毘沙門沼(Bishamon-numa)(五色沼湖沼群)(福島県耶麻郡北塩原村)

毘沙門沼(Bishamon-numa)(五色沼湖沼群)(福島県耶麻郡北塩原村)

毘沙門沼(Bishamon-numa)(五色沼湖沼群)(福島県耶麻郡北塩原村)

阪急交通社の【岩国錦帯橋空港発着】『東北12の旅情と絶品「米沢牛」「牡蠣」「生まぐろ」ごちそう三昧4日間』の2番目の観光地は、1泊目のホテルの「裏磐梯レイクリゾート」から近い福島県耶麻郡北塩原村の毘沙門沼(五色沼湖沼群)でした。

東北地方の日暮れは、山口県と比べて約30分早く、到着した16時10分には薄暗くなり始めていました。

阪急交通社 東北12の旅情とごちそう三昧4日間(1日目)毘沙門沼(Bishamon-numa)(五色沼湖沼群)(福島県耶麻郡北塩原村)

約130年前の裏磐梯の噴火活動により生まれた五色沼は、正確には「五色沼湖沼群」と言い、毘沙門沼・赤沼・みどろ沼・竜沼・弁天沼・るり沼・青沼・柳沼などの数多くの湖沼の総称。

沼によって、エメラルドグリーン、コバルトブルー、ターコイズブルー、エメラルドブルー、パステルブルーと色が異なる。

色が異なる要因は、天候や季節、見る角度、水中に含まれる火山性物質などによると言わる。

毘沙門沼(Bishamon-numa)(五色沼湖沼群)(福島県耶麻郡北塩原村)

バスの中で、ガイドさんや添乗員さんから、毘沙門沼にはハート形の模様の鯉がいると聞いたので、バスが到着したら一番に沼の方へ行きました。

鯉は人に慣れているようで、近くへ泳いで来てくれました。
何匹か近寄ってくれた鯉の中に、左側にハートマークを付けた鯉がいたのでカメラを構えたのですが、ボートの下へ逃げてしまいました。

残念ながらハートマークを付けた鯉の写真を撮ることは出来ませんでしたので、その他の鯉を紹介しておきます。


薄暗くなり始めていましたので、沼の水の色は見えません。


ハートマークはボートで我慢。


磐梯山です。


毘沙門沼の駐車場にある店に入ってみました。


会津の赤べこです。


バスがホテルへ向けて出発する時には、月が・・・16時35分。
7分後にはホテルへ到着しました。

お知らせ

阪急交通社の【岩国錦帯橋空港発着】『東北12の旅情と絶品「米沢牛」「牡蠣」「生まぐろ」ごちそう三昧4日間』は2019年11月10日に出発し、東北の紅葉に堪能し、4日間を楽しく過ごして、13日に帰ってきました。

写真を沢山撮ってきましたので、写真を使って紹介したいと思います。(個別写真の説明は省略しています。)

旅行のコース、観光地などは、下記の記事に纏めてありますので、目次としてご覧下さい。

阪急交通社 【岩国錦帯橋空港発着】『東北12の旅情と絶品「米沢牛」「牡蠣」「生まぐろ」ごちそう三昧4日間』(まとめ)
阪急交通社 【岩国錦帯橋空港発着】『東北12の旅情と絶品「米沢牛」「牡蠣」「生まぐろ」ごちそう三昧4日間』 旅行日 2019年11月10日~13日 ツアー名 【岩国錦帯橋空港発着】『東北12の旅情と絶品「米沢...

阪急交通社添乗員のMiuraさん、ケイエム観光バス運転手のMatsumotoさん、ガイドのKobayashiさん、大変お世話様になりました。天気にも恵まれ、真っただ中の紅葉に酔いしれた4日間でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました