元祖・田舎村の近況 (8) 2009年(目玉は本当に活き返ったのだろうか?)

2009年5月5日 米海兵隊岩国航空基地 Friendship Day 2009

米海兵隊岩国航空基地の轟音には毎日のように悩まされていますが、5月5日のFriendship Day 2009には、日米親善のために参加。

米海兵隊岩国航空基地 2009年・日米親善デー(FD2009)(1/7)会場の様子(1) 2009年5月5日
2009年の米軍岩国基地・日米親善デー・Friendship Day 2009の様子をお伝えします。7500枚以上準備したステーキは売切れ。食べた皆さんは、BSE、狂牛病は発症していませんか? 朝起きて、鏡を見て下さい。角が生えているかも...

今年は、面白いことに気が付きました。
日本への米国産牛肉の輸入は厳しい検査をしているし、日本国民も安心・安全のために厳しい目で見ていて輸入解禁の条件緩和は許していませんよね。

しかし、米海兵隊岩国航空基地は日本の領土内でありながら治外法権の米国の領土。米国本土からこの米海兵隊岩国航空基地への米国産牛肉の移動は日本への輸入ではなく、単なる米国領土内での運搬です。

と言うことは、日本では輸入禁止の危険部位も、米国領土である米海兵隊岩国航空基地内では関係なし。

毎年のことですが、羽振りの良い日本人の入場者を目当てに、今年は諸々の食べ物に含まれて、ステーキが7500枚以上も準備されたとのこと。

今年の5月5日のFriendship Day 2009の入場者は過去最高の27万5000人。7500枚のステーキを1人1枚食べたとして、入場者の2.7%の人が、日本の輸入のような厳しい検査を受けていない米国産の牛肉を「美味しい、美味しい」と言って食べたわけです。

今年の5月5日に米海兵隊岩国航空基地内でステーキを食べた方が、1人たりとも狂牛病にならなかったら、米国産牛肉輸入の無条件解禁に踏み切ってもよいのではないでしょうか?

2009年5月24日 岐阜県不破郡垂井町の視察

2006年10月14日に、航空自衛隊岐阜基地の航空祭に行ったついでに垂井の町を歩き、もう一度歩いてみたいが、再び歩くことはないだろうと思っていた垂井の町を、2009年5月24日、2年半ぶりに歩くことができました。

岐阜県不破郡垂井町(2) 街歩き (Tarui-cho Fuwa-gun Gifu)
元祖・田舎村 南宮大社、垂井の泉、中仙道、美濃路、追分などで有名な岐阜県不破郡の垂井(たるい)の街を紹介します。 上のパンフレットは、垂井駅で貰ってきたものです...

ちょうど新型インフルエンザで大騒ぎの真っ只中。24日の朝一番の新幹線で新岩国を出発し、広島→京都→米原で乗り換えて垂井へ。

垂井の町をブラブラ歩いた後は、そのまま帰るのはもったいないので、中部国際空港へ行って一泊し、翌日は旅客機の写真を撮って帰りました。

新型インフルエンザ対策としてマスクは多目に持参。列車の中、空港ターミナルビルの中では、大きなマスクで顔を隠していました。

「バカは風邪をひかない」との昔からの言い伝えどおり、新型インフルエンザには感染せずに活きています。

2009年5月25日 中部国際空港・セントレアの視察

自民党のおかげで、岩国市にも岩国国際空港が出来そうなので、参考のために中部国際空港・セントレアの視察に行ってきました。

中部空港(セントレア) (1-1/2) スカイデッキ (Chubu International Airport (Centrair))
元祖・田舎村 中部空港へ行く機会は無くなりましたが、岩国錦帯橋空港から羽田空港へ向かう全日空機から毎年のように空の上から眺めています。(2020/01/10追記) 中部空港...

岩国の米軍基地は、陸地から離れた海上を埋め立てて人工島にして、橋などは設けずに陸地から遮断すれば安心・安全が確保されるのですが。

その人工島の中に、日本人女性が働く歓楽街も作れば、岩国市の子供たちの教育面での環境も改善されるのですがねえ。私利私欲以外は蛻の殻の亡者、自民党系の岩国市会議員さん、短い人生ですから、一度くらいは市民のために汗を流してみませんか?

