米軍岩国基地「パブリックアクセスロード」から、瀬戸内海の下位蜃気楼(浮島現象)が見える

Friendship Day 前泊予約はお済みですか?
年々増える米海兵隊岩国航空基地の日米親善デー(Friendship Day)の入場者。
遠くからお出掛けになる皆様は、宿泊の確保はお済みですか?
岩国市内のホテルは数が限られていますし、岩国市内といえども、場所によっては、当日の朝、基地まで辿り着くのが大変なことになります。
下記のページに岩国のホテルを紹介していますので空室を確認してみて下さい。
空室があれば、即予約しなければ満室になります。
–> 日米親善デー (Friendship Day)・・・岩国での宿泊

米軍岩国基地の日米親善デー (Friendship Day) : 岩国、岩国近辺での宿泊・2019/07/01確認済
毎年5月5日に開催される(予定)の米軍岩国基地の日米親善デーの入場者は20万人を超え、前泊、後泊のホテルの手配は困難を極めます。また、米軍岩国基地は空母艦載機や最新型の戦闘機F35Bも配備され極東最大の米軍基地になりました。写真撮影の前泊、後泊のホテルの手配をお忘れなく。

米軍岩国基地「パブリックアクセスロード」で瀬戸内海の下位蜃気楼(浮島現象)が見えます

全国の皆さん、岩国錦帯橋空港が間もなく開港します。
羽田空港から岩国錦帯橋空港へお越しの皆さんへ、岩国の新名所をお教えします。
新名所の名前は、「パブリックアクセスロード Public Access Road」。
場所は、あなたが乗られた旅客機が着陸した滑走路の下を潜り抜けるトンネル道路
ここは、日本が米国に無償提供した米軍管理下の土地ですから、米軍の都合により、勝手気儘に封鎖されます。
オスプレイの陸揚げから、試験飛行、普天間基地への移動の間は封鎖されていて、12月になってから封鎖が解除されました。
「パブリックアクセスロード Public Access Road」が通行可能になった2011年8月18日に行ってから1年以上過ぎましたので、封鎖解除を機会に行ってみました。
2012年12月10日は心臓の冠動脈のカテーテル挿入のための入院前。
物凄く冷え込んでいましたので、下位蜃気楼(浮島現象)が見えることを期待してトンネルを潜り、トンネルを出たら期待通りの下位蜃気楼(浮島現象)
新聞のニュースで浮島現象が取り上げられていますが、空中の温度より海水の温度が高いと、毎日でも見ることが出来ますし、夏でも見ることが出来ます。
岩国へお越しの皆様は、錦帯橋へ回られる前に、乗ってこられた旅客機の離陸を見送り、下位蜃気楼(浮島現象)をご覧になることをお勧めします。(但し、米軍の都合と天候によっては、ご覧になれないことがありますのでご了承願います。)
20121210_00
ここからはハシゴがないと基地内は見えません

20121210_01
瀬戸内海の島が浮き上がる下位蜃気楼(浮島現象)

20121210_02
瀬戸内海の島が浮き上がる下位蜃気楼(浮島現象)


参考
米軍岩国基地 パブリックアクセスロード Public Access Road

米軍岩国基地の滑走路端の下を潜り抜ける「パブリックアクセスロード Public Access Road」
Friendship Day 前泊予約はお済みですか? 年々増える米海兵隊岩国航空基地の日米親善デー(Friendship Day)の入場者。 遠くからお出掛けになる皆様は、宿泊の確保はお済みですか? 岩国市内のホテルは数が限られてい...

岩国市の下位蜃気楼浮島現象

瀬戸内海の下位蜃気楼・浮島現象(飛行機が飛び回り、鳥も飛び回る、島が浮き上がり、船も浮き上がる)
岩国市から見ることが出来る瀬戸内海の下位蜃気楼・浮島現象。周防大島(屋代島)、米軍岩国基地管轄の姫小島、柱島なども浮き上がって見えます。飛行機が飛び回り、鳥が飛び回る、島が浮き上がり、船も浮き上がる 岩国。下位蜃気楼とか浮島現象と言いますよ

コメント

タイトルとURLをコピーしました