伊豆シャボテン動物公園(1/3)シャボテン

2019年の正月旅行の1月2日の2番目は、大室山の麓の伊豆シャボテン動物公園へ行きました。

サボテンなら、短時間で見て回れるのだろうと思いましたが、動物も組み合わされているので、入園後に早々に昼食を済ませて、殆ど全ての動物を見て回りました。

園内は立体的に造られていて、こじんまりしていますが、動物の数は多かったです。

伊豆シャボテン動物公園

入口

大室山をバックに、団体さんの記念写真を撮る場所です。

大室山から見下ろした伊豆シャボテン動物公園

シャボテン

シャボテンは55年くらい前から興味を持っていて、一時は棚に並べていたことがあります。

会社の転勤で、雪が多めに降る岐阜県の関ヶ原の近くに転勤になった時、引っ越し荷物とともに数種類のシャボテンも一緒に同行し、昭和56年の大雪「56豪雪」にも全てが耐えて、無事に当地へ帰ってきたシャボテンが今もって活きています。

種類が多い多肉植物にも興味がありますので時々買ってきますが、枯らしてしまうことが多くなりました。

歳をとると、世話が必要なものは難しいです。

トイレの中の張り紙ですが、中国語以外には見当たりませんでした

中国には2回行きましたが、中国語だけしかないのは理由が判りました。

張り紙をしなくても良いようになることを願いましょう。


この記事は分割されていますので、続きは下記のページをご覧下さい。
伊豆シャボテン動物公園(2/3)動物
2019年の正月旅行の1月2日の2番目は、大室山の麓の伊豆シャボテン動物公園へ行きました。 ここでは、園内の動物(1/2)を紹...
関連コンテンツ
関連コンテンツ
トップへ戻る