2018年の庭のデコポン(不知火)は大豊作・100個超に袋掛けしました

2018年の庭のデコポン(不知火)は大豊作。
昨年は不作でしたが、年明けの追熟後の味が楽しめそうです。

袋には番号を書いておきましたが、上の写真は100個目の袋です。

小さいものもありますが、家族だけで食べますので、全てに袋を掛けておきました。

一般的には、デコポン(不知火)に袋掛けする必要はないと思いますが、我が家では事情がありますので袋掛けしています。

我が家では、冬になると庭へ遊びに来るメジロ用として、庭木に吊るした籠の中にミカンを置いていますが、このミカンを狙ってヒヨも来ます。

ヒヨが来るようになると、籠の前蓋を閉じて、メジロより大きいヒヨは入れないようにしていますが、腹立ちまぎれのヒヨは色付いたデコポン(不知火)の実を突いて食べてしまいますので、庭へメジロ用のミカンを出す頃に、デコポン(不知火)に袋掛けしています。

庭へ遊びに来るメジロの様子は、下記の記事をご覧下さい。

031 メジロが来る庭 | 岩国市田舎村情報館(GARAKUTA Village)
「031 メジロが来る庭」の記事一覧です。

2018年11月2日 袋掛け1日目

今年は小さいながらも沢山の実を付けています。

少し早いかなと思ったのですが、メジロ用のミカンを庭へ出したので、袋を掛けておきました。


袋は昨年の残りを使用しました。

何個に袋掛けしたか判るように、袋には番号を書いておきました。

袋は47袋ありましたが、小さいものは2個入れたものがありますので、50個を袋掛けしました。

棘が刺さって手から血を流しながら11月2日の袋掛けは終了。

まだ、30個くらいは袋が掛かっていないようなので、明日、ホームセンターへ行って、袋を買ってくることにします。

2018年11月3日 袋掛け2日目

果実用の袋掛けは時期が違いますので、ホームセンターの店頭に袋は見当たりません。

倉庫から売れ残っている袋を取り出してもらって買ってきました。

今日も、両手に棘が刺さり、血を流しながら大奮闘。

54袋を使用して54個に袋掛けしました。

2日間で合計101袋、104個に袋掛けしました。

関連コンテンツ
関連コンテンツ
トップへ戻る