高い搭乗率の岩国錦帯橋空港 一部の便で機材を大型化(B767-300)

P20140704-IMG_1002-62

高い搭乗率の岩国錦帯橋空港 一部の便で機材を大型化(B767-300)

岩国錦帯橋空港
岩国錦帯橋空港

岩国錦帯橋空港(岩国空港)は、開港からほぼ1年の2013年11月末までの平均搭乗率は73%。
2014年3月からは、一部の便ですが、従来のB737、A320に代えて、B767-300が運航されています。


2012年12月に開港しした岩国錦帯橋空港ですが、JR岩国駅からバスで10分、岩国の市街地にあると言っても過言ではないと思います。

私どもも横浜方面へ出掛ける時に利用していますが、我が家から車で10分ですから、便利この上ないといったところです。

岩国錦帯橋空港が開港するまでは、新幹線の新岩国駅まで車で30分。冬は道路の凍結などの心配もあり、早めに出掛けていましたが、今は楽になりました。

2013年12月13日の新聞によると、
開港から2013年11月末までの約1年間の平均搭乗率は 73.1% とのこと。

開港するまでは、搭乗率低迷のために、市民税を使っての赤字補てん減便の話が出てくるのかなと思ったのですが、十分賄っていけそうですね。

岩国錦帯橋空港の利用者が増えれば増便してもらいたいものですが、なにしろ米軍岩国基地の滑走路を使用する上、空中給油機空母艦載機が移駐してきて、極東最大の米軍基地になりますので、増便は無理でしょう。

増便が無理となれば機材の大型化です。

米軍岩国基地の滑走路ですが、旧滑走路の時はB747ジャンボ機や米軍の超大型機C5Aギャラクシーが離着陸していましたので、新滑走路は、これ以上の能力はある筈です。

B747ジャンボ機は日本の航空会社からは姿を消したので無理として、今後、B767B777B787などの大型機の投入を期待しましょう。

ところで、開港当初から運行していたB737A320に加えて、2014年3月から、座席数が約100席多いB767-300が投入され、一部の便で運航しています。

開港から2013年11月末までの約1年間の平均搭乗率は73%

P20141207-P1070354-2

羽田→NH633→岩国→NH1267→那覇→NH1268→岩国→NH638→羽田 の飛行ルート
岩国錦帯橋空港 【緊急のお知らせ】全日空(ANA)の岩国錦帯橋空港~那覇空港便は、2016年3月27日に運行が開始されましたが、2016年10月末のダイヤ改正で2016年10月29日から運休していました。 ...
岩国錦帯橋空港~那覇便の運行状況
岩国錦帯橋空港 【緊急のお知らせ】全日空(ANA)の岩国錦帯橋空港~那覇空港便は、2016年3月27日に運行が開始されましたが、2016年10月末のダイヤ改正で2016年10月29日から運休していました。 ...

一部の便で機材を大型化 ・・・ B767-300

P20140506-P1050186
P20140503-P1040851


岩国錦帯橋空港へ着陸する全日空(ANA) 633便
B767-300

2014年7月4日
P20140704-IMG_1000-2

お知らせ

【参考】

岩国錦帯橋空港 2012年12月13日開港!
岩国錦帯橋空港(岩国空港) 2012年12月13日開港! 岩国錦帯橋空港(岩国空港)が2012年12月13日に開港! 米軍が日本の民間機を管制する唯一の空港。 羽田空港との間を、全日空(ANA)で1日4便が運航されます。 ...
岩国錦帯橋空港のターミナルビルは、米軍岩国基地内ではありません
岩国錦帯橋空港 岩国錦帯橋空港は米軍岩国基地内にあると勘違いされていて、米軍岩国基地の正門へ行かれる方があるようです。 岩国錦帯橋空港のターミナルビルの場所は、米軍岩国基地内ではありません・・・お間違...
岩国錦帯橋空港(岩国空港) 離陸時と着陸時の飛行経路
岩国錦帯橋空港 岩国錦帯橋空港(岩国空港)が2012年12月13日に開港しました! 開港して半月余りの2013年1月1日と、4日に羽田空港との間を往復しました。 岩国錦帯橋空港(...
岩国錦帯橋空港(岩国空港)→羽田空港の間の飛行経路(NH632便)
岩国錦帯橋空港 岩国錦帯橋空港(岩国空港)は、米軍が日本の民間機を管制する唯一の空港で、羽田空港との間を1日4便、全日空(ANA)により運航されています。 本サイトでは、2006年...
岩国錦帯橋空港(岩国空港)は、MV-22 オスプレイ Osprey を見ることが出来る場合があります
岩国錦帯橋空港を離陸するANA636便・・・MV-22 オスプレイ Ospreyと睨みあっています。 岩国錦帯橋空港 2012年12月13日に開港した岩国錦帯橋空港(岩国空港)は米軍岩国基地の...