菅首相・菅政権の新型コロナ対策(逃げっぷり)の記録【8】2021/06/02~0/

●このページは、前ページからの続きです

危機感、責任感、迅速性がなく姑息な菅首相の新型コロナ対策の記録(31)

元祖・田舎村
元祖・田舎村

暇に任せた思い付きを私のTwitterにアップし、その都度、ここに記録しています。

●私のTwitterは → https://twitter.com/ganso_inakamura

なお、Twitterの投稿は長期間の保存が不可能なため、私は下記のサイトへ保存しています。

●twilog → https://twilog.org/ganso_inakamura

2021/06/02 東京都の自然破壊・切った木は生き返らない

【東京都の自然破壊・切った木は生き返らない】人の流れが増え、新型コロナの感染拡大などが懸念されていた五輪の代々木公園のライブサイト会場中止へ。東京都がやっとの思いで見つけた理由は「ワクチンの接種会場」。これまでに掛かった費用は誰が払うのか?

2021/06/03 国民の認識と正反対の自民党

【国民の認識と正反対の自民党】1億5千万円は棚上げ! 自民党の二階俊博幹事長は6月1日の記者会見で、「政治とカネ、ずいぶんきれいになっている」と強調。「マスコミも一般国民の皆さんも評価していただいてしかるべきだと思う」。自民党政権は終わりにしよう。

2021/06/04 菅首相の迷言「国民のために働く内閣」

【菅首相の迷言「国民のために働く内閣」】すみません。原稿にフリガナが付いてないので読み間違えました。正しくは「自分たちだけのために働く内閣」、すなわち「政治献金、裏献金、闇献金、賄賂のためなら何でもやる内閣」に訂正します。

2021/06/04 テープレコーダーで事足りる岸防衛相

【テープレコーダーで事足りる岸防衛相】恥ずかしい恥ずかしい誠に恥ずかしい。沖縄の米軍ヘリ不時着で、国会での答弁は紙に書かれた内容を必死で読むだけ。これなら、時が読める子供でも事足りる。中国からバカにされても反論すら出来ない防衛相は日本には不要。

2021/06/05 厚労省配布の2ml注射器の疑惑

【厚労省配布の2ml注射器の疑惑】ワクチン「0.3ml」の接種に対して2mlの注射器を配布した厚労省。厚労省の見解を読むと、 0.3ml x 6人分 = 1.8ml であるから 2ml の注射器なら1回で6人分を吸入できると計算したとしか思えない。6人が1本の注射器を使いまわすつもりか?

2021/06/06 菅首相の「安全安心な大会」とは?

【菅首相の「安全安心な大会」とは?】東京五輪・パラリンピックについて「国民の命と健康を守り安全安心な大会が実現できるように全力を尽くす」と語った菅首相。菅首相が描いている「安全安心」の定義と、「安全安心な大会」の具体的な姿を聞いてみたい。

2021/06/07 中身のない「安全安心」と「しっかり」

【中身のない「安全安心」と「しっかり」】東京五輪の開催について菅首相の言葉「安全安心の対策をしっかり~~」は何回か聞いたが、「安全安心」と「しっかり」の具体的な中身が全く無い。誰も原稿を書いてくれないのかもしれないが、日本のトップとしては恥ずかしい。

2021/06/08 鳴かぬなら ※ろしてしまえ ホトトギス

【鳴かぬなら ※ろしてしまえ ホトトギス】日本の舵取りをしなければならない菅首相。司令塔として必要な時は口を閉じてダンマリ。信長なら「※=殺」と激怒するが、今は、アカウント抹消されないように「※=降」で我慢。何時までも「鳴くまで待とう」では堪忍袋の紐が切れる。

2021/06/09 「病床使用率」の定義変更は五輪開催対策のためか?

【「病床使用率」の定義変更は五輪開催対策のためか?】国は、6月から新型コロナの「病床使用率」の定義を変更した。これにより「ステージ4」だったのが「ステージ2」になるなど、菅首相の五輪開催が軌道に乗った。しかし国民は「安全・安心」から「危険・不安」へ。

2021/06/10 菅首相の迷言「国民の命と健康を守る」

【菅首相の迷言「国民の命と健康を守る」】五輪開催が菅内閣支持率アップの一つの目玉である菅首相は、6月7日、「五輪の開催は国民の命と健康を守ることが前提」と明言。抽象的な「国民の命と健康を守る」は、なんと17回も間違えずに読んで答弁した。情けない限りである。

●この記事はページ分割されていますので、次ページもご覧下さい

コメント