ブルーレイディスクレコーダー Sharp BD-H30 の不具合との闘い(5)

シェアする

本サイトの情報を探して閲覧される皆さんの「検索キーワード」を分析しますと、まだまだ BD-H30 を使用しておられる方が多く、不具合に困っておられるようなので、下記の情報を保存しておきます。(2016/02/07)

Sharp BD-H30、BD-H50 ブルーレイレコーダをお使いの皆様へ(2016年2月8日)
Sharp BD-H30、BD-H50 ブルーレイレコーダをお使いの皆様へ。Sharp BD-H30 BD-H50 は、まだまだ使用出来ます。
Sharp BD-H30、BD-H50 ブルーレイレコーダの最終バージョンを確認して下さい(2016年2月25日)(2017/02/20一部改訂)
Sharp BD-H30、BD-H50 ブルーレイレコーダで異常ではないかと思われる現象が現れた場合は、Sharpのサイトで「最終バージョン」を確認して下さい。バージョンアップで治ることがあります。
Sharp BD-H30、BD-H50 ブルーレイレコーダのバージョンアップの設定方法(2016年2月26日)
Sharp BD-H30、BD-H50 ブルーレイレコーダは、バージョンアップすればまだまだ使用可能です。最終バージョンを確認し、バージョンアップをしてみて下さい。

BD-H30を使用中の方へお知らせ 2014年10月28日

不具合でお困りの方は、ソフトウエアのバージョンアップを実施して下さい

このページは、2012年4月26日に賞味期限が切れましたが、その後、BD-H30の使用を続けておられる方から「不具合がほぼ解消された」との情報を得ていますのでお知らせします。

a_btn065 BD-H30を使用されておられて、不具合でお困りの方へ。
このカテゴリーの中のページに数多くの不具合事例が掲載されていますので、参考にされたうえ、ソフトウエアのバージョンアップを実施してみて下さい。
多分、通常の使用範囲においての不具合は無くなると思います。

スポンサーリンク

2011年10月29日 「バグ」か?「仕様」か? 珍現象

早速ですが、「バグ」か?「仕様」か?の珍現象を披露します。


私は、ほぼ毎朝、夜の内に録画されたものを整理しています。
明らかに不要と判断できるタイトル(キーワード自動録画が殆ど)を消去。
次に、個別のタイトルの編集。

通常の編集作業は、以下の流れで行っています。
シーン(部分)消去」→「インデックス画面変更」→「タイトル名変更

この流れの中で珍現象が起こるのは、インデックス画面変更を行った後の振る舞いですが、不具合と騒ぎ立てるようなものではないので、「珍現象」としておきます。


それでは流れに沿って説明します。


昨晩「キーワード自動録画」で無事に録画してくれていた「世界の車窓から」(黄色に反転したインデックス)の編集を開始します。
P20111029-P1130820
ところで、「世界の車窓から」の番組ですが、山口県と広島県の朝日放送系の2局(YABとHTV)で放送されており、当地、岩国市のケーブルテレビでは2局とも受信できるため、毎日録画して、正味2分間の番組を「タイトル結合」で結合しています。
しかし、結合した「世界の車窓から」の2タイトルは、以前のメーカー来訪のためにBD-REへ一時退避し、その後HDDへ戻したため「ダビング1」。これらの2タイトルを10月25日のメーカー来訪調査のためにBD-REへ一時退避したら、「 ブルーレイディスクレコーダー BD-H30 の不具合(3)の「2011年10月25日(4) BD-REにダビングしたタイトルが全て行方不明・・・またまた致命的な症状が発生」事件に書いていますようにBD-REの中身は空っぽ。
何日間も録画して、結合した2つのタイトルが「パー」の状態です。
このBD-REはメーカーに預けてありますので、何日間も掛けて作成した行方不明の2つのタイトルは、間もなく逮捕されて戻ってくるはずです。
それまでは、続きが何時でも結合できるように、編集して準備しています。


メニューから「編集」-「シーン(部分)消去」を選択。
P20111029-P1130821


リモコンのボタンを使って、録画の最初の部分やCMなどの不要な部分をカット。
P20111029-P1130822


「シーン(部分)消去」の作業が終わって、リモコンの「戻る」ボタンを押したら、元のメニューの画面に無事に戻りました
P20111029-P1130823


次に、インデックスの画面を変更するために、メニューの「インデックス画面変更」を選択。
P20111029-P1130824


編集の作業は残っているので、再びインデックス画面の黄色反転の所で、リモコンの「青」ボタンを押して、再び「編集」画面を表示させて、「タイトル名変更」を選択。
P20111029-P1130827


タイトル名に「スペースと8700」を追加。
P20111029-P1130828
この文字の追加を行って、リモコンの「黄の完了」ボタンを押したら、手抜きをせずに、無事にメニューの画面に戻りました。
P20111029-P1130829


このような、私のような素人が考えれば「バグ」だと思える状況も、メーカーの玄人が見れば「仕様」なんでしょうね。

2011年10月29日(2) 本日は5回のリセット

インターネットで情報を探していると、のBD-H30「フリーズ」+「リセット」が憑き物らしい評判があるので、本日からは「フリーズ」「リセット」の小さいと思われる不具合は書かないことに決めましたが、本日(10月29日)は、なんと、5回もフリーズし、5回のリセット
おかげさまで、BD-H30の傍に常備してある爪楊枝は、先端がボロボロ
1日に5回もリセットしなければ働いてくれないBD-H30。このうち、写真を撮って残してある3回分について、ここから下に書き残しておきます。

2011年10月29日(3) これは正常な例です

録画ミスが多いBD-H30ですが、正常な例もお教えします。

10月25日のメーカー側からの来訪の時、放送局側の番組変更による録画ミスの話も出ましたが、その時に「予約リスト」の中に入っていた放送局側の番組変更が、どのような結末になったかを私の目で確認しました。


下の写真をご覧下さい。
「予約リスト」の一番上、「毎週土曜 午前10:00~午前10:55」の予約は「(次回該当番組なし)」と書かれています。・・・「実行:」と表示されているので、予約時間通りに録画を実行中。
予約リストの右の番組表の黄色反転「菅原明子の地球大好き未来便スペシャル・・・」が、今、実際に放送されている番組の内容。
(10月29日は、第5土曜日のため、毎週土曜の予約の「激論!クロスファイア」の放送は休み。)
P20111029-P1130830

下の写真は、次週11月5日の「予約リスト」と「番組表」。
「予約リスト」の「毎週土曜 午前10:00~午前10:55」の予約は「激論!クロスファイア」。
「番組表」の内容も「激論!クロスファイア」。
異常はありません。
P20111029-P1130832

ところで、番組内容変更は無事に録画がされたのか?
録画予定時間が過ぎてから「録画リスト(HDD)」を見たら、無事に録画出来ていました。
P20111029-P1130833


なにかと不具合を頻発するBD-H30ですが、正常な振る舞いをすることのほうが多いです。この例も正常な振る舞いの一つです。
はなはだ残念なのは、挙動不審な振る舞いをした時に、録画機として、致命的な状態に陥ることと、メーカーの対策が遅いことです。

この記事はページ分割されていますので、続きは下記のページをご覧下さい。
ブルーレイディスクレコーダー Sharp BD-H30 の不具合との闘い(5)
本サイトの情報を探して閲覧される皆さんの「検索キーワード」を分析しますと、まだまだ BD-H30 を使用しておられる方が多く、不具合に困って...
スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする

フォローする

トップへ戻る