ドイツの木組みの家の製作 (5/7) 豪華な一戸建・・・詳細な建築中の様子(その1)

棟梁の右腕の名誉の負傷で中断していた6軒目の続きの作業の様子です。

2003年9月10日に工事を再開し、9月15日に竣工しました。

ドイツの木組みの家の製作 (1/7) 木組みの家を建てましょう!
GARAKUTA工務店では、暇にまかせて、ドイツのローテンブルクで魅了された木組みの家を建築しています。材料は、100円ショップを利用しています。薄い板や、窓に取り付けるカーテンなど、使えそうな物を探すのも楽しい時間です。 GAR...

2003年9月10日 工事再開前の状態

屋根の瓦だけを残して工事が中断していました。
P9105260
P9105262
P9105261
P9105263
P9105264
P9105265

2003年9月10日 瓦作り

厚手の紙に、ペンキを塗ります。

色は一色でべったり塗るのではなく、少し黒っぽい所とか、刷毛の筋目が見える所とか。

屋根に貼り付けた時、いかにも本物らしく誤魔化せるかが重要。

どちらかと言えば、下手な方がベター。
P9105266


1cm角に切ります。
P9105267


切ったものは、色別、濃淡別に、分けて保管します。
P9105259

2003年9月11日 瓦作り

明るいオレンジ色の瓦が不足気味のため、急遽追加。

色は、赤+黄+茶の3色を混ぜ合わせて、塗っていく。

あまり明るすぎるとイタリア系かな?とか、これでは北欧系かなとか。

自分で勝手に決めながら・・・・これも楽しいものですよ。
P9115268

2003年9月12日 瓦貼り開始

いよいよ、瓦貼り開始。

瓦の角をご覧下さい。角が丸みをもっているでしょう。

ハサミで1枚づつ。時間が掛かります。
P9125279
P9125280
P9125281

この記事はページ分割されていますので、次ページもご覧下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました