錦川鉄道・錦川清流線 (5/12) 新型車両「ひだまり号」・「こもれび号」の2両連結 / 新型車両運行記念で1回5円で乗車


きらら夢トンネル

とことこトレインの駅からきらら夢トンネルの方を見たら、トンネルの入口は開いており、係員の方が立っておられて、皆さんは入場されています。
P20080223-P1020200
P20080223-P1020199

予定より1時間も早く、9時30分頃から入場させられたんですね。

早速、きらら夢トンネルに入りました。

しかし、きらら夢トンネルに入れることを知っていたら、もう1台のカメラを持ってきたのですが、何しろオモチャのようなカメラですから、綺麗には撮れていません。

なお、2003年12月12日に、きらら夢トンネルを歩いて見学できるツアー、錦川清流線で行く日帰り旅行きらら夢トンネル散策とラド※温泉癒しの旅に参加して、少しは綺麗な写真を撮ってきています。

夢の世界・きらら夢トンネルのページをご覧下さい。

きらら夢トンネル(錦川鉄道)(1) (Kirara dream tunnel)
錦川鉄道 錦川清流線の錦町駅の傍にある「きらら夢トンネル」の内部を紹介。 「きらら夢トンネル」は旧国鉄の岩日線の工事途中のトンネルを利用したものです。素晴らしいの一言で絶句した、きらら夢トンネルです。JRが国鉄時代に工事を進めていた、山口県

P20080223-P1020138
P20080223-P1020139
P20080223-P1020148
P20080223-P1020150
P20080223-P1020155
P20080223-P1020157

何とか光っているように見える写真だけをご覧頂きますが、きらら夢トンネルの素晴らしさは、上海の1000万ドルの夜景と同様に、実際に自分の目で見なければ感じ取れません。

皆さん、岩国は錦帯橋と米軍基地だけの街ではありません。

岩国駅から錦川清流線を利用して、ぜひきらら夢トンネルへお越し下さい。

この記事はページ分割されていますので、次ページもご覧下さい。

コメント