【注意報】メルカリなどで損をしないように購入しましょう(気付いた注意事項)

シェアする

2018年2月からメルカリを利用し始め、現在では、ヤフオク、ラクマも利用していますが、一番多く利用しているのはメルカリです。

利用開始以来、捨てるにはモッタイナイ不要品の販売を続けていましたが、近頃は、僅かではありますがポイントを利用したりして購入もしています。

出品するに当たっては、皆さんが出品されている同じような出品物や、購入して頂いた皆さんの出品物の写真や説明文を読んでみたりして、参考にさせて頂いたりしてきました。

また、出品物に対して質問してみたりして、いろいろと勉強させて頂きました。

私は、パソコン(この記事を編集しているパソコンです)でメルカリの「Web版」を使用していますので、勉強させて頂いたことを基に、何種類もの説明文のサンプルを作成しておいて、出品の時に使用しています。

パソコンの「Web版」ですから、出品時の説明文の編集が非常に楽に出来ますので、長い文章(制限文字数いっぱいになることがあります)で読むのが嫌になるとは思いますが、出品物の状態などは出来るだけ詳しく書いています。

プロフィールの編集、再編集も簡単に出来るので、安心・安全な取引で完結するように、私が出品する場合の、出品者としての考え方を長々と書かせてもらっています。

さて、メルカリを利用し始めてから半年程度ですが、これまでに利用してきて感じたことなどを書き留めておきます。

スポンサーリンク

メルカリなどのフリマで損をしないように購入したいものです(気付いた注意事項)

昔、発行の都度郵便局で買って収集していた切手ですが、1978年頃から、素敵なデザインの切手は今後の値上がりを期待してシート単位で購入していました。

しかし、昔は盛んだった「切手蒐集」の趣味も次第に落ち目になり、今では、せめて額面なら買ってもよいがと言われるようになってしまいました。

今は、殆どの方がスマートフォンを所有(私はガラケーですが)しておられ、郵便を利用することは非常に珍しくなり、切手も必要なくなってきています。

メルカリでも切手類は毎日毎日止まることを知らず、星の数ほど出品されていますが、額面以下にしないと売れないことは、昔から「切手蒐集」を趣味にしてきた者にとっては情けない次第です。

泣き言を書いていてもきりが無いのでここで止めて、切手類を出品するに当たって感じたことを、メルカリなどのフリマで損をしないように、購入する時の注意事項を書いてみます。

ここでは、切手類の例になっていますが、その他の物も同様ですから参考にして下さい。

商品の写真に注意

都合の悪い欠陥を隠してある場合があります。このような物は、商品説明も超簡単です。

写真を見て、納得がいかない場合は、遠慮せずに出品者に質問しましょう。
「詳しいことは判らない」などと無責任な回答があった場合は、何らかの欠陥が隠されている可能性があると思ってもよいかと思います。

私はパソコンの「Web版」を使用していますので、写真を保存して、画像表示用のソフトウエアを使って拡大表示して調べています。


写真がピンボケしている

切手の例では、折れ汚れなどが隠されている場合があります。


写真が1枚しか入っていなく、表側しかない(裏側がない)

切手の例では、裏側の糊面に喫煙のタールによる汚れ黄ばみと言われていますが・・・)などが隠されている場合があります。


写真は複数枚入れてあるが、1枚の写真をずらして入れてあり、結局写真は1枚しかない

切手の例ですが、「複数種セット」の同時発行の切手でありながら、その中の一部の出品でしかなく、一部であることがタイトルにも説明文にも書かれていないことがあります。このようなことは物は高値で出品されていることが多いです。


商品部分が小さくて、詳細が判らない写真

切手の例では、小さな破れ千切れなどに気が付かないことがあります。


商品が重ねられて撮られた写真

切手の例では、角が千切れた破れや、汚れが隠されていることもあります。

商品の説明文、質問への回答に注意

無責任としか思えない説明文、質問への回答が結構あります。

なかには、出品物に欠陥があることを知りながら、これを隠しているのではないかと思われる説明文や回答があります。


個別の説明文には、私は奇妙に感じることはありますが、敢えて書きませんので、皆さんで感じ取って下さい。(一応、気になることを羅列しておきます。)


