「メルカリ」で「元祖・田舎村」が販売した「サポナリア・バッカリア」(2)2018年9月~10月24日 種蒔き・発芽

この記事は、メルカリの「元祖・田舎村」が「ピンクのカスミソウの種」の商品名で販売した「サポナリア・バッカリア」のフォローのために、種蒔き~採種の間の状況を書いている日記です。
途中からお読みの方は、下記の1ページ目からご覧下さい。

「メルカリ」で「元祖・田舎村」が販売した「サポナリア・バッカリア(販売名:ピンクのカスミソウ)の種」のフォロー(1)お詫び

お知らせ

この記事は、「サポナリア・バッカリア」の花が咲いて、種が採れるまで続きます。このページの前に、下記のページをご覧下さい。
「メルカリ」で「元祖・田舎村」が販売した「サポナリア・バッカリア(販売名:ピンクのカスミソウ)の種」のフォロー(1)お詫び
この記事は、メルカリの「元祖・田舎村」が「ピンクのカスミソウの種」の商品名で販売した「サポナリア・バッカリア」のフォローのために、種蒔き~採...

元祖・田舎村が住む山口県岩国市の今の天気と気温は?

Click for Iwakuni Marine Corps Air Station, Japan Forecast

元祖・田舎村の居城の傍(約1km先)には極東最大の米軍岩国基地(MCAS Iwakuni)がありますが、この基地の現在の天気と気温です。(時々、データの都合で他の所が表示されることがあります。)
皆さんの地域と比べてみて下さい。

2018年9月中旬 種蒔きする準備をしました

種蒔きする庭の畑部分に、生ゴミの腐らせたものを入れ、油粕苦土石灰を混ぜ込んで準備をしました。

参考:我が家では、20数年前(忘れてしまいました)でしたか、市役所からの補助で購入した生ゴミを腐らせる巨大なボックスを据えていますが、何年か前から、アイリスオーヤマの「生ゴミ醗酵促進防虫脱臭剤」を振りかけて処理し、秋の種蒔きや球根の植え付けの前に畑部分に埋め込んでいます。ボックスの中はミミズが湧いていますが、ミミズの糞は土のためには良いものですから殺虫剤などはかけずに大事にしています。土はフワフワしていますよ。

2018年10月9日 種蒔きしました

我が家に残しておいた「サポナリア・バッカリア(販売名:ピンクのカスミソウ)の種」です。

下の写真の種の部分をA4サイズの用紙に拡大印刷して数えてみたら、718個ありました。
2袋弱といったところです。

「メルカリ」出品した物は、割れた種は取り除きましたが、我が家に残っているものは、割れたものや未熟なものが残っています。

球根を植える場所を確保しなければなりませんので、カスミソウを種蒔きする広さは、残念ながら 65cm x 170cm しか取れませんでした。

2~3日前から種蒔き部分に散水して湿らせておきました。

ここに、約8cm間隔で、指で1.5cm位の穴を掘り、2~3粒ずつ蒔いて、蒔き終わったら穴を土で埋めておきました。

穴は全部で約120ケ所

1つの穴に1粒ずつでも良いかもしれませんが、100%の発芽は無理なので2~3粒ずつにして、発芽してから間引きます。

種を蒔いた後は、たっぷりと散水しておきました。

これから芽が出るまでは、土が乾かないように、毎日、散水を続けます。

なお、種蒔きした所は、芽が出て大きくなった時に倒れないようにするためと、当面は、猫が入り込んで、掘り返して臭い糞を置いて逃げるのを防ぐために網目が10cm間隔のネットを張っておきました。
ネットは毎年の使い回しで、ツギハギだらけです。

ネットは、背丈が伸びるに従って上へずらします。

また、背丈が1m位になったら、網目が20cm間隔のネットを上側へ追加します。

次は、芽が出たら様子をお知らせします。


余談ですが、当地はアルゼンチンアリが日本へ初上陸したと言われている広島県廿日市市から割と近く、我が家も近所もアルゼンチンアリに占領されてしまい、日本古来の在来種のアリの姿は見られません。

