おきおわワールド(鍾乳洞・玉泉洞) (Gyokusendo Cave)

おきおわワールド(鍾乳洞・玉泉洞) (Gyokusendo Cave)

阪急交通社 沖縄まるごと大周遊4日間(2日目)おきおわワールド(鍾乳洞・玉泉洞)

おきおわワールド(鍾乳洞・玉泉洞)(1/2)

おきなわワールドで見るべき目玉の一つとして、鍾乳洞の玉泉洞

玉泉洞おきなわワールドとは別に入場料が必要であり、阪急交通社のパンフレットには書いてありませんでしたが、2度と沖縄へ来れる歳でもないし、清水の舞台から飛び降りたつもり(少々大袈裟)で大枚をはたきました。・・・別途入場料を出費した価値以上のことはありました。

添乗員さんから「通常の鍾乳洞はひんやりとしているが、玉泉洞は蒸し暑い。」と聞きましたが、入口から入って間もなく、頭のテッペンから汗がタラタラ。

たちまちのうちにハンカチは汗でビショビショ。

困ったのは、カメラのレンズが湿気で曇ってしまい、ファインダを覗いても何も見えず、変だなと思って暗闇で設定を変更したりしていたら、設定が完全に狂ってしまって、照明のある所で再設定して、レンズの曇りを拭き取る始末でした。

従って、玉泉洞に入ってから10数枚は撮影出来ませんでしたが、見事な玉泉洞の写真は撮ってきましたので紹介しておきます。

胴の中に垂れ下がった石筍(?)は目を見張るだけで、褒める言葉も出てきませんでした。

こちら山口県には秋芳洞がありますが、玉泉洞のほうが上ですね。

なお、上からポタポタと雫が落ちてきますので、高価な高級カメラをお持ちの方はご注意下さい。

また、通路が狭いので、時間を掛けて写真撮影すると渋滞しますので、歩きながらの撮影になりました。


あちらこちらの観光地で流行している写真です。
玉泉洞に入ったら全員がグループごとに撮影されました。
玉泉洞の出口で、大きいのは1200円とのことだったので、無料の小さい版を貰ってきました。


●この記事はページ分割されていますので、次ページもご覧下さい

コメント

タイトルとURLをコピーしました