帆船模型 バウンティ号(The HMS Bounty)・・・その後 「DeinModell.de(http://www.deinmodell.de)に投稿された記事」

シェアする

スポンサーリンク

バウンティ号(The HMS Bounty)・・・その後  「DeinModell.de(http://www.deinmodell.de)に投稿された記事」

http://www.deinmodell.de/forum/viewthread.php?forum_id=12&thread_id=178
本サイトのURLが変わったことを書き込みたいのですが、投稿方法が解りません。
どなたか、投稿方法の判る方は、URLが変わったことを、代理で投稿して下さい。


本サイトでは、皆さんに出来るだけ多くのページを見てもらいたいと思い、毎朝、アクセス記録を見て、どのような「キーワード」で検索されたのか?などをチェックして、関連するページを修正したり、追加の書き込みなどをしています。
今朝(2008/03/24)も毎朝の日課通り、今日のアクセス記録を見ましたら、なんと、6時の段階で1178アクセス!
普段の日なら、1日で2000アクセス程度。朝6時では200アクセス程度です。(但し、5月5日の米軍岩国基地の日米親善デー前は何万アクセスに達しますが・・・)
明け方に誰かがGARAKUTA Villageに攻撃をしかけてきたのかな?
それとも、3時、4時が多いとなると、ヨーロッパは時差が8時間だからヨーロッパからのアクセスかな?
半信半疑でアクセス記録の詳細を調べてみたら、ドイツの方(ip 88.65.35.240)が、模型工作関係の帆船模型The HMS Bountyのページ他を、3時6分から5時13分までの約2時間で、延べ890ページを閲覧。


ところで、どこでGARAKUTA Villageの帆船模型The HMS Bountyのページを発見されたのか?
ホームページを運用していると、一番気になるのがコレです。


–> http://www.deinmodell.de/forum/viewthread.php?forum_id=12&thread_id=178

早速開いてみました。
Baue-die-Bismarck
ドイツのサイトです。 もちろんドイツ語。
このページの中に、http://isaonaka2.web.infoseek.co.jp/model/bounty.html 、(現在は、–>https://iwakuni.info/archives/29985 )が紹介されています。
ドイツ語ですから内容は判りませんが、嬉しいことですよね。
皆さんも開いてみて頂くと判ると思いますが、書かれている内容をコピーしておきます。

Autor DelPrado Bounty im Eigenbau. Linktipp
Skywalker
Segler
luke2[2]Beiträge: 265
Eingetragen um 04-01-2008 23:45
Habe eben einen interessanten Baubericht gefunden.
Dort hat ein Japaner die Bounty von DelPrado angefangen,
aber nach der Ausgabe Nr. 21 ist die Heftserie eingestellt worden.
Wenn ich richtig verstanden habe, war DelPrado-Japan Bankrott.Der Junge hat aber nicht aufgegeben und sich das Buch “Bounty – Anatomy of the Ship” gekauft
und dann alles in Eigenregie weiter gebaut. Absolut klasse gemacht das ganze.Die Seite ist zwar in Japanisch, aber das können ja sicher die meisten hier. smiley
http://isaonaka2.web.infoseek.co.jp/model/bounty.htmlFür alle anderen gibt es auch – per Babelfish – die englische Übersetzung.
Dafür einfach auf der Seite oben rechts, die englische Übersetzung anklicken.


Bearbeitet von Skywalker auf 04-01-2008 23:50

http://www.baue-die-bismarck.de Sende Private Message

スポンサーリンク
私は日本語もダメだと折り紙付きの日本人。
しかし、褒めてあるのか、悪口が書かれているのか知りたいものですよね。
いつも利用する翻訳サイトを利用してみました。

ドイツ語→日本語、ドイツ語→英語→日本語と悪戦苦闘しましたが、


DelPrado-日本(デル・プラド・ジャパン)は倒産
バウンティ号のシリーズはNo.21で停止
しかし、男の子(注:私のことですよ!)はやめなかった
「Bounty – Anatomy of the Ship」の本を買った
自作で全てを作りあげた


なんとなく、このようなことが書かれていると思いますが、間違っていますかねえ?


帆船模型といえば、ヨーロッパの方々の熱心さには驚かされます。
このThe HMS Bountyの記事は、フィンランドイタリアフランスなどの方が閲覧されていますし、もう一つの帆船模型San Juan Bautistaルーマニアの模型店らしきサイトところで紹介され、ルーマニア他の方々に閲覧してもらっています。


The HMS Bountyが完成してから既に3年が過ぎました。
その後も帆船模型を造りたいとは思っていますが、全く手がけていません。
しかし、帆船模型作りは諦めてはいません。帆船模型展にも通っています。

お知らせ

<< 前ページ (Previous)

帆船模型 The H.M.S. Bounty (ザ・バウンティ)の製作 改修の巻
このページの小さな写真は、写真をクリックすることにより拡大表示されます。 改修日記(改善ではありません) こ...
スポンサーリンク
関連コンテンツ



シェアする

フォローする

トップへ戻る