帆船模型 ザ・バウンティの製作(17/28) (The H.M.S. Bounty / Sailing ship model)

帆船模型 ザ・バウンティの製作(17/28) (The H.M.S. Bounty / Sailing ship model)

22号以降は、The Armed Transport Bountyを見ながら¥100ショップの材料をフル活用して製作中

Pc12-Dscf0012

2005年2月25日~3月3日 ロープ張り(正式の言葉ではリギングですね)

0.7mmと、1.4mmの糸を使って、マストを引っ張るロープを張ることにしました。

The Armed Transport Bountyの該当ページを拡大コピーしないとなりませんね。


2月28日、The Armed Transport Bountyのリギングに関するページをA3判に拡大コピーしました。

あれだけのロープを張るとなると、衰え気味の目では追いつきません。

張ったロープには色付けしながら進めることにします。

デル・プラドの純正ザ・バウンティ号(The H.M.S. Bounty)より、ロープも多いですね。

なお、リギングに関してはThe Armed Transport Bountyの図面を頼りに作業しますので、参考図面はありません。途中経過の写真だけにとどめます。

マスト間のロープ張り(その1)

0.7mmの糸を着色ニスで処理。

P228-dscf0013


既に張っていたロープを全て張り替え。

P228-dscf0014

縄梯子用ロープ張り

1.4mmの糸を30cm長さに13本切って、着色ニスで処理。

P225-dscf0058


片側にだけデッドアイを取付。

P227-2-DSCF0074 P227-2-DSCF0075


フォアマスト部。

右舷側の一番後ろを、マストの左右の傾きを見ながら強めに引っ張って張り、次に左舷側の一番後ろを強めに引っ張って張り、マストの傾きがOKであれば、残りの4本は少し弱めに。

着色ニスで処理した糸であるため撚りの戻りが殆ど無く、0.15mmの糸で3つ目滑車同士を引っ張った部分に撚り戻りの影響が無く、作業はいたって快適。

(前回のバウチスタ号では苦労しましたよ)

メインマスト部、ミズンマスト部も同じように張っていきます。

P228-dscf0015 P228-dscf0016

P228-dscf0017 P228-dscf0018


2月28日作業終了時の状態。

P228-dscf0020


3月1日、メインマスト部、ミズンマスト部も張りました。

右の図面の赤色着色が完了分です。

P301-dscf0021

P301-dscf0022 P302-DSCF0032

上の段の縄梯子用ロープ張りの準備

デッドアイへロープを縛り付。

P301-dscf0023


フォアマストとメインマスト部

P301-dscf0024 P301-dscf0031


ミズンマスト部

P301-dscf0026 P301-dscf0027


赤色着色が少し増えました。

P301-dscf0028

P301-dscf0029 P302-DSCF0033

●この記事はページ分割されていますので、次ページもご覧下さい

コメント