イタリア 水浸しのヴェネツィア(ベネチア)

シェアする

高潮 (Acqua Alta)で水浸しのため、ゴンドラに乗ることができなかった水の都、ヴェネツィアの、サンマルコ広場、ゴンドラ、サンマルコ寺院、ドゥカーレ宮殿の様子をご覧下さい。旅行代金が安くても、11月のヴェネツィアはお勧めできません。
Pb162085

2002年11月18日は、4年半ぶりに潮位が大上昇する日。
とは全く知らず、私たちは、その2日前の11月16日がヴェネツィア(Venezia)観光でした。リベルタ橋を渡り始めると憧れのヴェネチアの建物が目に入ってくる。バスを降りて、サン・マルコ広場(Piazza San Marco)へ向かう船の待合所へ。
ここまでは良かったのですが・・・???何やら様子が??????船から下りてくる観光客全員が長靴を履いている・・・?話を聞くと、サン・マルコ広場(Piazza San Marco)周辺は潮位が上昇して水浸しとのこと。
なかには、サン・マルコ広場までは船で行ったが、下船できなかったグループもあり、そのまま引き返してきたとか・・・
船着場は日本語が乱れ飛び、ワイワイガヤガヤとスズメ蜂の巣を突付いたような大騒ぎ。
こんなに日本からスズメ蜂が来ていたのかと、改めてビックリしました。私達が行く時間は、引き潮の時で、なんとか下船できるだろうと添乗員さんの言葉を頼りに、船でサン・マルコ広場へ。到着してみたら、桟橋周辺は水浸し。桟橋から、ホップ・ステップ・ジャンプで水の無い所へ。自信はあったのですが、靴の中は浸水。
観光客でごった返す仮設の通路を通ってサン・マルコ広場へ。なんと、サン・マルコ広場も水浸し!!!まさか、出発前に「長靴」の準備までは思い付きませんよね。街の狭い路地を、ぶらりブラリと歩いてみたかったですが・・・・もちろんゴンドラ乗り場も水浸し。乗れませんでした。
しかし、めったに出会えない経験。また、いつの日か、行ってみたいものです。

スポンサーリンク

ヴェネツィア (Venezia) 水の都ヴェネツィアは水浸し(L’Acqua Alta)

下の写真をご覧下さい。
めったに見ることのできないヴェネツィア(Venezia)サン・マルコ広場(Piazza San Marco)周辺です。
こんな状態を知っていたら、この時期には行かないと思いますので、見るチャンスはありませんよ。

まあ、見ることが出来ないと嘆かないで下さい。イタリアのツアーは、この時期は安いですからね。
運が良ければ、あなたにも、ゴンドラにも乗ることも出来ずに帰れるチャンスが待っています。

サン・マルコ広場(Piazza San Marco)の桟橋も水浸し。
ゴンドラ(Gondola)に乗れるような状況ではありませんよ。風も結構強かったですね。
Pb162072
Pb162041
Pb162035
Pb162042
Pb162044

スポンサーリンク
巨大なプールのようなサン・マルコ広場(Piazza San Marco)
石の間から海水が湧き出してきたり、石の間に海水がしみ込んでしまったり。
不思議な感じがするものですよ。
Pb162062
Pb162048
Pb162086

サン・マルコ寺院 (Basilica di San Marco)の傍を通って、商店が並んでいる方へ向かっています。
長靴の無い人は、1mくらいの高さの仮設歩道の上を歩いています。
Pb162049
Pb162085

スポンサーリンク
正面はサン・マルコ寺院 (Basilica di San Marco)、右側はドゥカーレ宮殿(Palazzo Ducale)です。
Pb162045
Pb162066

自由時間はサン・マルコ広場(Piazza San Marco)でビールでもと思っていたのですが、夢物語になりました。
Pb162046
Pb162068
Pb162047

