Acer Aspire One 722 の320GB HDDを256GB SSDに交換

激安ノートパソコン Acer Aspire One 722 ですが、今でも時々は使用しています。
激安だったとはいえ「時々」では非常に勿体ないこと。
時々」の理由ですが、CPUが「AMD Dual-Core C 60」のため、動作がトロトロして、精神衛生上良くないためです。

近頃はSSDの価格が下がり、256GBが1万円強で買えるようになりましたので、内蔵の320GB HDDを、256GB SSDに交換することにしました。

これまで、SSDが搭載されたパソコンは使ったことがないのでサクサクと動くようになるのか否かは判らなかったのですが、ダメなら、SSDを外付けのHDD代わりに使うことにして、イチかバチかでSSDを購入して、交換してみました。

なお、CrystalDiskMarkを使った、現用中のSSDHDDの比較をしましたので、
—> CrystalDiskMarkを使って、現用中のSSDHDDの比較をご覧下さい。
SSD に取り替えた効果が判ると思います。

交換は簡単ですから、皆さんへもお勧めします。

CrystalDiskMarkを使って、SSDとHDDの比較
2014年9月27日に、激安ノートパソコン Acer Aspire One 722 の HDD を SSD に交換しました。 ---> Acer Aspire One 722 の320GB HDDを256GB SDDに交換を...

2014年9月25日 SSDを購入

例によって価格.comで調査。

デジカメのSDカードで使い慣れたTranscendのSSDに決めて、Amazonへ注文。

Transcend SSD 2.5インチ SATA3 6Gb/s MLC採用 256GB 3年保証 TS256GSSD370

9月26日の午前9時過ぎには配達されてきました。
P20140926-P1060804
P20140926-P1060806

P20140926-P1060805

2014年9月27日 SSDへHDDのクローンを作成

1.2012年11月7日のAcer Aspire One 722 をWindows8マシンの時には、SATA-USB変換ケーブル、「ガチャポンパッ!でお引越しSATA (OWL-EADP/U2) Owltech」と、「ファイナルハードディスク/SSD入れ替え13plus」を使ってクローンを作成したのですが、「ファイナルハードディスク/SSD入れ替え13plus」は Windows8.1には非対応とのことなので、SSDの接続には「ガチャポンパッ!でお引越しSATA (OWL-EADP/U2) Owltech」を使って、クローンの作成は他のソフトウエアを使うことにしました。

Acer Aspire One 722 をWindows8マシンへ
Windows 7 64bit の Acer AO722-CM303 Aspire One 722 を、Windows 8 Pro 64bit にアップグレードしました。 2012年11月7日 現320GB HDD のWindow...

P20140926-P1060817
P20140926-P1060818

2.最初に試したのは、AOMEI Partition Assistant Standard Edition
メニューの中に「ディスクのコピー」があるし、月刊誌で記事を読んだような気がするので試しましたが、クローンの作成は不可能でした。
P20140927-P1060819

3.次に試みたのは、AOMEI Backupper Standard
これもクローンの作成は不可能でした。
P20140927-P1060820

4.次は最後の手段。
HD革命CopyDrive Ver.5s ダウンロード版 優待版
HD革命は、その昔、「HD革命/CopyDrive Ver.2.5 for Vista Std」を購入して使っていたことがあったので、急遽、ダウンロード版 優待版を注文しました、

注文の手続きをして30分も経たないうちにダウンロードOKのメールが来たので直ちにダウンロード。
その後クローンの作成。
SC20140927-111739-000
SC20140927-113226-000
SC20140927-124059-000

今度は、何のエラーもなく、簡単な操作でクローンが出来上がりました。
但し、Cドライブには沢山のファイルが詰まっているので、コピーには長時間掛かりました。
SC20140927-124851-000

2014年9月27日 HDDを取り外して、SSDを組み込み・・・その結果は・・・

Acer Aspire One 722の裏蓋を取り外して、320GBのHDDを取り外して、256GBのSSDを組み込み
P20140927-P1060821
P20140927-P1060822

電源スイッチをONしたら、Windows 8.1 アップデート版が立ち上がりました。
P20140927-P1060824

何度かシャットダウンしたり、再起動してみたり。
また、ホームページビルダーやExcelを起動してみたりして、サクサクと動くことを確認。

HDDをSSDに交換した効果は現れたと感じました。
Windows XPのような軽く動くWindowsが無くなった今、これから先もAcer Aspire One 722は使えそうです。

2014年9月27日 取り外したHDDの後処理

取り外した320GBのHDDは2.5インチ用のケースへ入れて、外付けHDDとして活用することにします。

この320GBのHDDの中に残っている邪魔者は、回復パーティション

回復パーティションの削除については、HDDの回復パーティション削除にメモしてあります。

HDDの回復パーティションを削除・・・削除するのは自己責任
HDDの回復パーティションを削除する・・・ 削除するのは自己責任。 使用しているパソコンのHDDからは、削除しないことをお勧めします。 2012年11月7日に、GARAKUTA激安パソコン(No.3) Acer Aspire One...

Acer Aspire One 722に接続したままで試みましたが、何度やっても削除できません。

回復パーティションが残っている320GBのHDD自作パソコン(No.1)常用機に接続して試してみたら、回復パーティションは無くなりました。

内蔵の 2TB HDD 4台を2台に減らしてEco化
過去に実施した防音工事の建具機能復旧工事が2014年1月22日から始まり、サッシ戸の近くの物を一時退避。 その時に、自作パソコン(No.1)常用機と自作パソコン(No.2)予備機を机の上に置いたり、ディスプレイ、キーボード、マウスは切替器...

2014年9月27日現在の GARAKUTA激安パソコン(No.3)スペック詳細

液晶サイズ11.6 インチ ワイド画面
解像度WXGA (1366×768)
CPUAMD Dual-Core C 60
1GHz/2コア
メモリ容量4GB
メモリ規格シー・エフ・デー販売 Elixir ノートPC用メモリ DDR3-1333 (PC3-10600) 4GB D3N1333Q-4G
SSD容量Transcend SSD 2.5インチ SATA3 6Gb/s MLC採用 256GBTS256GSSD370
Windows8用
回転数 
ビデオチップMOBILITY RADEON HD 6290
ビデオメモリ256MB
無線LANIEEE802.11b (11Mbps)
IEEE802.11g (54Mbps)
IEEE802.11n
LAN10/100Mbps
その他Webカメラ
HDMI端子
Bluetooth
OSWindows 8 pro
Windows 8 優待購入プログラムで購入した1200円のアップグレード版

Windows 8.1 Pro アップデート
駆動時間7 時間
幅x高さx奥行285×25.4×202 mm
重量1.46 kg

 

コメント