別府・明礬温泉(べっぷ・みょうばんおんせん) (Beppu / Myoban onsen) / 別府の料理自慢の宿、三泉閣へ宿泊

P20070329-IMG_0293

別府・明礬温泉(べっぷ・みょうばんおんせん) (Beppu / Myoban onsen) / 別府の料理自慢の宿、三泉閣へ宿泊

元祖・田舎村
元祖・田舎村

硫黄の臭いが強烈な、大分県別府市の「明礬温泉」(みょうばんおんせん)を紹介します。


2007年3月29日、九重夢大吊橋と湯布院散策の旅の初日、院内、安心院を経て、別府のホテルへ向かう途中、2つ目の目玉、明礬温泉に立ち寄りました。

明礬温泉

駐車場でバスを降りたとたんに耳に飛び込んできたのは異国の言葉。見学コースも、店に入っても、日本語は殆ど聞こえてきません。店員さんも異国の言葉。

私は韓国は敬遠しているため行ったことがありませんが、なにやら韓国にいるのではないかと錯覚させられました。

九州は韓国、台湾、中国からの観光客誘致に力を入れているとのこと。ひしひしと感じました。
P20070329-IMG_0282-2
P20070329-IMG_0284-2
P20070329-IMG_0294
P20070329-IMG_0275

P20070329-IMG_0276
P20070329-IMG_0277
P20070329-IMG_0286
P20070329-IMG_0279
P20070329-IMG_0293

硫黄の臭いも強烈でしたが、まるで異境の地へ行ったような凄まじさでした。

●この記事はページ分割されていますので、次ページもご覧下さい

コメント