鉄道模型 木造駅舎「駅本屋1号」の組立 (8/11) 説明書の103~114 差し掛け屋根の取付、車寄せ屋根の組立、車寄せ屋根の取付 (Diorama parts)

鉄道模型 木造駅舎「駅本屋1号」の組立 (8/11) 説明書の103~114 差し掛け屋根の取付、車寄せ屋根の組立、車寄せ屋根の取付 (Diorama parts)

天賞堂の16.5mmのSLの殆どを持っておられる方から依頼されて、Ms COLLECTION のNo.501、標準型 木造駅舎 「駅本屋1号」 Scale 1/80 を組み立てています。

このページでは組立の進行状況だけをお知らせしていますので、組立要領などは書いていません。

組立要領は付属の説明書をご覧下さい。

説明書108~111 車寄せ屋根の組立 (2010年12月10日)

屋根板R3を山折りして、内側に車寄せ壁を接着。

屋根板R3の内側に、方紙⑨から切り抜いた破風板B9を接着。

屋根板R3の棟部分に、方紙⑦から切り抜いたR8を貼り付け。

鬼瓦を取り付け。

車寄せ屋根が完成。
P20101210-P1090536
P20101210-P1090537

説明書112~114 車寄せ屋根の取付 (2010年12月10日)

組立の終わった車寄せ屋根屋根板R3に取り付けました。
P20101210-P1090540

説明書103~107 差し掛け屋根の取付 (2010年12月20日)

取り付ける順番は説明書とは異なります。

最初に差し掛け屋根R4を左右の中央になるように接着しました。

次に、差し掛け屋根R2(車寄せ屋根は取付済み)を、R4に出来るだけ密着するように接着。

続いて、差し掛け屋根R5を、R4に出来るだけ密着するように接着しました。
P20101220-P1090668
P20101220-P1090669
P20101220-P1090670


方紙⑦から、R12を切り抜いて、R2とR4、R4とR5のつなぎ合わせ部に貼り付けました。
P20101220-P1090671
P20101220-P1090673

天井板の受けを取付 (2010年12月20日)

方紙⑨から、天井板の受けB35を切り抜いて待合室の上に取り付けましたが、天井板の安定性を保つために、B35と同じものを2枚作って、宿直室側へも取り付けました。
P20101220-P1090674
P20101220-P1090675

方紙⑨のB7とB8を取付 (2010年12月20日)

方紙⑨のパーツですが、室内照明用のB5を除いてB7B8が残っています。

このB7B8はどこに組み付けるのか、説明書を何度も読み直しましたが、書かれていないような気がします。

形状、寸法から推測すると、差し掛け屋根R2とR5の端に取り付けるのだろうと決め込んで、取り付けました。
P20101220-P1090709
P20101220-P1090710

お知らせ

駅舎本体関係の組立は一応完了しました。

続きは、次ページをご覧下さい。

<< 前ページ (Previous)

鉄道模型 木造駅舎「駅本屋1号」の組立 (7/11) 説明書の90~100 大屋根の組立 (Diorama parts)
天賞堂の16.5mmのSLの殆どを持っておられる方から依頼されて、Ms COLLECTION のNo.501、標準型 木造駅舎 「駅本屋1号」 Scale 1/80 を組み立てています。 このページでは組立の進行状況だけをお知...

次ページ (Next) >>

鉄道模型 木造駅舎「駅本屋1号」の組立 (9/11) 説明書の115~124 便所の組立 (Diorama parts)
天賞堂の16.5mmのSLの殆どを持っておられる方から依頼されて、Ms COLLECTION のNo.501、標準型 木造駅舎 「駅本屋1号」 Scale 1/80 を組み立てています。 このページでは組立の進行状況だけをお知...

コメント