HDDやUSBメモリ内のファイルを完全に削除する(完全に読み出せなくする)

この記事はページ分割されていますので、下記のページを先にご覧下さい。
HDDやUSBメモリ内のファイルを完全に削除する(完全に読み出せなくする)
巷では、情報漏洩が大問題になっていますが、我々の身近な所でも情報漏洩の危険性があります。 例えば、パソコンを使用されている方で、パソコンを廃棄する時や、USBメモリを廃棄する時などは、どのような対策を講じておられますか? ...

テスト3.米国家安全保障局(NSA)推奨方式・・・3通りの内、最強

メディア全体に、乱数1→乱数2→ゼロの順に3回書き込む

再び「HDDなどの、「RAW」になってしまったファイルシステムを「NTFS」に戻す」で「8GB CFカード」が使えるようになったので、「テスト3」を実施します。・・・説明は簡素化します。

41.「DiskEraseUtil.exe」を起動する。
SC20151230-182503-00

42.「テスト用 E:」=「ディスク 3(リムーバブルメディア)[E:]」を選択し、「消去方式」で「米国家安全保障局(NSA)推奨方式」を選択して、「消去」ボタンをクリックする。
SC20151231-134942-00

43.確認画面が表示されるので、間違いなければ「確認キーワード」に「ERASE」と入力して、「OK」ボタンをクリックする。消去すると、データは元に戻らないので、「ドライブ」を間違っていないか再確認のこと。
SC20151231-135004-00
SC20151231-144041-00

44.処理が完了したら、「OK」をクリックする。
テスト3」の方式は、3回書き込むため、「テスト1」または「テスト2」の時間の3倍掛かります。
この例では、8GBで1時間30分ですから、
2TBでは、「2TB ÷ 8GB1.5時間 = 375時間 = 15.6日」 掛かることになります。
棺桶に片足突っ込んだ者は、こんな時間は待っておられませんので、叩き壊して捨てるのが手っ取り早いですね。
SC20151231-151949-00

45.「終了」をクリックして終わり。
SC20151231-152030-00

46.Explorerで「テスト用 E:」の中を覗いてみようとしたら、フォーマットを促す画面が表示されました。
SC20151231-152106-00

47.「キャンセル」をクリックしたら、下図の画面が・・・
SC20151231-152115-00

48.「Acronis Disk Director 12」の「ディスク管理」-「ディスクの編集」で開いた画面「Acronis ディスク エディタ」で見てみたら・・・
SC20151231-152443-00

「メディア全体に 乱数1 → 乱数2 → ゼロの順に書き込みます」とありますので、「00」が並んでいるかと思ったら、「乱数」が最後になったのでしょうか?

49.以上で「テスト3」を終わります。

このテストの後、HDDなどの、「RAW」になってしまったファイルシステムを「NTFS」に戻す の方法で、デジカメで使えるようにしておきました。

関連記事 このページは下記の記事と関連がありますので、合わせてお読み下さい

HDDをフォーマット、さらにパーティションを削除して、中のデータが消滅するのか?
あなたの大事なデータや個人情報は流出していませんか?

【注意】HDDをフォーマット、さらにパーティションを削除したら、中のデータは完全に消滅するか?
不要になったパソコンを廃棄する場合、また、パソコンに組み込まれていたハードディスク(HDD)を廃棄する場合に、ハードディスクに書き込まれていたデータを抜き取られて、個人情報など、大事な情報が流出してしまうことが後を絶ちません。 ...

HDDやUSBメモリ内のファイルを完全に削除(読み出せなく)する
あなたの大事なデータや個人情報が流出する前に!

HDDやUSBメモリ内のファイルを完全に削除する(完全に読み出せなくする)
巷では、情報漏洩が大問題になっていますが、我々の身近な所でも情報漏洩の危険性があります。 例えば、パソコンを使用されている方で、パソコンを廃棄する時や、USBメモリを廃棄する時などは、どのような対策を講じておられますか? ...

HDDなどの、「RAW」になってしまったファイルシステムを「NTFS」に戻す

HDDなどの、「RAW」になってしまったファイルシステムを「NTFS」に戻す
HDDやUSBメモリなどのメディアを捨てる時の、情報漏洩防止策として、HDDやUSBメモリ内のファイルを完全に削除(読み出せなく)するテストを実施している時、テストは成功したものの、テストに使用していたメディア「8GB CFカード」...

コメント