アルゼンチンアリは、在来種と異なり、地面に穴を掘って巣を作るのではなく、ブロック塀の中や石垣のスキマなどに、また、家の中へも入り込み、穴のような所があれば巣を作ります。夏に、植木鉢などの下の陰にアリが集まっていたら、アルゼンチンアリではないかと疑って下さい。・・・この時には既に手遅れで、周辺はアルゼンチンアリに占領されていて、お手上げ状態です。

種蒔きの途中でもアルゼンチンアリの行列を見つけましたが、その都度、アリ用の殺虫剤を散布しています。

しかし、物凄い繁殖力には負けてしまいそうです。

家の中へ入りこまれて住み着かれ、ベッドや布団の中を走り回られないように、くれぐれもご注意下さい。

日本の在来種のアリを駆逐したアルゼンチンアリ(岩国市)
南米原産の外来生物であるアルゼンチンアリは、1993年に広島県廿日市市で初めて日本で確認されましたが、既に我が家の近辺も完全に乗っ取られてしまっています。石垣の目地のスキマ、ブロック塀の繋ぎ目のスキマ、植木鉢の下、生ゴミを腐らせるボックスの

2018年10月14日 発芽を4本ほど確認しました

種蒔きから5日目です。

昨日、芽が出ているような気がしましたが、間違ったことを書くと、トランプ大統領にフェイクニュースだと馬鹿にされそうなので、今日の午後、間違いないと思って写真を撮りました。

種蒔きした範囲の中で、4本を見つけました。

小石が混ざっているように見えますが、色々な物が混ざっています。
もともとは真砂土でしたが、生ゴミを腐らせて混ぜ込んだり、園芸店で買ってきた鉢植用の土(使い古したもの)を混ぜ込んだり、広葉樹の生垣の葉を腐らせて混ぜ込んだりしています。
球根の植え付けの時に掘っていると、鶏の骨や、アサリ貝の貝殻が出てくることがあります。

2018年10月15日 あちらこちらから芽が出てきました

今日の午後は、ピンクのカスミソウを種蒔きした傍に、球根の植え付けをし、夕方、発芽の様子を見てみました。

あちらこちらから芽が出ていました。

1ヶ所に3粒蒔いた所からは3本発芽した所もありました。

葉は、ピンクのカスミソウの特徴である葉脈が見えています。

2018年10月18日 順調に発芽しています

予想した以上の発芽率で順調に芽が出ています。
日本に合った品種でしょうね。

初めのうちは一つの穴に2~3粒ずつ蒔いていましたが、予め決めた場所の穴では不足したことと、途中から面倒臭くなったので指で適当に摘まんで蒔いた所は、下の写真のように、1ケ所から10本も芽が出ていました。

もう少ししたら、根が絡み合わないうちに間引きしますよ。

2018年10月24日 種蒔きしてから2週間

種苗メーカーの種子の発芽率は60%~70%と書かれていますが、このピンクのカスミソウの種の発芽率は、贔屓目で見れば90%を越えているのではないかと思います。

穴を明けて蒔いた箇所で、1本しか発芽していない所は2ケ所くらいで、その他は2~3本以上が芽を出しています。

お知らせ

この記事は、「サポナリア・バッカリア」の花が咲いて、種が採れるまで続きます。このページの続きは、下記のページをご覧下さい。
「メルカリ」で「元祖・田舎村」が販売した「サポナリア・バッカリア」(3)2018年10月27日~2019年2月20日 背丈50cm
この記事は、メルカリの「元祖・田舎村」が「ピンクのカスミソウの種」の商品名で販売した「サポナリア・バッカリア」のフォローのために、種...

この記事は、2019年5月の種の採種まで続きますので、時々覗いてみて下さい。2018年7月6日~8月6日に購入して頂きました方で、何か質問などがありましたら、このサイト内の下記のページのフォームを使ってお問い合わせ下さい。
回答は、この記事の中で行います。
「メルカリ」で「元祖・田舎村」が販売した「ピンクのサポナリア・バッカリア(販売名カスミソウ)の種」に関する連絡
★★★ 緊急のお知らせ・お詫び ★★★メルカリで「ピンクのカスミソウの種」として元祖・田舎村が販売しました種ですが、購入して頂いた方から2018年11月8日に、この花は「カスミソウ」ではなく、「サポナリア」だと教えて頂きました。ご連絡に感謝
【関連コンテンツ】こんな記事も読まれています
【関連コンテンツ】こんな記事も読まれています
トップへ戻る