東北12の旅情とごちそう三昧4日間(1~4日目)バスの車窓からの眺め・他

東北12の旅情とごちそう三昧4日間(1~4日目)バスの車窓からの眺め・他

東北12の旅情とごちそう三昧4日間(1~4日目)バスの車窓からの眺め・他

今回の旅行は、バスでの走行距離が約1600kmであり、今年は気象の関係で東北地方の紅葉も遅れているとのことで、バスの中では窓のカーテンも閉めずに景色を眺めていました。

ガイドさんの説明を聞きながら、アレッと思った時にはシャッターを押して写真を撮りましたので、バスの動きによるブレが無い写真を選び出してお目に掛けます。

2019年11月10日【1日目】羽田空港から裏磐梯・猫魔温泉「裏磐梯レイクリゾート」まで

11月10日は、天皇・皇后両陛下の祝賀御列の儀(祝賀パレード)が行われる日。
まだ、都心の道路は空いているだろうとのことで、東京タワーに見送られて東北地方へ向かいました。

羽田空港~佐野SA

東京タワーを見ながら、東北自動車道へ向かっています。

佐野SA

那須高原SA

イチョウの色付きは今一つでした。関東地方ですから、まだまだですね。

那須高原SA~大内宿

那須高原SAから白河ICで東北自動車道を降り、大内宿までは国道289号線を走りました。



「赤・黄・青」が縦に並んだ、雪が多い地方の信号機が見えるようになりました。(積雪の重みを少しでも軽減するためですよね。)


少しずつ紅葉が目立つようになってきました。


右側には鉄道の線路。会津鉄道です。
湯野上温泉駅を発車した電車とすれ違いました。

発車した電車のあとには、全国唯一と思われる茅葺屋根の駅舎、湯野上温泉駅
バスの運転手さんの計らいで、ゆっくりと走ってもらえ、綺麗に撮れました。


大内宿

大内宿 (Ouchijuku)(福島県南会津郡下郷町)
阪急交通社の【岩国錦帯橋空港発着】『東北12の旅情と絶品「米沢牛」「牡蠣」「生まぐろ」ごちそう三昧4日間』の1日目、最初の観光地は福島県南会津郡下郷町の大内宿でした。 そういえば、旅行から帰った翌週、NHKテレビの番組...

大内宿~毘沙門沼

大内宿を出発して、磐越自動車の会津若松ICへ向かいました。


除雪車の準備はOKです。


リンゴの木は、あちらこちらで見掛けました。


磐梯山を見ながら、1泊目のホテルがある裏磐梯を目指しています。


磐越自動車の猪苗代ICで降りて、猪苗代湖の近くを通り(バスと猪苗代湖の間は家の屋根が見えるばかりで、猪苗代湖らしき湖面がチラッと見えただけでした)、磐梯山がクッキリと見えてきました。


バスは裏磐梯へ。
赤い実が綺麗なナナカマドの木です。・・・ここも運転手さんの計らいで「ゆっくり」走ってもらえました。

毘沙門沼

毘沙門沼(Bishamon-numa)(五色沼湖沼群)(福島県耶麻郡北塩原村)
阪急交通社の【岩国錦帯橋空港発着】『東北12の旅情と絶品「米沢牛」「牡蠣」「生まぐろ」ごちそう三昧4日間』の2番目の観光地は、1泊目のホテルの「裏磐梯レイクリゾート」から近い福島県耶麻郡北塩原村の毘沙門沼(五色沼湖沼群)でした。 ...

裏磐梯・猫魔温泉「裏磐梯レイクリゾート」

裏磐梯・猫魔温泉「裏磐梯レイクリゾート」(福島県耶麻郡北塩原村)
阪急交通社の【岩国錦帯橋空港発着】『東北12の旅情と絶品「米沢牛」「牡蠣」「生まぐろ」ごちそう三昧4日間』の1泊目のホテルは裏磐梯・猫魔温泉「裏磐梯レイクリゾート」でした。 「裏磐梯レイクリゾート」の紹介では「五色沼へは徒歩3...
●この記事はページ分割されていますので、次ページもご覧下さい

コメント

タイトルとURLをコピーしました