スポンサーリンク

2002年11月19日発行の新聞

これは、2002年11月19日発行の新聞です。
ミラノのホテルにあったものを水浸しの証拠として、記念に持ち帰りました。
18日の潮位上昇時の様子が1面のトップに掲載されていました。
私もゴンドラに乗って、サン・マルコ広場を一周したかったですね。
Pb19235851
Pb19235852

この水浸しのなか、街の中を歩いていると、突然けたたましいサイレンの音。
「なんのサイレンかなあ?」と話していたら、浸入した水を店から出して掃除していた店員さんが、「これから潮位が上昇するとの警報ですよ」と教えてくれました。

なお、2003年5月18日、朝8時すぎのNHKニュースで、「水没の危機から守れ 水の都ヴェネチア」の特集を放送していました。・・・もちろん録画してあります。

スポンサーリンク

ベニス と ヴェネツィア

ところで皆さんは、「ベニスの商人」という言葉を聞いたことがありませんか?

私は、ベニス(Veniz)を、なぜヴェネツィア(Venezia)と呼ぶのかな?と不思議に思っていたことがありましたが、英語とイタリア語の違いだったことが判りました。
私は、学校ではベニス(Veniz)と習いましたね。

もう一つ、ヴェネツィアヴェネチアベネチアなど、「日本語の表記のゆれ」なるものの関係で、まちまちな表現がされていますが、検索サイトで検索する時に困りますよね。
本サイトでは、旅行の書籍などで一般的に使用されている表記を使用し、( )内には、私の判る範囲で、その国の言葉を併記することにしています。

従って、本サイトには、以下のような文字が現れると思いますが、皆さんが閲覧される時に文字化けするかもしれません。

 ü  ä  ö  ß  â  é  è  ô  à  ê  ë  É  î  û

14文字書いてありますが、何文字まで文字化けせずに表示されますか?

ちなみに、本サイトでは、特殊文字を含むページはUnicode(UTF-8)を使用して作成しています。
また、( )内に併記した言葉は、検索サイトで情報を探す時にお使い下さい。各国の現地のサイトを探す時に便利ですよ。
理解出来ない言葉は、翻訳サイト(例えば、AltavistaのBabel Fish Tranalationなども便利)を利用する手があります。


ACQUA ALTA ALTA – ore 10 m.1,56 Venezia

このページでご紹介している、水の都ヴェネツィア(Venezia)水浸し(L’Acqua Alta)関係の動画は一部だけです。YouTubeには、この他にも沢山ありますので、ご覧になって下さい。
YouTubeを開いて、キーワード「venezia acqua alta」で検索するとご覧になれます。

2004年のニュース

137cmと言えば、私の身体はスッポリ浸かり、首から上だけをなんとか出している・・・・

2004年11月01日(月) 朝日新聞
水の都が「水没」 イタリア・ベネチア

イタリア・ベネチアで10月31日、137センチという記録的な潮位を記録した。町は混乱し、商店も水浸しに。観光客たちは、水没したサンマルコ広場を歩いた。

2004年11月01日(月) ロイター
水上都市ベネチアが冠水5日目

[ベネチア 10月31日 ロイター] イタリア北部ではこのところ豪雨と強風が続き、水上都市ベネチアが5日間にわたって冠水している。
当局者によると、市の80%以上が冠水状態にあり、足場の板を歩いてサンマルコ広場を横断する観光客や地元住民の姿も見られる。
ベネチアでは冠水が起こるたびに、中世・ルネサンス時代の建築物が被害を受けている。当局者らは、海水の進入を防止する水中堤防の建設計画が数十年も遅れていることに不満を表明した。
ある当局者はANSA通信に対し、「着工までに多くの年月を浪費してきた人々に対し、怒りと反発を感じる」と語った。

お知らせ

阪急交通社福岡添乗員の吉田さん、有難う御座いました。

スポンサーリンク
関連コンテンツ



シェアする

フォローする

トップへ戻る