Windows 8.1 Pro 64bit を Windows 10 Pro 64bit にアップグレード

2015年7月31日にWindows 10 Pro 64bit をダウンロードして、DVDメディアを作成し、一応DVDメディアの中のファイルを確認。
このDVDメディアは、緊急事態用として保管しておくことにして、No.1常用機 Windows 8.1 Pro 64bit (このページを編集しているパソコン)を、Windows 10 Pro 64bit にアップグレードすることにしました。

Windows 10 Pro 64bit をダウンロードして、DVDメディアを作成
いきなりアップグレードすればよいのでしょうが、巷の Windows 10 の情報では、注意事項が先行しているようで、何となくアップグ...

なにしろ常用機ですし、このページを編集中ですから、アップグレードの実作業中は画面のキャプチャすら不可能。

アップグレードの準備の状況はアップグレードの実作業前に編集しておきますが、アップグレード後の状態は Windows 10 Pro 64bit が順調に働き始めてから追加で書き込みます。

Windows 8.1 Pro 64bit(No.1常用機)を Windows 10 Pro 64bit にアップグレードの準備・・・2015年8月1日に実施

1.「デスクトップ」の画面をキャプチャして保存・印刷
日常使用するソフトのショートカットや、一時的なファイル、ホルダーはデスクトップ上に置いているため、アップグレード後も同じ環境を構築するために、画像として残すとともに、印刷しておきました。


2.「ホームページビルダー」の「オプション」設定画面をキャプチャして保存
過去の例で、「ホームページビルダー」の再インストールに陥った時、設定が初期状態に戻り、これまでの編集分と状態がことなってくるのを防止するため。


3.「BunBackup」によるファイルのバックアップ
No.1常用機には 512GB SSD3TB HDD を内蔵していて、 512GB SSDCドライブのマイドキュメント、メールのデータ、各種ソフトの設定ファイルなどと、3TB HDD の全ファイルを、「BunBackup」により外部接続HDDへバックアップしているが、アップグレード直前の状態を再度バックアップしておきました。


4.「HD革命 Ver.5」を使用して、外部接続HDDへ、512GB SSDのクローンを作成
万一、Windows 10 Pro 64bit が使いものにならず、元の Windows 8.1 Pro 64bit に戻さなければならなくなった場合に備えて、クローンを作成しておきます。
SC20150801-074031-00
SC20150801-075122-00


5.念のために、現在の Windows 8.1 Pro 64bit のプロダクトキーを別紙に書き出しておきました。
インストール中に、プロダクトキーの入力はないと思いますが、プロダクトキーなどを書いたファイルはこのパソコンの中。
万一の時にはインストールが進められなくなるので、メモしておきました。
[参考]現在、Windows 8.1 のプロダクトキーは4つ所有しています。
Windows8 Pro 64Bit DSP版・・・No.1常用機に使用中
Windows8 Pro 64Bit アップグレード版(2台分)・・・No.2予備機と、ノートPCに使用中
Windows8 Pro 32Bit アップグレード版・・・No.2予備機でテスト使用中


6.Windows へのサインインのローカルアカウントを、インストールが終わるまで、一時的にMSアカウントに切り替えておく。(但し、***@outlook.comのMSアカウントは他のサイトへのログインIDに使用されたりして問題があるため使用していない。)

No.1常用機を Windows 10 Pro 64bit にアップグレード・・・2015年8月1日に開始

Windows 10 Pro 64bit をダウンロードして、DVDメディアを作成 の時に使った、「Windows 10 のダウンロード」画面にあるツールを使用してアップグレードします。

Windows 10 Pro 64bit をダウンロードして、DVDメディアを作成
いきなりアップグレードすればよいのでしょうが、巷の Windows 10 の情報では、注意事項が先行しているようで、何となくアップグ...

アップグレードする対象パソコンは、このページを編集中ですので、インストール作業が始まると、このページの編集は不可能になり、ホームページのサーバーへのアップロードも不可能になりますので、可能な限りアップグレード中の画面をキャプチャして編集しておき、Windows 10 が稼働後にページの更新を行ないますので、暫くの間お待ち願います。


1.「Windows 10 のダウンロード」画面を開く。
—> https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10
SC20150731-123110-00


2.この画面の下のほうにある「ツールを今すぐダウンロード(64 ビット バージョン)」をクリックする。
SC20150731-123123-03


3.「Windows 10 セットアップ」画面が開くので、「この PC を今すぐアップグレードする」にチェックが付いていることを確認して、「次へ」をクリックする。
SC20150801-113851-00


4.ダウンロード中の画面が表示されダウンロードがされるので、そのまま待つ。
SC20150801-115005-00


5.ダウンロードが終わり、チェックなどの画面が表示された後に、「ライセンス条項」の画面が開くので、内容を確認後、「同意する」をクリックする。
SC20150801-121600-00


6.「引き継ぐ・・・」の画面の後、「更新プログラムをダウンロードしています」の画面が表示され、更新プログラムのダウンロードが進行する。
SC20150801-121723-00


7.「インストールの準備ができました」の画面が表示されるので、「引き継ぐものを変更」をクリックする。
SC20150801-122744-00


8.「引き継ぐ項目を選んでください」の画面が表示されるが、変更の必要がないので、「次へ」をクリックする。
SC20150801-123043-00


9.「インストールに必要な作業を確認しています」の画面が表示され、確認が終わったら「次へ」をクリックする。
SC20150801-123312-00


10.再び「インストールの準備ができました」の画面が表示されるので、「インストール」をクリックする。
SC20150801-123823-00


11.Windows 10 Pro 64bit のインストールが開始される。
SC20150801-124050-00 (2)


12.インストール中に数回再起動が掛かり、トラブルなく、順調にインストールが進行した。
インストールが開始されてから1時間も経たないうちにインストールは終わり、Windows 10 Pro 64bit が立ち上がりました。

No.1常用機の Windows 10 Pro 64bit へのアップグレード・・・2015年8月1日に完了

立ち上がったWindows 10 Pro 64bit のデスクトップを見てビックリ!
SC20150801-130909-00

下のアップグレード前の Windows 8.1 のデスクトップと見た目は同じです。
SC20150801-064200-00

基本的には、元の Windows 8.1 の環境を引き継いでいるようです。
細かいところは今後順次設定していくことにし、Windows 10 Pro 64bit を使用していくことにします。

Windows 8.1 の時に使い勝手が最悪だった「スタートメニュー」、「シャットダウン/再起動」、「システムの基本的な情報」を確認しておきました。

スタートメニュー
SC20150801-140344-00

シャットダウン/再起動
SC20150801-140447-00

システムの基本的な情報
SC20150809-064618-00

お知らせ

No.1常用機Windows 10 アップグレードは、問題なく、無事に完了したと思います。
今後は、各種ソフト類の稼働確認、アプリケーションの関連付け、使い勝手の改善などを順次実行するとともに、残り2台のWindows 10 アップグレードも実施するつもりです。

Acer AO722-CM303 Aspire One 722 を Windows10 Pro 64bitにアップグレード
現在Windows8.1 Pro 64bit で働いている激安ノートパソコン、Acer AO722-CM303 Aspire One...
マザーボード GA-G31M-S2Lを使用したパソコンNo.2を Windows 7、Windows 8.1、Windows 10 のマルチブート化
自作パソコンNo.2(予備機)のマザーボードは、激安(購入した当時は、多分、6千円くらいだったと思います)のGA-G31M-S2Lを...
関連コンテンツ
関連コンテンツ
トップへ戻る