帆船模型 ザ・バウンティの製作(24/28) (The H.M.S. Bounty / Sailing ship model)

●このページは、前ページからの続きです

2005年4月3日 最後の山場=難関・・・・・帆・ヤードをロープで引っ張る・・・12日目

今日の作業は帆Bと帆Eの12本の引き回し。

滑車は取付済のため、作業は簡単に終わりました。

続いてアンカーの取付。

何故か前回のバウチスタ号の時から残っていたアンカーを取付けました。


Bの引き回し完了

P403-1-DSCF0084 P403-1-DSCF0085

P403-1-DSCF0086 P403-1-DSCF0087


Eの引き回し完了

P403-1-DSCF0088 P403-1-DSCF0089

P403-1-DSCF0090


アンカーの取付完了

P403-1-DSCF0099 P403-1-DSCF0100

P403-1-DSCF0101


大活躍した「The Armed Transport Bounty」のリギング関係ページ

P403-1-DSCF0102 P403-1-DSCF0103

P403-1-DSCF0104


これも大活躍。

瞬間接着剤もさることながら、先端のノズル

これ、ステンレス製のノズルです。

使わない時は水に浸して先端を固める。

次に使用する時はライターの火であぶる。

中国地方を拠点としたDIY店、ジュンテンドーの特製品ですが、重宝しました。

P403-2-DSCF0047

 

98%出来上がり

4月3日の作業で98%出来上がりました。

残りの2%は何?

The Armed Transport Bounty」を見て、最後の忘れ物探しをすることにします。

そういえば、樽のようなものがありましたね。

荷物でも作って、デル・プラドのミス隠しもやっておきます。

資料の追加、整理も必要ですね。

2005年4月4日  最後の仕上=完成

木の切れ端を、帆布の切れ端でくるんで荷物作り。

苦しみながら作業したヤード、マストへの滑車取付でしたが、事前に取付けられるように絵を書く準備など・・・・

昨日撮影した完成写真に奇妙なロープが見える?

現品を探したのですが見つからず。

切れ端がくっついていたのでしょうか?


少し大きめですが、荷物を6個製作。

P404-dscf0055


一応、「精巧な内部」へ置いてみました。

これくらい大きい荷物なら、デル・プラドのミスも誤魔化せます。

ついでに、オマケの大砲も置いて記念撮影。

P404-dscf0056

99%出来上がり

2005年4月4日の作業で99%出来上がりました。

私のザ・バウンティ号(The H.M.S. Bounty)は完全なものではありませんので、残りの1%は大事に残しておくことにして、完成したことにします。

今後も気づいたことは内緒で修正を続けますよ。

デル・プラドの純正で進んでいたら96号(?)でなんとなく完成。

自作路線には、残り1%にも夢があります

帆船模型バウンティ号の自作日記も最終回を迎えました

以上でもって、帆船模型バウンティ号自作日記も最終回を迎えました。

全くまとまりのない日記にお付き合い頂きまして感謝しています。

完成写真は次ページのザ・バウンティ号製作日記(2005/4/4)完成!に、部分的な詳細写真も含めてご紹介しています。

帆船模型 ザ・バウンティの製作(25/28) 完成!! (The H.M.S. Bounty / Sailing ship model)
フジサンケイグループの扶桑社の悪質な手により倒産に追い込まれ、一旦は沈没したデル・プラド・ジャパンのザ・バウンティ(The H.M.S. Bounty)。 22号以降は自作路線での製作を継続してきましたが、2005年4月4日に...

また、ここまでお付き合い頂きました皆様へ感謝の気持ちとして、一応完成したと考えられるザ・バウンティ号(The H.M.S. Bounty)を眺めながら、「ああすれば良かった、こうすれば良かった」と思うことを、帆船模型バウンティ製作日記反省の巻として、別ページへ思い出しながら纏めることにしました。
(思い出しながら書きますので時間が掛かります。)

帆船模型 ザ・バウンティの製作(26/28) 反省 (The H.M.S. Bounty / Sailing ship model)
ザ・バウンティ号(The H.M.S. Bounty)。ああすれば良かった、こうすれば良かった 22号以降は自作路線での製作を継続してきましたが、2005年4月4日に完成し、じっくりと眺めています。 この間、キットでは味わえない...

完成までの投資額集計

完成までの投資額集計
目標予算\27,195(有限会社トライフィールドの半値)以下
前々ページからの繰越残1,127
21このページでの浪費は無し0
投資額累計26,068
残予算1,127

進水式の芋焼酎が、もう1本買えます。

お知らせ

<< 前ページ (Previous)

帆船模型 ザ・バウンティの製作(23/28) (The H.M.S. Bounty / Sailing ship model)
22号以降は、The Armed Transport Bountyを見ながら¥100ショップの材料をフル活用して製作中 The Armed Transport Bountyと睨めっこしながら、ザ・バウンティ号(...

次ページ (Next) >>

帆船模型 ザ・バウンティの製作(25/28) 完成!! (The H.M.S. Bounty / Sailing ship model)
フジサンケイグループの扶桑社の悪質な手により倒産に追い込まれ、一旦は沈没したデル・プラド・ジャパンのザ・バウンティ(The H.M.S. Bounty)。 22号以降は自作路線での製作を継続してきましたが、2005年4月4日に...

コメント