山形県米沢市の登起波分店「登」でブランド牛「米沢牛」スキヤキの昼食

山形県米沢市の登起波分店「登」でブランド牛「米沢牛」スキヤキの昼食

山形県米沢市の登起波分店「登」でブランド牛「米沢牛」スキヤキの昼食

阪急交通社の【岩国錦帯橋空港発着】『東北12の旅情と絶品「米沢牛」「牡蠣」「生まぐろ」ごちそう三昧4日間』の4日目の昼食は、目玉の一つである米沢牛の老舗「登起波分店」の「登(のぼる)」での「米沢牛のスキヤキ」でした。

13日は定休日であるが、我々のツアーのために開けているとのことで、予定を変更して「上杉神社」の前に、11時からの早目の昼食となりました。

阪急交通社 東北12の旅情とごちそう三昧4日間(4日目)山形県米沢市の登起波分店「登」でブランド牛「米沢牛」スキヤキの昼食

創業明治27年、米沢牛老舗「登起波分店」の「登(のぼる)」。
山形県米沢市の牛肉店の中では一番古くから営業している牛肉店。

山形県米沢市の登起波分店「登」でブランド牛「米沢牛」スキヤキの昼食

米沢牛100gとのことでしたが、肉は柔らかくて美味。

スキヤキですから、少ないこともなく、羽田空港での夕食まで大丈夫でした。

食事の時に「お飲み物は?」と聞かれましたが、羽田空港までの道中は長いので、頻尿もちの私には、ビールは我慢しておきました。

私どもは、「桜を見る会」や「籠池問題」で、安倍首相夫妻が血税を私物化して使い放題している中から、僅かな雀の涙ほどしか貰えていない年金生活者。
帰宅した明日からは、噛んでも噛んでも噛み切れなく、顎の骨が砕けそうな肉のお世話になります。・・・墓の中に入るまでに、もう一度味わえればよいのですが・・・

店内

お知らせ

阪急交通社の【岩国錦帯橋空港発着】『東北12の旅情と絶品「米沢牛」「牡蠣」「生まぐろ」ごちそう三昧4日間』は2019年11月10日に出発し、東北の紅葉に堪能し、4日間を楽しく過ごして、13日に帰ってきました。

写真を沢山撮ってきましたので、写真を使って紹介したいと思います。(個別写真の説明は省略しています。)

旅行のコース、観光地などは、下記の記事に纏めてありますので、目次としてご覧下さい。

阪急交通社 【岩国錦帯橋空港発着】『東北12の旅情と絶品「米沢牛」「牡蠣」「生まぐろ」ごちそう三昧4日間』(まとめ)
阪急交通社 【岩国錦帯橋空港発着】『東北12の旅情と絶品「米沢牛」「牡蠣」「生まぐろ」ごちそう三昧4日間』 旅行日 2019年11月10日~13日 ツアー名 【岩国錦帯橋空港発着】『東北12の旅情と絶品「米沢...

阪急交通社添乗員のMiuraさん、ケイエム観光バス運転手のMatsumotoさん、ガイドのKobayashiさん、大変お世話様になりました。天気にも恵まれ、真っただ中の紅葉に酔いしれた4日間でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました