記事内に広告が含まれています。
広告

😀 パリ ルーヴル美術館(1) (The Louvre Museum)

Googleによるサイト内検索

元祖・田舎村
元祖・田舎村

ルーブル美術館は、1979年に行きましたが、2002年にも行きました。

この記事では、2002年の様子を写真でご覧頂きます。

1979年の様子は下記の記事をご覧下さい。

😀 パリ ルーヴル美術館(2) モナリザの微笑み (The smile of Mona Lisa at the Louvre Museum)
元祖・田舎村 ルーブル美術館は、1979年に行きましたが、2002年にも行きました。 この記事では、2002年の様子を写真でご覧頂きます。 2002年の様子は下記の記事をご覧下さい。 1979年と2002年の、パリ (Paris)ルーヴル美...

1979年と2002年の、パリ (Paris)ルーヴル美術館 (the Louvre Museum)の様子です。1979年の時は、「モナリザ(Mona Lisa)の微笑み」を、鼻息がかかるくらいの近くで見ることが出来ましたが・・・2002年は???


2002年5月、久しぶりにルーヴル美術館(Musée du Louvre)へ行きました。

久しぶりと言いますのも、前回は1979年10月のこと。

当時は、芸術的な方面への才能も興味もないものの、仕事で休日の時間潰しにルーヴル美術館(Musée du Louvre)へ行ってみました。

あれから23年。

2002年の訪問で、とにかく驚いたのは、見学者の多いこと・・・・・

23年前は、休日にもかかわらず見学者が少なく、モナリザ(Monna Lisa)には、微笑みの陰に隠れた目尻の皺が見えるうえ、吐息が聞こえるくらいまで近寄って見ることが出来ました。展示してある高さは目の高さより低かった(1.5mくらい?)です。

モナリザ(Monna Lisa)の前にはロープが張ってあった程度でしたが、触ることは出来ませんでした。

2002年のモナリザ(Monna Lisa)は人垣の遥か向こうで怪しく微笑んでいる始末。見えるのは見物人の後ろ頭ばかり。

スリの被害が気になるので、人垣を掻き分けて潜り込むのは勇気と覚悟が必要。

レオナルド・ダ・ヴィンチ(Léonard de Vinci / Leonardo da Vinci)もモナリザ(Monna Lisa)が防弾チョッキを着せられるとは思わなかったことでしょうね。

せめて写真だけでもと、後ろの方からデジカメを両手で持ち上げて1枚。もちろん、両手を挙げて無防備ではスリの餌食は確実。ポケットは家族に監視してもらいました。

しかーーし、残念ながら完全にピンボケでした。

この記事には、1979年と2002年のルーヴル美術館の写真を展示しますが、モナリザ(Monna Lisa)は、次々ページの1979年の方でご覧下さい。

●この記事はページ分割されていますので、次ページもご覧下さい