2009年5月31日 航空自衛隊防府北基地航空祭

2009年も航空自衛隊防府北基地の航空祭へ行きました。

他の基地の航空祭にも、逝くまでには行ってみたいと思っていますが、またまた年金が値下げ。旅費が賄えません。

航空自衛隊 防府北基地・2009年・航空祭(1/4)2009年5月31日
2009年5月31日は防府北基地航空祭へ行きました。 今年は高速道路の1000円効果で、防府北基地へ向かう車が多いのではないかと思って、少し早過ぎるとは思いながら、岩国を5時30分に出発しました。しかし、山陽自動車道はガラガラに空...

2009年6月7日 城山花菖蒲園と吉香花菖蒲園の花菖蒲

2009年の錦帯橋花菖蒲まつりは、6月13日、14日の2日間でした。

今年は6月7日に行きましたが、錦帯橋花菖蒲まつり以外の日のほうが混雑していないのでお勧めです。とは言っても、観光のお客さんの少ない岩国ですから、いつお越しになっても混雑はなく、大丈夫です。

花菖蒲・2009年・城山花菖蒲園・吉香花菖蒲園


吉香公園の花菖蒲(吉香花菖蒲園)・・・岩国市 2009/06/07

岩国市・城山花菖蒲園と吉香花菖蒲園の花菖蒲 2009 錦帯橋花菖蒲まつり(Iwakuni / Shiroyama Iris Garden / Kikko Iris Garden)
山口県岩国市の吉香公園、城山花菖蒲園と吉香花菖蒲園で開催された「錦帯橋花菖蒲まつり」の1週間前の花菖蒲の様子です。2009年の錦帯橋花菖蒲まつりは、6月13日、14日の2日間でした。今年は6月7日に行きましたが、錦帯橋花菖蒲まつり以外の日の

2009年6月19日 カブトムシの蛹を寄付しました

今年は、約100匹の蛹を、岩国の科学センターへ寄付しました。

詳しいことは、2009年・カブトムシ飼育日記(19)に書いてあります。

カブトムシの飼育(23) 人工蛹室・ペットボトル・糞掃除・コバエ・蛹室・前蛹
昆虫館の館長カブトムシの飼育(23):幼虫の冬眠明けの糞掃除、除去できないコバエ、観察用としてペットボトルへ引越しなど。114匹の幼虫が越冬して、2009年を迎えました。 今年は何匹が羽化してくれるでしょうか?2009年2月1日 幼虫は異常

2009年8月31日 倉敷美観地区・他を視察

MaxValuマックスバリュ南岩国店の無料招待バスツアーに当選し、倉敷・美観地区最上稲荷嫁いらず観音院などを廻ってきました。当選したのは我が家で1人。

私は付録のカメラマンとして、1人分の代金を政治献金+裏金から捻出して同行しました。

今回は視察ですが、議員族の血税を使った視察観光豪遊旅行とは違い、血税を納めた残りを使って行ってきました。

倉敷・美観地区(くらしきびかんちく) (Kurashiki-Aesthetic Area)
元祖・田舎村 岡山県倉敷の美観地区(びかんちく)の見所、倉敷アイビースクエアなどを紹介します。MaxValuマックスバリュ南岩国店+STEPトラベルツアーのなんとも胡散臭い無料招待バスツアーに参加しました。...
最上稲荷(さいじょういなり) (Saijo Inari)
元祖・田舎村 「千と千尋の神隠し」の雰囲気の建造物がある、岡山県の最上稲荷(さいじょういなり)を紹介します。 2009年8月31日は、MaxValuマックスバリュ南岩国店のなんとも...
嫁いらず観音院(よめいらずかんのんいん) (Yomeirazu kannon-in)
元祖・田舎村 岡山県の嫁いらず観音院(よめいらずかんのんいん)を紹介。十一面観音菩薩の御真言は「おんまか きゃろにきゃ そわか」です。 2009年8月31日は、MaxValuマック...