詳しい事は、わかりません
写真で欠陥が見えていることがありますが、欠陥を誤魔化すための逃げの一言です。

詳しくない為、細かいご質問はお答え出来ません
出品物の説明文に書いてある場合は、欠陥を誤魔化すための逃げの一言だと思うことが大事です。質問に対する回答の場合も同様に欠陥を誤魔化すための逃げの一言だと思うことです。

素人ですので難しい質問には、お答え出来ない場合があります
出品物の説明文に書いてありますが、欠陥を誤魔化すための逃げの一言だと思ったほうが間違いないです。

今、外出中なので調べることが出来ません
これは、中国切手の写真を見て、偽物と判ったので、わざと質問をしてみた時の回答です。回答は急いでいなかったのですが、直ちに返事が来て、その日のうちに削除していました。

商品の説明はありません
商品の説明文はこの一言だけ。写真も小さく写ったものが1枚だけ。余りにも無責任な出品ですが、これでも購入する方があるのには驚きです。

詳しくないので詳細不明です
同一出品者の、この他の出品物を見たら様々なカテゴリの物があり、全ての出品物にこの文章が書かれていますが・・・

素人ですので専門的知識がございません
同一出品者の同じカテゴリの出品物でも、この文章が書かれている物と書かれていない物があることがあります。書かれている場合は、何か隠されていることがあるのではないかと思います。

※の物を代理で出品しており、私自身は全くの素人なので不備等ありましたらご了承下さい。
代理での出品はあっても不思議ではありませんが、詳しい説明は依頼者に聞けばよいこと。直ぐに回答できない質問には、依頼者に問い合わせて回答すればよいだけのことですが・・・

以下のような説明文がある出品物は、上の項の「商品の写真に注意」の例のようなことが多く、写真をみても状態は判らないことが多いので注意が必要です。

写真にて判断、ご了承お願い致します。
状態は見ての通りです。 掲載写真での判断をお願いします。
特別目立つキズや汚れはありませんが、古いものになりますので写真判断での購入をお願い致します。
詳細は写真でご確認ください。

配送方法「普通郵便(定形・定形外)」に注意

メルカリへの「出品時」の配送方法の選択肢として普通郵便(定形・定形外)があります。

郵便局が、国営の郵政省時代には、「郵政監察室」なるものがあり、普通郵便と言えども、配達されないような事故の場合などは調査してくれて、納得のいく調査結果を報告してくれていましたが、民営化されてからは、調査依頼は受付けるとは言いながら、調査結果は「不明」だけとのことらしいですね。

郵便局も民営化以降は事故が増えてきているし、我が家へも誤配が度々来るようになりました。私が親書を信書を正式の所へ配達する訳にはいかないので、その都度、郵便ポストへ投函しに行っています。

メルカリで「普通郵便(定形・定形外)」を選択して出品して事故に遭った場合は、メルカリでは補償してくれません。

従って、「普通郵便(定形・定形外)」を選択した出品者は、出品物の説明文か、プロフィールに非常に厳しいことを書かれています

ここには、厳しい文章を収集しておきますので、郵便事故の時のことを考えてみませんか?

なお、私は、配送方法を「普通郵便(定形・定形外)」として設定したのは出品者にも責任がありますしこれを購入した購入者にも責任があり双方の責任と考えます。


個別の説明文には私が感じることはありますが、敢えて書きませんので、皆さんでお考え下さい。(一応、気になることを羅列しておきます。)


発送後の配送トラブルは一切責任を負えません。発送した時点(ポスト投函)で責任を果たしたものと致します。
不着の場合、調査依頼は協力致しますが結果が紛失だとしても受け取り評価はして頂きます
定形外郵便などの追跡不可能な輸送事故は、保証出来ませんが、受け取り評価はお願いします
万が一の紛失事後につきまして、捜査協力をさせていただきますが、受け取り評価は必ずお願いいたします
定型郵便 定形外郵便の場合、発送後は一切の責任を負いかねます
発送後の責任は負いかねます
保証のない方法で発送しますので、トラブルになりましても協力しますが責任は負えません
郵送中の紛失、汚損、破損については責任は負い兼ねます
発送後の郵便事故、トラブル等は一切 責任を負い兼ねます

この様な例もあります

配送の方法は「ゆうゆうメルカリ便と指定してあるにもかかわらず、説明文には「普通郵便で送ります・・・」と書かれています。
スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする

フォローする

トップへ戻る