肥満化したレジストリをダイエット

パソコンのハードウエア(周辺機器)、ソフトウエアの設定情報は、レジストリファイルに書き込まれて保存されています。
このレジストリファイルに書き込まれた情報は、ハードウエア(周辺機器)が不要になり取り外しても、ソフトウエアをアンインストールしても削除されることなく残骸として残ります。
私のように周辺機器を追加したり取り外したり、ソフトウエアをインストールしてみたが使い勝手が悪いのでアンインストールして他のソフトウエアに変更したり、一時的に使うためにフリーソフトをインストールしたり・・・
このような事を度々繰り返していますので、私のパソコンのレジストリファイルは巨大なお化けのような肥満体になっています。
Windowsはレジストリファイルを常に見ながら動作していますので、レジストリファイルの肥満化は、動作速度の低下、動作の不安定化を招きます。
それでは、レジストリファイルの不要な情報を削除してダイエットするソフトウエアがある筈だと、ソフトウエアを購入したり、フリーソフトを探したりして、レジストリファイルのダイエットを試みてみましたが、どの方法も、ダイエット実施前より、実施後の方が調子が悪くなりました。
しかし、私のパソコンはポンコツですから、なんとかしなければ・・・
あれやこれや調べていたら、Microsoftのオンラインサービスを利用する方法なるものを発見しました。
Windowsが自慢のMicrosoftですから、少しは信頼できるであろうし、私のパソコンに適合した作業をしてくれるだろうと期待してダイエットに挑戦してみました。
結果としては、殆ど変化は感じられませんが、調子が悪くなったことはありません。
それはその筈です。
現在のSystem、WindowsXP-SP2は1ケ月前に再インストールで再構築したもの。
まだ、少し肉付きがよくなった程度で、肥満の仲間入りはしていなかったようです。
この方法は、これまで実施したものの中では一番良さそうなので、私が実施した処置方法を書いておきます。
Microsoftだから少しは信用出来るとはいえ、レジストリを触りますので何が起こるか、インターネットの回線を使いますので何かが侵入してくるかはわかりません。
何かは判りませんが何かが狂ってしまい、最悪の場合はパソコンが働かなくなる恐れもありますので、実施する前には、「レジストリの保存」、「復元ポイントの作成」などをしてから行って下さい。
何かが起こってパソコンが起動しなくなっても私には補償できませんしMicrosoftも補償してくれませんよ。

OneCare PCセーフティでクリーンアップを行う

画面
画像は拡大可能
操作
01OneCare-PC-Safety-01MicrosoftのWindows Live、 OneCare PCセーフティ http://onecare.live.com/scan/ へ接続する。
02OneCare-PC-Safety-02開いたページをスクロールして[クリーンアップ]をクリックする。
03OneCare-PC-Safety-03クリーンアップ センターのページが開くので、[クリーンアップスキャン]をクリックする。
04このページ作成時は2度目のため表示されませんでした。初めての場合は、サービス利用規約の画面が開くので一読して、右下の[承諾]をクリックする。
05OneCare-PC-Safety-05スキャン プログラムのインストール画面が開くので、[今すぐインストール]をクリックする。
06OneCare-PC-Safety-06「スキャンプログラムをインストールできませんでした。」と表示されて、黄色のバーが表示されたら、黄色のバーをクリックして、
07OneCare-PC-Safety-07[ActiveXコントロールのインストール]を選択する。
08OneCare-PC-Safety-08セキュリティの警告画面が表示されるので、[インストールする]をクリックする。
09OneCare-PC-Safety-09インストールが完了すると画面が変わる。

次は[スキャンプログラムの起動]のクリックですが、何が起こっても驚かないために、ここで一服して心の準備をして下さい。

画面
画像は拡大可能
操作
10OneCare-PC-Safety-10心の準備ができたら、[スキャンプログラムの起動]をクリックする。

このスキャンが起因するパソコンの爆発などのトラブルは無い筈ですからご安心下さい。

11OneCare-PC-Safety-11「スキャンプログラムの実行画面」が表示されるので、[次へ]をクリックする。
12OneCare-PC-Safety-12スキャン実行中。 何もすることはないので、心配な場合は画面を睨みつけていて下さい。
13OneCare-PC-Safety-13同上
14OneCare-PC-Safety-14同上
15OneCare-PC-Safety-15同上
16OneCare-PC-Safety-16同上
17OneCare-PC-Safety-17同上
18OneCare-PC-Safety-18スキャンが終了すると「スキャンの結果」が表示されるので、パフォーマンス欄の「~件のレジストリ項目~」の前のマークをクリックする。
19OneCare-PC-Safety-19レジストリファイルのダイエット対象がズラズラと表示される。(左のサンプル画像は、このページを作成するために実施したものであるためズラズラとは表示されていませんが、1週間前に実施した時は黄色の部分は橙色で、ズラズラと表示されました。)
ダイエット対象から外したければチェックを外せばよいのだが、不要なものが沢山残っていることを確認したら、そのまま[次へ]をクリックする。※「システム復元ポイントを作成する」の項目にチェックマークがあると思うが、実施後に異常があれば、システムの復元が出来る(と思う)。
20OneCare-PC-Safety-20「ディスクのクリーンアップ」が開始される。
何もすることはなし。

21OneCare-PC-Safety-21続いて「レジストリクリーナ」が実施される。
何もすることはなし。
22OneCare-PC-Safety-22作業が終わって画面が変わったら[いいえ、OneCareをしようしません]をくりっくする。
23OneCare-PC-Safety-23画面が変わるので、[Microsoftに情報を通知する]のチェックを外して[次へ]をクリックする。(通知したければチェックを外さなくてもよい。)
24OneCare-PC-Safety-24最後の画面が表示されるので[完了]をクリックする。

注意!!!

ダイエットが完了したら、再起動して、異常がないか確認して下さい。
万一、異常があるようでしたら、システムの復元で、ダイエット作業の直前の状態へ戻して下さい。

もう一つ注意事項です。
システムの復元ですが、あまり前のポイントまで戻すと、必ずと言っていいほどパソコン(Windows)の調子が悪くなります。システムの復元を行う場合は、直前のポイントにすることです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました