WESTERN DIGITAL の 2TB HDD(WD20EARS) が1年も経たずに故障

2~3日前から、Windows7の立ち上がりに時間が掛かる(起動の途中でHDDのアクセス表示ランプが消える)なと思っていたら、2TBのHDDに対して、起動時にCHECK DISKが働いていて、このCHECK DISKが途中で停止してしまい、2TBのHDDを認識しないまま、Windows7が起動されていました。
この2TBのHDD2010年12月27日に購入した、WESTERN DIGITALWD20EARS-00MVWB0
1年を待たずにお陀仏になりました。

2011年12月6日 2TBのHDDが壊れました

起動時の状況は、下の写真の通りです。

下の写真のところまでは順調に進行中。
P20111206-P1140510

しばらく待っていたら、下の写真のようなメッセージが現れました。
Drive S:のファイルシステムが崩れているので、CHECK DISKを行うか否かの問い合わせです。
P20111206-P1140511
Checking file system on S:
The type of the file system is NTFS.
volume label is Backup1(Photo & Movie).

One of your disks needs to be checked for consistency. You
may cancel the disk check, but it is strongly recommended
that you continue.
To skip disk checking, press any key within 4 second(s).


CHECK DISKを行えば、壊れたデータ部分を無視させるようにして、Drive S:を仮修復できるはずなので、CHECK DISKを実行させることにしました。
P20111208-P1140521

しかし、CHECK DISKは途中で中止されてしまって、完了せずに、Windows7が立ち上がってしまいます。
P20111208-P1140522

立ち上がったWindows7でディスクの状態を見たら、
S20111208-1
2TBのHDD、すなわち、Drive S:Drive T:が見えません。

以上の状況は、何度繰り返しても同じ。
CHECK DISKでも処置出来ず2TBのHDDが見えないとなると、諦めるしかありません。


このような状態になると、2TBのHDDの中のデータは読み出せませんが、HDDのトラブルはデータが無くなる(読み出せなくなる)のが殆どですから、私のパソコンのデータは、異なるHDDにバックアップすることにしています。
Drive F:のデータはDrive S:へバックアップ。
Drive G:のデータはDrive T:へバックアップ。
バックアップは定期的に実施していますので、少しは安心できます。

2011年12月8日現在のGARAKUTA激安パソコン(No.1)

12月6日に午後には通販で東京の某店へ2TBのHDDを注文。
それにしても、壊れる時期が最悪です。
タイの洪水の影響で、HDDの価格は急上昇。1年前に買った時の1.5倍に値上がりしていました。

WESTERN DIGITALについては、10何年か前に、NECのパソコンに組み込まれていて、磁性体が剥がれ落ちる大事故に遭遇して、会社のパソコン全てをNECから他のメーカーへ変えたことがありました。
しかし、今は日立はHDDから撤退したんですよね。
韓国のメーカーは信頼性がないので、メーカーは前回と同じWESTERN DIGITALにしました。

12月7日の夕方には、HDDが到着しました。
P20111207-P1140518
上の写真のHDDの右のものは、Windows7のDSP版で、田舎村のGARAKUTA激安パソコン(No.2)用として一緒に購入しました。

HDDの交換

新旧のHDDです。
P20111208-P1140529
左が壊れたもの。右が新品です。

仮に接続して起動のテスト。
P20111208-P1140527

問題なく起動して、HDDを認識。
S20111208-2

Drive S:Drive T:に2分割。
S20111208-3

このあと、
Drive F:のデータをDrive S:へバックアップ。
Drive G:のデータをDrive T:へバックアップ。

以上で、2TBのHDDの交換作業を終わりました。
HDDの交換作業のみの時間は、30分も掛かっていません。
市販品のパソコンを修理として依頼したら、2週間くらいかかって、HDD内の貴重なデータは全く無くなりますよね。
パソコンは自作に限ります。

2011年12月8日現在の構成(赤字は交換・追加後のパーツ)

 1.マザーボードGA-G31M-S2LGIGABYTE
2.CPUPentium Dual-Core E5200 BOX
LGA775, 2.50GHz, 2MB L2 Cache
800MHz FSB
Intel
3.メモリーDDR2 SDRAM PC2-6400
W2U800CQ-2GL5J
2GB DDR2-800 module x2
CFD ELIXIR
4.ハードディスクHDP725050GLA360
500GB 7,200RPM SATA300
HITACHI
5.光学式ドライブIHAS120-27
書込みDVD-R 20倍速 S-ATA
LITEON
6.ケースATXミドルタワーケース
SKC-06HP400B
SKYTEC
18.電源Power Glitter2 525W パソコン用ATX電源
EG-525PG2 (最大 575W)
エバーグリーン
7.ハードディスクHDT721010SLA360
1TB 7,200RPM SATA300
HITACHI
8.ハードディスクHDS721010CLA332
1TB 7,200RPM SATA300
HITACHI
16.ハードディスクWD20EARX-00PASB0
2TB ?RPM SATA300
WESTERN DIGITAL
9.インターフェースSATA3G INTERFACE CARDASRock
10.カードリーダー
ライター
BSCRA26U2
USB2.0
BUFFALO
11.キーボード
12.マウス
13.ディスプレイG700A-BBenQ
14.フロッピーディスクLFD-35V2 USBLogitec
15.OSWindows 7 Home Premium
[32ビット版]正規版(DSP)
17.HDDケースPEC-SB2
USB2.0対応SATA-HDD用
Princeton
19.ハードディスク
外付け
HDP725050GLA360
500GB 7,200RPM SATA300
HITACHI

コメント