【Lolipop】でのサイトの高速化 ・ PHP5.6(モジュール版) を PHP7.1(モジュール版) にアップする

現在、無料テーマ Simplicity2 を使って、Lolipop(ロリポップ)のサーバー上で5つのサイトを運用していますが、サーバーの PHP は PHP5.6(モジュール版)のままで続けてきました。

Lolipopのサイトには、「PHP7.1(モジュール版)」について、下記のように書かれていますが、

『PHP7.1』ではPHP5系と比較して、PHPプログラムの処理速度が向上しております。
当社ベンチマークテストにおいては、『PHP5.6(モジュール版)』と比べて『PHP7.1(モジュール版)』は、レスポンスタイムが5.5倍高速化(※2)いたしました。

※2 WordPresss4.7.2を使用し、特定のPHPスクリプトに対して同時接続数100でアクセスを行い、WordPressのindex.phpがレスポンスするまでの時間を計測した結果。

『PHP7.1(モジュール版)』にアップしようとは思っていましたが、諸般の事情から作業する時間が取れませんでした。

Simplicity2 は、PHP7.1 に対応していますし、時間的に余裕が取れるようになったのでアップしました。

実施した方法をメモ書きして残しておきます。


PHP5.6(モジュール版)」からPHP7.1(モジュール版)」へのアップについては、予め Lolipopのサポートへ問合せをし、指示された順に実施しました。

1.PHP5.6(モジュール版) で働いているサイトが、PHP7.1で働くかを確認

現在、PHP5.6(モジュール版)で働いている Simplicity2 で構築したサイトが「PHP7.1」で問題なく働くかを確認しました。


Lolipopの「ユーザー専用ページ」-「PHP設定」を見ますと、下図のように「PHP7.1(モジュール版)」は現れません。

しかし、「PHP7.1(CGI版)」が現れていて設定できますので、5つのサイトの内1つを、試しに「PHP7.1(CGI版)」に変更してみました。


PHP7.1(CGI版)」を選択して「変更」ボタンをクリック。


CGI版で必要な「php.ini」を設定するために「設定」ボタンをクリック。


PHP7.1(CGI版)」に変更したサイトを開いて表示の状況を確かめたり、ダッシュボードを開いて操作をしてみましたが、働くことを確認出来ました。

2.PHP7.1(モジュール版)を使用するために、Lolipopへサーバー移設を依頼

Lolipopのサポートから、PHP7.1(モジュール版)に変更するにはサーバー移設が必要との回答を貰っていますので、2019/05/24に、移設を依頼しました。


2019/05/24にLolipopのサポートから

2019/05/27(月曜日)に移設を実施

と連絡がありました。

3.すべてのサイトのPHPのバージョンを「PHP7.1(CGI版)」に設定変更して、動作確認を実施

Lolipopでのサーバー移設までに時間がありますので、既存の全てのサイトと、現在使用中のテーマ「Simplicity2」を「Cocoon」にテーマ変更するために新設したサイトの全てを「PHP7.1(CGI版)」に変更しました。

サーバー移設までに、思う存分テストしておきます。

4.PHPのバージョンを「PHP7.1(モジュール版)」に設定変更

5月27日、午前10時頃、「Cocoon」にテーマ変更するためのテスト用サイトで、テーマのカスタマイズをしていたら、突然エラーが発生。

2分くらいしたらエラーが発生しなくなったので、Lolipopの「ユーザー専用ページ」-「PHP設定」を開いて、PHPのバージョン選択を見たら「PHP7.1(モジュール版)」が現れていました。


全てのサイト(ドメイン)を「PHP7.1(モジュール版)」に変更しました。


全てのサイトの表示をして確かめましたが、体感的に、PHP5.6(モジュール版)より、かなり速くなりました。

5.データベースのパスワード形式の変更

PHP7.1はデータベースのパスワード形式を「native_password形式」に変更する必要があります。

但し、パスワード自体を変更すると、「wp-config.php」の記述を変更しなければならないため、下記の要領で、現在と同じパスワードのままを再設定する作業を行います。


1.Lolipopの「ユーザー専用ページ」を開く。


2.「 サーバーの管理・設定」-「 データベース 」を開いて、「操作する」ボタンをクリックする。


3.「 パスワードを再設定する 」ボタンをクリックする。


4.「新しいパスワード」と「新しいパスワード確認」へ現在と同じパスワードを入力して、「 パスワードを再設定する 」ボタンをクリックする。

現在と同じパスワードは、「wp-config.php」ファイルを開くと、下図の赤色塗り潰し部分にあります。


5.「OK」をクリックする。


6.以上で、データベースのパスワード形式を「native_password形式」に変更完了。

6.PHP5.6(モジュール版) を PHP7.1(モジュール版) にアップした結果は

表示速度は「PageSpeed insights」や「GTmetrix」などで計測出来ますが、同じページを計測しても、サーバーの混雑状況や周辺環境の影響のため、計測する時によって異なった数値が表示され、その都度、一喜一憂しても致し方ないので、体感的に感じたことを書いておきます。

PHP5.6(モジュール版)からPHP7.1(CGI版)に変更した時は、ページが開き始めるまでに「一呼吸」していたのは無くなっていませんでしたが、PHP7.1(モジュール版)に変更した後は、一呼吸」を感じなくなりました

ページが開き始めるまでの「一呼吸」は非常に大事で、開くのが遅いなと感じたら、他のサイトへ移動されてしまいますので、計測サイトの数値より「一呼吸」を重視しています。

参考:「PageSpeed insights」での計測値

測定する時間帯など、測定する時の環境により正確な比較は不可能であり、あまりあてにはなりませんが、一応の目安として、「PageSpeed insights」で計測して載せておきます。

PHP5.6(モジュール版)・・・2019/05/24 05:16現在

【パソコン】

【モバイル】

PHP7.1(CGI版)・・・2019/05/24 07:54現在

【パソコン】

【モバイル】

PHP7.1(モジュール版)・・・2019/05/28 08:02現在

【パソコン】

【モバイル】

PHP7.1(モジュール版)・・・2019/06/03 04:45現在

突然、意味不明な「警告」が表示され、使用しているテーマに不具合があるのかと心配することが度々ありますが、何も処置はしないのに「警告」が表示されなくなるなど、今もって安定化していない未熟な「PageSpeed insights」ですが、気休めのために計測してみました。

モバイルが遅いですが、画像を「webp」形式にしたら、Google同士で相性が良いので、もっと高い数値が出るはずですが、現在でも不自由はしていないので、現状のままとしておきます。


【パソコン】

【モバイル】

タイトルとURLをコピーしました