2009年9月 クロアゲハとモンキアゲハの羽化に成功

P20090908-P1010986-21 P20090820-P1120824-21
左の写真はクロアゲハの成虫。右の写真はモンキアゲハの幼虫

何年間かアゲハなどの幼虫を飼育して羽化させていますが、クロアゲハモンキアゲハの羽化は今年が初めて。

来年は飼育する種類を増やせないかと思って、今年は、クスノキ月桂樹山椒ユズデコポンの苗を新たに購入して鉢に植え付け済み。

アゲハなどの幼虫の飼育状況は、岩国市田舎村昆虫館へ。

【保存版】岩国市田舎村昆虫館 (Insect)
岩国市田舎村昆虫館は、カブトムシの幼虫、成虫の飼育や、アゲハ蝶の幼虫の飼育など、自分の目で見て確認したこと、自分で経験したことを写真に撮り、写真を多用した日記に書き残していますので、子供さんの夏休みの自由研究に役立つと思います。自分で撮った動画も記事の中に埋め込んでありますので、蝶の羽化など、神秘的な光景も見ることが出...


クロアゲハの羽化 (2009/09/08)
この動画は、別館YouTubeGARAKUTA Villageと連動しています。

2009年9月20日 今年のカブトムシの幼虫は65匹

P20091012-P10300421 P20091012-P10300431
左31匹。右31匹。それぞれ衣装ケースに入れて飼育中。

来年の羽化まで、責任持って飼育してくれる子供さんへは無料でプレゼント中。

但し、1人5匹までとし、親の許可がある場合のみ。期限は2009年11月末まで。
大人の希望者へは、1匹1000円で譲ります。

飼育方法は、岩国市田舎村昆虫館・・・カブトムシに書いています。

飼育に関する情報交換は、掲示板が設置してあります。

昆虫(12) カブトムシの幼虫・成虫飼育
岩国市田舎村昆虫館のカブトムシの幼虫・成虫飼育について田舎村昆虫館カブトムシの卵が孵化して、幼虫から成虫になるまで飼育、観察して、羽化したばかりの白い翅のカブトムシなど、多数の写真を使用した日記を公開しています。子供さんの夏休みの自由研究な

2009年10月4日 海上自衛隊岩国航空基地祭

極東最大の米国海軍岩国基地へ向けての工事が着々と進行して、来年には新滑走路が完成するとのことです。

新滑走路の次は、米国海軍の空母艦載機が岩国基地へ。

これと引き換えに、「負担軽減」なる訳のわからない言葉に誤魔化されて、EP-3、OP-3、UP-3Dは岩国から厚木へ引っ越します。

岩国で数多くのP-3を見ることが出来るのは何年か先までです。新滑走路へ移ったら写真も撮り難くなります。と言うことで、今年も基地祭へ出掛けてきました。

2009年・岩国航空基地祭(1)

海上自衛隊 2009年 岩国航空基地祭(1/4) 祝賀飛行-1 2009年10月4日
2009年の海上自衛隊岩国航空基地祭では、MH-53E、U-36A、US-2、US-1A、UP-3D、OP-3、EP-3と、小月基地のT-5が祝賀飛行。UP-3D 9161はエンジン1基を停止したエコ(ECO)飛行を披露しました。 ...

2009年・岩国航空基地祭(2)

海上自衛隊 2009年 岩国航空基地祭(3/4) 展示機 2009年10月4日
2009年の岩国航空基地祭では、US-2の3号機が展示してありました。南極向けのCH-101 8192は、岩国航空基地祭の後、その日のうちに飛び立っていきました。祝賀行事の様子は、動画でも紹介しています。 CH-101は南極へ行くため...

2009年10月11日 尾津大明神の神楽奉納

10月11日は、尾津大明神で神楽奉納がありました。
釜ケ原神楽団の熱演をご覧下さい。

釜ケ原神楽団の神楽(岩国市尾津大明神)(1)

釜ケ原神楽団 神降しの舞・神迎への舞・塵倫・恵比寿 岩国市尾津大明神(1/2)
釜ケ原神楽団の神楽、神降しの舞、神迎への舞、塵倫、恵比寿 を写真で紹介します。(岩国市尾津大明神)釜ケ原神楽団の神楽(かぐら / Kagura)2009年10月11日  岩国市尾津大明神岩国市 尾津大明神で行われた釜ケ原神楽団の神楽は、2ペ

釜ケ原神楽団の神楽(岩国市尾津大明神)(2)

釜ケ原神楽団 姫取り・大江山・八岐の大蛇 岩国市尾津大明神(2/2)
釜ケ原神楽団の神楽、姫取り、大江山、八岐の大蛇 を写真で紹介します。(岩国市尾津大明神)釜ケ原神楽団の神楽(かぐら / Kagura)2009年10月11日  岩国市尾津大明神2009年10月11日は、13時から16時50分まで、神社の舞台

2009年11月20日~11月21日 ミツカンお鍋の旅

この狸の腹は、あなたの腹と、どちらが大きいですか?

