「メルカリ」で「元祖・田舎村」が販売した「ピンクのカスミソウの種」のその後(1)

シェアする

上下の2枚の写真は「メルカリ」で見られた方があると思いますが、「メルカリ」へ出品した時に使用した写真です。

2018年7月からメルカリへ出品した「ピンクのカスミソウの種」は大好評で、皆さんに購入して頂きました。

2018年7月6日~8月6日までの1ケ月間に、北海道(2袋)、岩手県(1袋)、埼玉県(2袋)、栃木県(1袋)、東京都(1袋)、東京都・小笠原(1袋)、千葉県(2袋)、神奈川県(3袋)、山梨県(1袋)、新潟県(1袋)、静岡県(1袋)、愛知県(2袋)、岐阜県(1袋)、三重県(2袋)、大阪府(5袋)、山口県(1袋)、福岡県(1袋)、大分県(2袋)、長崎県(1袋)、鹿児島県・徳之島(1袋)、沖縄県(1袋)の、北は北海道から南は沖縄県まで、20都道府県の皆様へ、33袋をお送りしました。

メルカリへ出品中は、他の種の出品者から「他に出品されているピンクのカスミソウは1年草だからダメだ」とかアレコレと批判を書かれましたが、私は、日本中をピンク色に染めたい(少しオーバー気味ですが)と思って、6月に採種した種を出品し続けました。・・・種の粒が大きいので扱いやすく、自分で採種して種蒔きすれば毎年楽しめます。

★残り2袋★ピンクのカスミソウの種【1袋】R 約400粒(¥ 300) - メルカリ スマホでかんたん フリマアプリ
★今年は本日までに、北海道(1袋)、埼玉県(2袋)、栃木県(1袋)、東京都(1袋)、東京都小笠原(1袋)、千葉県(2袋)、神奈川県(3袋)、山梨県(1袋)、新潟県(1袋)、愛知県(2袋)、岐阜県(1袋)、三重県(2袋)、大阪府(5袋)、山口県(1袋)、福岡県(1袋)、大分県(2袋)、長崎県(1袋)、沖縄県(1袋)へお送...

購入して頂いた時、質問などを頂き、一応回答をして、商品説明文を手直ししたりしてきましたが、書き込み文字数制限と写真が貼付できなかったので説明不足で終わってしまいました。

2018年は売り切れてしまいましたが、来年も全国の皆様へ再びお届けしようと思い、種蒔きをして育てることにします。

10月初めに種蒔きして、来年の5月に花が咲いて種が採れるまで約8ケ月間になりますが、「メルカリ」元祖・田舎村」が販売した「ピンクのカスミソウの種」のその後の様子を皆さんへお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

2018年9月中旬 種蒔きする準備をしました

種蒔きする庭の畑部分に、生ゴミの腐らせたものを入れ、油粕苦土石灰を混ぜ込んで準備をしました。

参考:我が家では、20数年前(忘れてしまいました)でしたか、市役所からの補助で購入した生ゴミを腐らせる巨大なボックスを据えていますが、何年か前から、アイリスオーヤマの「生ゴミ醗酵促進防虫脱臭剤」を振りかけて処理し、秋の種蒔きや球根の植え付けの前に畑部分に埋め込んでいます。ボックスの中はミミズが湧いていますが、ミミズの糞は土のためには良いものですから殺虫剤などはかけずに大事にしています。土はフワフワしていますよ。

2018年10月9日 種蒔きしました

我が家に残しておいたピンクのカスミソウの種です。

「メルカリ」出品した物は、割れた種は取り除きましたが、我が家に残っているものは、割れたものや未熟なものが残っています。

球根を植える場所を確保しなければなりませんので、カスミソウを種蒔きする広さは、65cm x 170cm しか取れませんでした。

2~3日前から種蒔き部分に散水して湿らせておきました。

ここに、約8cm間隔で、指で1.5cm位の穴を掘り、2~3粒ずつ蒔いて、蒔き終わったら穴を土で埋めておきました。

1つの穴に1粒ずつでも良いかもしれませんが、100%の発芽は無理なので2~3粒ずつにして、発芽してから間引きます。

種を蒔いた後は、たっぷりと散水しておきました。

これから芽が出るまでは、土が乾かないように、毎日、散水を続けます。

なお、種蒔きした所は、芽が出て大きくなった時に倒れないようにするためと、当面は、猫が入り込んで、掘り返して臭い糞を置いて逃げるのを防ぐために網目が10cm間隔のネットを張っておきました。
ネットは毎年の使い回しで、ツギハギだらけです。

ネットは、背丈が伸びるに従って上へずらします。

また、背丈が1m位になったら、網目が20cm間隔のネットを上側へ追加します。

次は、芽が出たら様子をお知らせします。


余談ですが、当地はアルゼンチンアリが日本へ初上陸したと言われている広島県廿日市市から割と近く、我が家も近所もアルゼンチンアリに占領されてしまい、日本古来の在来種のアリの姿は見られません。

アルゼンチンアリは、在来種と異なり、地面に穴を掘って巣を作るのではなく、ブロック塀の中や石垣のスキマなどに、また、家の中へも入り込み、穴のような所があれば巣を作ります。夏に、植木鉢などの下の陰にアリが集まっていたら、アルゼンチンアリではないかと疑って下さい。・・・この時には既に手遅れで、周辺はアルゼンチンアリに占領されていて、お手上げ状態です。

種蒔きの途中でもアルゼンチンアリの行列を見つけましたが、その都度、アリ用の殺虫剤を散布しています。

しかし、物凄い繁殖力には負けてしまいそうです。

家の中へ入りこまれて住み着かれ、ベッドや布団の中を走り回られないように、くれぐれもご注意下さい。

日本の在来種のアリを駆逐したアルゼンチンアリ(岩国市)
南米原産の外来生物であるアルゼンチンアリは、1993年に広島県廿日市市で初めて日本で確認されましたが、既に我が家の近辺も完全に乗っ取られてしまっています。石垣の目地のスキマ、ブロック塀の繋ぎ目のスキマ、植木鉢の下、生ゴミを腐らせるボックスの

2018年10月14日 発芽を3本ほど確認しました

種蒔きから5日目です。

昨日、芽が出ているような気がしましたが、間違ったことを書くと、トランプ大統領にフェイクニュースだと馬鹿にされそうなので、今日の午後、間違いないと思って写真を撮りました。

種蒔きした範囲の中で、3本を見つけました。

2018年10月15日 あちらこちらから芽が出てきました

今日の午後は、ピンクのカスミソウを種蒔きした傍に、球根の植え付けをし、夕方、発芽の様子を見てみました。

あちらこちらから芽が出ていました。

1ヶ所に3粒蒔いた所からは3本発芽した所もありました。

2018年10月


この記事は、2019年5月の種の採種まで続きますので、時々覗いてみて下さい。2018年7月6日~8月6日に購入して頂きました方で、何か質問などがありましたらお問い合わせ下さい。
スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする

フォローする

トップへ戻る