タスクバーを不透明にする・・・その2

先ず、最初に、Windows 8タスクバーを不透明にするのページをお読み下さい。

タスクバーを不透明にする・・・その1
2012年11月16日にWindows 8化したGARAKUTA激安パソコン(No.1)ですが、アップグレード版を適用したために、従...

こちらのページでは、「Opaque Taskbar」なるフリーソフトを使ってタスクバーを不透明にしていましたが、何かのタイミングで透明に戻ってしまうことがあります。

先日、自作パソコン(No.2)を Windows7Windows 8.1デュアルブートする時に気が付いたのですが、Windows 8スタートボタンを追加するソフト、Windows8 スタートメニューClassic Shellの機能の中に、「タスクバーの透明度を無効にする」という設定項目があることが判りました。

パソコン(No.2)を Windows7 と Windows 8.1 の デュアルブート化
この、旧いマザーボードGA-G31M-S2Lを使用したパソコンNo.2予備機は、Windows 10 アップグレードが始まったのを機...
「Classic Shell」を使用してスタートボタンを追加
Windows 8 proにグレードアップしたAcer AO722-CM303 Aspire One 722ですが、このディスプレイ...

なお、「タスクバーの透明度を無効にする」という設定項目については、現在使用中である「Ver 4.0.4」に含まれていることを確認しましたが、これより旧いバージョンについては不明です。
Classic Shellをお使いの方は、確認の上、お試し下さい。

スタートメニューClassic Shell の設定(Windows 8.1の例)

1.Classic Shellのスタートボタンを右クリックして、「設定」画面を開く。

2.「Windows 8.1 に関する設定」タブを開く。

3.「タスクバーの透明度を無効にする」の項目があるので、チェックを入れる。
SC20140303-084439-00

4.以上で設定完了。

トップへ戻る