NH1268(ANA1268)で那覇空港から岩国錦帯橋空港へ

那覇空港から岩国錦帯橋空港へ(2/2)

15時37分(離陸後39分) 九州へ入っていると思いますが、何処かの判断がつきません。


15時41分(離陸後43分)


15時47分(離陸後49分) 霧島を過ぎていますので、上の2枚の写真は九州の陸地が見えているのです。


15時51分(離陸後53分) 阿蘇山の噴煙。


15時55分(離陸後57分) 津久見市付近の上空


15時58分(離陸後60分) 佐田岬の先端が見えます。
佐田岬は、2001年8月14日、フェリーの始発と最終便を予約して、岩国→伊保田→松山→佐田岬→八幡浜→内子→松山→伊保田→岩国を日帰りで廻ったことがあります。

佐田岬(さだみさき) (Cape Sada) 四国の最西端
四国の最西端 佐田岬(さだみさき)を紹介。途中で、道の駅「ふたみ」で休憩し、伊方原子力発電所を見ながら走り、灯台がある最先端へ。 2001年8月14日、前日に突然思い立ち、周防大島松山フェリーのフェリーの始発と最終...

佐田岬の風力発電用風車


16時00分(離陸後62分) 佐田岬の半島を通過


16時01分(離陸後63分)佐田岬の半島を通過後。狭い海峡、豊後水道が見えました。
佐田岬の向こうには、高島、佐賀関が見えます。


16時04分(離陸後66分) 八島・・・50年前のことになりますが、柳井市の柳井港から20人くらいで漁船に乗って、魚釣りに行ったことがあります。人を乗せて運ぶ船ではないため、当局に見つからないように、船底に隠れて運んでもらいました。


岩国錦帯橋空港 那覇便の離陸時、着陸時の飛行ルート
2012年12月13日に開港した岩国錦帯橋空港は、2016年3月27日から、羽田便1往復2便と、那覇便1往復2便が増便されました。 しかし、那覇便については搭乗率が伸びなかったのか(正式の理由は判りません)、2016年10月2...

16時08分(離陸後70分)大島大橋。

皆さんもご存知のことと思いますが、

2018年10月22日午前0時過ぎ、ドイツの海運会社が所有する貨物船「エルナ・オルデンドルフ」が大島大橋の橋梁に衝突し、水道管と光ファイバーケーブルなどを切断する事故が発生しました。
切断された水道管は周防大島町への唯一の送水ルートであり、同日午前8時ごろからほぼ全域の約9050世帯で断水し、約1万4600人の生活が麻痺しました。


大島大橋が見えると米軍岩国基地の滑走路は真っ直ぐ進むだけ。

羽田からの帰りも、大島大橋が見えると、無事に帰ってきたことを実感します。

間もなく、米軍基地拡張のために崩された愛宕山の麓の我が家も見えますが、米軍岩国基地内へ入るため、撮影は休止。

岩国錦帯橋空港・・・2機が並びました

16時12分(離陸後74分) 米軍岩国基地の滑走路へ着陸。

着陸後、空母艦載機などの写真を撮りたい気持ちを押さえつけて横目で眺めていたら、岩国錦帯橋空港の敷地内には既に全日空機が駐機中。

16時16分 岩国錦帯橋空港のボーディングブリッジへ到着。


駐機していたのは、Airbus A320型。

整備員2名が主脚の所で何やら作業中でした。
故障したようです。

1月21日のNH632(ANA632)は運休になっていました・・・Flightradar24.com – Live flight tracker!のデータを借用

1月22日にFlightradar24.com – Live flight tracker!のサイトのデータで調べてみましたら、21日はNH632(ANA632)が運休(Canceled)と記録されていましたので、駐機していたA320はNH632(ANA632)用だったようです。

この記事はページ分割されていますので、次ページもご覧下さい。
タイトルとURLをコピーしました