ローテンブルク 街歩き(6/8) マルクト広場(Markt-platz)周辺(2/2) (Rothenburg)

●このページは、前ページからの続きです

Doitsu-kan どいつ館 のご紹介

白い塔(Weisserturm)のすぐ傍、左端の写真の鉄看板の掛かった店(DOITSU-KAN GmbH)に、ドイツREUTTER社のミニチュア陶磁器というものが陳列されていました。
P20061210-IMG_7299
P20061210-IMG_7296
P20061210-IMG_7297
ボラ目を近づけて覗き込んでみましたが、手にとって見るようなしろものではありません。
ドールハウスを作っておられる方には最適のサイズなのかなと思いますが、なにしろ高価なものです。

参考までに、サイトを書いておきます。Reutter Porzellan Germany
こちらの写真は、ハッキリクッキリしています。

P20061210-IMG_7298


この店の入口を写真に撮っておこうとシャッターをきったら、若い日本の娘さんがバッチリ入ってしまいました。(娘さんには申し訳ないのですが、写真はカットしました。)
P20061210-IMG_7300-2
店員さんが全員日本人ですから、お客さんも日本人ばかりです。

前回の2002年5月に、この店でヘンケル社の鼻毛切り器を3個買いましたが、今回もミヤゲに買わされました。

日本国内でも鼻毛切り器の購入は可能と思いますが、ミヤゲとして買った物に「輸入品のシール」が貼ってあるのが嫌ですから、ミヤゲは全て現地調達。

この店は、クレジットカードの番号を控えてもらえば、税金を差し引いた免税価格分だけの支払いなので便利です。

但し、出国時に免税書類に確認印をもらって、ポストに投函しておかないと、後日、クレジットカードから税金分を引かれますので要注意です。

もちろん私は、フランクフルトで免税品を入れたスーツケースを係員の所へ運び、書類に確認印を押してもらって、近くにあった黄色いポストへ投函しておきました。

・・・ついでに・・・

ヘンケル社の鼻毛切り器ですが人気がありますね。

私が棚から買い物篭へ入れた時には3個くらい残っていたのですが、それから10分くらい後で、東北の方の旅行社のバッチを付けたオバチャンが、「鼻毛切り器が在庫切れ」と大騒ぎ。

ローテンブルクを出発するまでに5分しかないとのことだったので、近くでヘンケル社の刃物を置いていた店を教えてあげました。


このページを公開してから、Doitsu-kanどいつ館)の情報を探して辿りつかれる方が多くなりました。私が持っている情報の範囲ですが、内緒でお教えします。
Doitsu-kan1
この画像は、Doitsu-kanどいつ館)でミヤゲ物を買ったときに貰った袋です。
住所と電話番号、FAX番号を書いておきます。


Georgengasse 15
91541 Rothenburg o.d.T.
Telefon  0 98 61 / 20 91    Fax  20 94


店員さんは日本の方ですから、電話も日本語でOKです。

●この記事はページ分割されていますので、次ページもご覧下さい