Sharp BD-H30の不具合再現テストの報告(1)

本サイトの情報を探して閲覧される皆さんの「検索キーワード」を分析しますと、まだまだ BD-H30 を使用しておられる方が多く、不具合に困っておられるようなので、下記の情報を保存しておきます。(2016/02/07)

Sharp BD-H30、BD-H50 ブルーレイレコーダをお使いの皆様へ(2016年2月8日)
Sharp BD-H30、BD-H50 ブルーレイレコーダをお使いの皆様へ。Sharp BD-H30 BD-H50 は、まだまだ使用出来ます。
Sharp BD-H30、BD-H50 ブルーレイレコーダの最終バージョンを確認して下さい(2016年2月25日)(2017/02/20一部改訂)
Sharp BD-H30、BD-H50 ブルーレイレコーダで異常ではないかと思われる現象が現れた場合は、Sharpのサイトで「最終バージョン」を確認して下さい。バージョンアップで治ることがあります。
Sharp BD-H30、BD-H50 ブルーレイレコーダのバージョンアップの設定方法(2016年2月26日)
Sharp BD-H30、BD-H50 ブルーレイレコーダは、バージョンアップすればまだまだ使用可能です。最終バージョンを確認し、バージョンアップをしてみて下さい。

BD-H30を使用中の方へお知らせ 2014年10月28日

不具合でお困りの方は、ソフトウエアのバージョンアップを実施して下さい

このページは、2012年4月26日に賞味期限が切れましたが、その後、BD-H30の使用を続けておられる方から「不具合がほぼ解消された」との情報を得ていますのでお知らせします。

a_btn065?BD-H30を使用されておられて、不具合でお困りの方へ。
このカテゴリーの中のページに数多くの不具合事例が掲載されていますので、参考にされたうえ、ソフトウエアのバージョンアップを実施してみて下さい。
多分、通常の使用範囲においての不具合は無くなると思います。

スポンサーリンク

BD-H30の不具合再現テスト・・・不具合であることを証明するため

ブルーレイディスクレコーダー BD-H30 の不具合発生状況を記録していますが、その中に、使用方法の誤りによるものが含まれないようにBD-H30の不具合再現テストを実施して、再確認しています。

【報告1】 2011年11月7日 テストNo.1 テストNo.2
事前準備のHDDからBD-REへの一時退避(ダビング)で不具合が再現

今日は、 ★ BD-H30の不具合再現テストの内容 及び 結果 の テストNo.1 テストNo.2を実施。

事前準備のHDDからBD-REへの一時退避(ダビング)で、期待通りの不具合が再現しました!

録画の動作をしていない時に、HDDからBDに、テストのため10タイトルを一時退避(ダビング)した2枚目のBD-REの「録画リスト(BD:オリジナル)」を見たら、9タイトルしか表示されていない
1枚目と2枚目のBD-REの空き容量(残時間)を比べたら、同じ時間。
と言うことは、素人なりに推測すると、2枚目のBD-REへは、ダビングはされたが、インデックスの作成に失敗したものと思います。が・・・一般的に言えば、ダビング失敗!ですね。


下の写真は、一時退避(ダビング)前の「録画リスト(HDD)」です。10タイトル分のインデックスが表示されています。
P20111107-P1130940-2


下の写真は、一時退避(ダビング)後の、1枚目のBD-REの「録画リスト(BD:オリジナル)」です。HDDと同じく10タイトル分のインデックスが表示されています。
P20111107-P1130941-2


下の写真は、一時退避(ダビング)後の、2枚目のBD-REの「録画リスト(BD:オリジナル)」です。誠に残念ながら、9タイトル分のインデックスしか表示されていません
天照大神が岩戸に隠れたように見えなくなったのは、「世界の車窓から 8506・・・」。
このタイトルですが、1日分の放送時間は極短時間ですが、何日分も結合していますので、大変な労力の賜物です。
前回、10月25日の一時退避(ダビング不具合の時は、BD-H30をある程度は信用していたので、一時退避(ダビング終了後はBD-REを確認していなくて、大損害を蒙りましたが、今回はテストのため、HDD内には残っていますので助かりました。
P20111107-P1130942-2


★なお、BD-REメディアへの読み書きを失敗すると、メーカー側からは、BD-REメディアのメーカーや指紋などを疑われますので、下に、自信をもって宣誓しておきます。
・BD-REメディアはTDK製。
・BD-REメディアは封をきったばかりの新品。・・・2枚とも。
・メーカーの理由として大好きな、私の「指紋」は付いていません。

【報告2】 2011年11月8日 テストNo.6 テストNo.7
大事故発生 と 新たな不具合が発覚

大事故発生 と 新たな問題(不具合)が発覚

番組表を見たら、既に録画済みの番組と同じ12:00からの番組が、キーワード自動録画のマークが付いていたので、時間を見計らって、★ BD-H30の不具合再現テストの内容 及び 結果 の テストNo.6 と テストNo.7を実施しました。

大事故発生 と 新たな問題(不具合)」とは言っても、従来からの不具合の再発です。


下の写真は、テストで大事故が発生した時の捜査の手助けになるようにと、テスト前に「録画リスト(HDD)」を撮影しておいたものです。
皆さんも、BD-H30の怪しい動作を感じたら、「録画リスト(HDD)」などの写真を撮っておいたほうがよいですよ。
P20111108-P1130943


キーワード自動録画が始まる少し前に、HDDからBD-REへのダビングを開始しました。
ダビングは、上の写真の、インデックス番号2、3の2つのタイトル
インデックス番号2、3は、タイトル結合したしたものです。
P20111108-P1130944
この写真は、44%ですから、インデックス番号2、3の、いずれかをダビング中です。


