WordPress 5.0 から 4.9.8 にダウングレードする

先に紹介しましたが、WordPress 4.9.8 から 5.0 へ更新したら、編集用エディターが使いものにならなくなったサイトですが、5.0 から 4.9.8 へダウングレードしました。

5.0については下記の記事をご覧下さい。

WordPress 4.9.8 から 5.0 に更新したら、エディターが全く変わりました
2018年12月7日の朝、運用中の6つサイト全てのダッシュボードに、WordPress 4.9.8 から 5.0 への更新のお知らせ...

WordPress 5.0 から 4.9.8 にダウングレードする

この記事は「WordPress 5.0 から 4.9.8 へのダウングレード」ですが、他のバージョンでも参考になると思います。

1.サーバー内のダウングレード対象のサイトのファイルをバックアップ

ダウングレードの作業中に、非常事態に陥った時のために、ダウングレード対象のサイトのファイルを、FTPソフトウエア「FFFTP」を使用してダウンロードしておきました。

2.WordPress 旧バージョンの 「4.9.8」 のファイルをダウンロード

下記のサイトを開きます。

リリース
Browse and download previous versions of WordPress for testing and development.


「4.9.8」の「zip」ファイルをダウンロードします。


wordpress-4.9.8-ja.zip」がダウンロードされましたので、

解凍しました。

3.サーバーから不要なファイルを削除する

サーバーから、ダウングレードで不要なファイルを、FTPソフトウエア「FFFTP」を使用して削除しました。

削除したのは「wp-admin」と「wp-includes」の2つのディレクトリです。・・・下図の反転部。

4.解凍済の旧バージョン 「4.9.8」 のファイルをサーバーへアップロードする

解凍済の旧バージョン「4.9.8」の中の「wp-content」のホルダーはアップロードしないため削除しました。・・・下図は、削除後です。


旧バージョン「4.9.8」のファイルのアップロードは「FFFTP」を使用して、

全て「上書き」しました。


アップロード中です。


旧バージョン「4.9.8」のファイルを上書きアップロードした後のサーバー内の状態です。

5.管理画面へログインする

旧バージョン「4.9.8」へダウングレードしたサイトの管理画面にログインしてみました。


「データベースの更新が必要です」の画面が表示されましたので「WordPress データベースの更新」をクリックしました。


「更新完了」と表示されたので「続ける」をクリックしました。


「ダッシュボード」が開きました。

「概要」に「WordPress 4.9.8」と表示されており、ダウングレードが無事に完了したことが判りました。

旧バージョン「4.9.8」であることを確認

https://iwakuni.info/archives/58259 に書きましたが、使いものにならなくなった編集用エディターが元に戻ったかを確認してみました。

カスタマイズして使い慣れたエディターが現れました。


サイトを開いてみました。

OKです。


ついでに、WordPress の自動更新が停止になっているかを確認しておきました。

「wp-config.php」ファイルには、下図のように、間違いなく自動更新停止が書かれていました。

【2018/12/09追記】 WordPress 5.0 で非常に使いにくくなったエディターを、プラグイン「Classic Editor」を使って元に戻す

下記の記事を追加しましたのでご覧下さい。

WordPress 5.0 のエディターを、プラグイン「Classic Editor」で元に戻す
お知らせ 私は6つのサイトで、テーマ「Simplicity2」を使用していますが、「Simplicity2」の作者のご尽力によ...
関連コンテンツ
関連コンテンツ
トップへ戻る