岩国錦帯橋空港からNH632(ANA632)便で、富士山を見ながら羽田空港へ


2017/01/01 08:32 撮影


2017年も毎年の恒例となってしまった岩国錦帯橋空港からの1便、NH632(ANA632)で羽田空港へ向かいました。

今年は、滑走路へ向かう機内から初日の出を、中部空港上空を過ぎてからは富士山を眺めながら、元日の朝を楽しみました。

岩国錦帯橋空港から羽田空港への2017年1月1日 NH632(ANA632)飛行ルート

2017年1月1日NH632(ANA632)便、岩国錦帯橋空港から羽田空港への飛行ルートです。
(Flightradar24のデータを利用しています。)

気象条件は良好。

遠回りをすることもなく、岩国錦帯橋空港 → 今治上空 → 関西空港上空 → 浜松上空 → 伊豆半島南端付近 → 大島上空 → 房総半島南端付近 → 羽田空港へと飛行しました。

このたびは、房総半島を横断する位置がいつもとは異なるので、これまでとは違う滑走路へ着陸するのかなと思ったのですが、右往左往して羽田空港へ降り立ちました。

羽田空港の風向きが変わり、着陸する滑走路が変わったのかもしれませんが、この右往左往ぶりからみると、操縦の勘違いだったような気がするし、機種があまり信頼できないAirbus A320の旧いものですから、まさか、計器の異常はありませんよね?

この記事はページ分割されていますので、次ページもご覧下さい。
タイトルとURLをコピーしました