TORONTO の南側の Niagara Falls 辺りを飛行している航跡が残っていました。

上の2つの図は Flightradar24 の航跡。
下の図は、フライトトラッカーの画面から、上の上の図と同じ範囲を切り出してものです。

Niagara Falls と DC-3 の勇姿の写真がFacebookに掲載されるのを楽しみに待つことにしましょう。

スポンサーリンク

2017年8月17日(現地時間) Toronto(Toronto City Billy Bishop Airport) から Boston(Bedford Hanscom Field) へ

ついに DC-3 を、執念で探し当てました。

2017年8月18日16時30分(日本時間)現在、DC-3 は Boston の Bedford Hanscom Field に居ることが判りました。

なお、フライトトラッカーで表示される 「Laurence G Hanscom Field」と、Flightradar24 で表示される「Bedford Hanscom Field」は、同じ場所です。


SCHEDULEサイトを開いてみましたら、なんと、DC-3は8月20日(現地時間)に  WASHINGTON から BOSTON へ移動する予定になっていますが、日本時間の8月18日16時30分にフライトトラッカーを見たら、DC-3 は BOSTON の近くの Hanscom Air Force BaseLaurence G Hanscom Field に居るではありませんか!

SCHEDULEでは Chicago の次は Toronto だと思いましたが、フライトトラッカーでは  Toronto 付近にはマークが無く、 Toronto と Boston の中間あたりにマークが付いているので、Google Map と Flightradar24 で空港らしきものはないかと探しましたが見当たりません。


状況が掴めないので、 Flightradar24 に航跡は残っていないかと探してみたら、Toronto City Billy Bishop Airport から Bedford Hanscom Field への航跡が記録されていました。

Chicago(Chicago Executive Airport)以降の追跡が難しくなりました

ご覧頂きましたように、Chicago(Chicago Executive Airport)以降の追跡が難しくなりました。

今後は、連続した追跡が出来ない状況になることが予想されます。

その場合は、ポイントだけの把握で省略したいと思います。

スポンサーリンク

2017年8月20日(現地時間) Boston(Bedford Hanscom Field) から New York(Teterboro Airport) へ

8月20日04時50分にフライトトラッカーを見たら、DC-3 は Boston(Bedford Hanscom Field) から New York(Teterboro Airport) へ移動していました。

Flightradar24 には  New York(Teterboro Airport) に近づいた頃から着陸までの航跡が記録されていました。

New York(Teterboro Airport) は、下のGoogle Mapにマークしておきました。


この後、John F Kennedy International Airport方面へ向かい、New Yorkの上空を飛行したようですね(?)

続きの記事のお知らせ

この記事は続きがありますので、下記のページをご覧下さい。
BREITLING DC-3 WORLD TOUR (ブライトリング DC-3 ワールドツアー) (5)米国横断を終わりカナダ、北極圏へ
ここでは、BREITLING DC-3 WORLD TOUR (ブライトリング DC-3 ワールドツアー)の日本から先の航跡を紹介し...
スポンサーリンク
関連コンテンツ



シェアする

フォローする

トップへ戻る