ダビングの最中に録画が始まるのは、下の写真の番組、12:00からの「欧州鉄道の旅」です。
P20111108-P1130945


12時からの録画の放送が始まり、録画が開始されました。
P20111108-P1130947


最初に、テストNo.6の「選局」ボタンを押します。
P20111108-P1130946


テストNo.6の結果は?
P20111108-P1130949
インターロックが働いていてOKでした。


次は、テストNo.7の「停止」ボタンを押します。
P20111108-P1130950


ここは異常なく、「録画停止」か「ダビング停止」かの選択画面が表示されました。
これも、全く問題はなく、正常そのものです。
もちろん、ここでは「録画停止」を選択しました。
P20111108-P1130951


お待たせしました。前置きが長くなりましたが、この辺りからが大事故始まりです。


録画を停止させたので、中途半端な録画を消去して、テストNo.6 と テストNo.7を無事に終わろうとして、リモコンの「録画リスト」ボタンを押したら、
P20111108-P1130952


・・・取り消しは予約リストから行ってください。」との親切そうな(?)怪しいメッセージ
P20111108-P1130953


BD-H30の本体表示は、「HDD」ランプは白色で、録画はしていない表示。
P20111108-P1130956


取り消しは予約リストから行ってください。」を信じて、リモコンの「ホーム」ボタンで「予約リスト」を表示させたが、先ほど録画していた番組は見当たらない
先ほどの録画は、「キーワード予約」だから、「キーワード自動録画設定」画面を見たら、3の「鉄道」の前に赤●が表示されている。
P20111108-P1130955
しかし、この画面には、赤●消し方が見当たらない


一度だけでは判らないので、少し時間をおいて、再びリモコンの「録画リスト」ボタンを押したら、
P20111108-P1130958


やはり、 「・・・取り消しは予約リストから行ってください。」との親切そうな(?)怪しいメッセージ
P20111108-P1130959


どこかに 「取り消しは予約リストから行ってください。」が可能な画面はないかと、次は、リモコンの「番組表予約」を押したら、
P20111108-P1130960


やはり、 「・・・取り消しは予約リストから行ってください。」の表示。
P20111108-P1130961


もう一度「キーワード自動録画設定」画面を見たが、3の「鉄道」の前に赤●が表示されたまま。
P20111108-P1130962
しかし、この画面には、赤●の消し方が見当たらない

・・・取り消しは予約リストから行ってください。」の表示を出しながら、予約リストからは取り消し方法がみつからない
BD-H30の本体は録画中のランプは点いていなく、動作中の音も聞こえないのに、「キーワード自動録画設定」画面は録画中の赤●表示。・・・ナニコレ珍百景ですよ。

・・・これは、ソフトウエアの大バクではないかと思いますが、メーカーに言わせれば「仕様と言って逃げることでしょうね。
これが新たな問題(不具合)の発覚です。


録画停止を指示してから約20分間経過しても「キーワード自動録画設定」画面の3の「鉄道」の前に赤●が表示されたままの上、リモコンでは動きがつかなくなったので、最後の手段のリセット
P20111108-P1130963


電源を入れて再起動。
P20111108-P1130964


何か異常音がしたなと思ったら、突然にBDドライブのトレーが飛び出してきて、テレビ台のガラス戸へ衝突。
P20111108-P1130965
以前にも同じようなことがありましたが、この症状は、ソフトウエアインターロックの不手際ですね。
しかし、何度も繰り返されたら、トレーが歪んで、動かなくなります


さて、いよいよ次は、大事故発生の場面です。


再立上げ後、「録画リスト(HDD)」画面で、途中で録画を中断した番組を確認しました。
中途半端ですが、録画は正常になされていました。
P20111108-P1130969
途中で録画を中止命令をかけても、途中までとはいえ、BD-H30は録画を真面目にしてくれるんだなと感心しきったのですが、


しかし、「録画リスト(BD:オリジナル)」画面で、インデックス番号2、3の2つのタイトルのダビング状態を確認したら、「アッと驚く、為五郎!
P20111108-P1130967


インデックス番号2、3の2つのタイトルのインデックスの中の画像が「黒色」と「灰色」の一色で、絵は有りません。
P20111108-P1130968
またしても、空き巣に見事にやられました!


このインデックス番号2、3の2つのタイトル再生しようにも再生は不可能
それでは、「編集」は出来ないものかと試みましたが「編集」のメニューからは全く何も受付けてくれませんでした

化けてしまって、映像のファイルではなくなったものは、さすがのBD-H30でもお手上げです

それにしても、時間を掛けて録画したタイトルを破壊するBD-H30。
何時まで放りぱなしておくつもりですかねえ?


本格的な不具合再現テストに入った途端に大事故発生
今回のテスト前には、BD-H30の傍にはデジカメを準備しておき、操作や、メッセージの表示の都度撮りました。どこやらの原子力発電所のヤラセのようなことはありません。
写真を撮るのも、このページへ写真を入れて編集するのも誠に手間が掛かること。
しかし、1日でも早くBD-H30の不具合が解消して、皆さんが安心して使用できるようにと頑張っています
なにしろ、不具合再現テストは手間が掛かりますので、短期間では出来ませんが、一つずつ進めていきたいと思います。

BD-H30不具合再現テストについて

ブルーレイディスクレコーダー BD-H30 の不具合発生状況を記録していますが、その中に、使用方法の誤りによるものが含まれないようにBD-H30の不具合再現テストを実施して、再確認しています。


続きは、次ページの
BD-H30の不具合再現テストの報告(2)
に書きますのでご覧下さい。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする

フォローする

トップへ戻る