この狸の値段は、なんと、55万円ですぞ!

㈱ミツカン・㈱フジ共同企画、「ミツカンお鍋の旅 今年は和牛! 紅葉燃ゆる御在所岳と伊勢神宮参拝2日間の旅」の優待旅行に当選し、2009年11月20日~21日に参加しました。

コースは、岩国→信楽(昼食)→御在所岳二見浦・夫婦岩鳥羽(宿泊)→伊勢神宮・内宮おかげ横丁香落渓(かおちだに)→岩国。

20日は3時に起きて支度をして出発。21日は22時に帰宅。まだまだ強行軍には耐えられました。

信楽(しがらき) (Shigaraki)
元祖・田舎村 信楽(しがらき)を紹介します。 ㈱ミツカン・㈱フジ共同企画、「ミツカンお鍋の旅 今年は和牛! 紅葉燃ゆる御在所岳と伊勢神宮参拝2日間の旅」の優待旅行に当選し、2009...
二見浦(ふたみがうら) (Futamigaura)・ 夫婦岩(めおといわ) (Meotoiwa)
元祖・田舎村 二見浦・夫婦岩(ふたみがうら・めおといわ)を紹介します。 ㈱ミツカン・㈱フジ共同企画、「ミツカンお鍋の旅 今年は和牛! 紅葉燃ゆる御在所岳と伊勢神宮参拝2日間の旅」の...
伊勢神宮(いせじんぐう)・内宮(ないぐう) (Ise shrine)
元祖・田舎村 伊勢神宮(いせじんぐう)、内宮、五十鈴川、宇治橋を紹介します。 ㈱ミツカン・㈱フジ共同企画、「ミツカンお鍋の旅 今年は和牛! 紅葉燃ゆる御在所岳と伊勢神宮参拝2日...
おかげ横丁(おかげよこちょう) (Okage Yokocho)
  元祖・田舎村 おかげ横丁(おかげよこちょう)を紹介します。 毎度お馴染みのバッちゃんです。 左の写真は、今回(2009年11月21日)、 右の写真は、前回(2002年6月)撮ったものです。 ...
香落渓(かおちだに) (Kaochidani)
元祖・田舎村 香落渓(かおちだに)を紹介します。 ㈱ミツカン・㈱フジ共同企画、「ミツカンお鍋の旅 今年は和牛! 紅葉燃ゆる御在所岳と伊勢神宮参拝2日間の旅」の優待旅行に当選し、20...

2009年12月31日 カブトムシの幼虫の旅支度

2010年の正月は関東地方で過ごすことにしましたので、カブトムシの幼虫を5匹ほど、新横浜まで新幹線に乗せて行くことにしました。明日(1月1日)ののぞみ2号で豪華な旅をさせます。

2リットルのペットボトルの上の方をカッターナイフで切り取って、新品のマットを約2リットル入れて、各々のペットボトルに1匹ずつ、計5本のペットボトルに入れて運ぶことにします。

マット、ゼリーなどと共に、大きなダンボールに入れますので、新幹線で不審物として中を点検されなければよいのですが・・・新幹線の中で幼虫が這い出したら、皆がビックリすると思います。

カブトムシの飼育(28)(特別版1-3) 糞掃除・衣装ケース・マット・土フルイ・ペットボトル
昆虫館の館長カブトムシの飼育(28):11月終わりに、越冬前の最後の糞掃除を実施。2009年9月20日 衣装ケースの糞掃除 + 幼虫の数の確認衣装ケースを倒しました。出てくる、出てくる。マットの上のほうに居たのがゴロゴロと出てきました。..

コメント