野鳥の楽園(7)米軍岩国基地周辺

シェアする

暇を持て余すとき時は、カメラを持って、米海兵隊岩国航空基地周辺へ素人写真を撮りに行っています。
軍用機は民間機と違って毎日の定時運行はなく、飛ばない時は何時間も待つことになりますが、そこは神様も良く考えられていて、色々な鳥が近くに来て楽しませてくれます。
飛行機の待ち時間に撮った写真を捨てる訳にもいかず、ここに集めることにしました。
なお、鳥よりは飛行機の方が好きだ、とおっしゃる方は、航空機メニューが別途用意してありますので、素人写真ですが、機種名当てなどをしてお楽しみ下さい。

撮影場所
岩国基地南側 岩国基地北側 東洋紡東側 東洋紡東の海岸 尾津の蓮田一帯
上の地図の赤色十字マークの周辺です

スポンサーリンク

2006年11月2日 鷺が真似する空母艦載機離着陸訓練

撮影場所  関連資料 米軍岩国基地・2006年11月

良識ある岩国市民の皆様に、緊急のお知らせです。
突然ではありますが、本日の午後、空母艦載機離着陸訓練を実施します。
本来ならば夜間に行いたいのですが、日本国政府が岩国へ甘い飴(補助金)を出さないとのことなので、我々も少しは遠慮しているような格好だけはさせてもらって、昼間に実施することにしました。
今回の空母艦載機離着陸訓練は、原子力空母も入港していますので、原子力空母を使った訓練を皆様へご披露するとともに轟音がなくなることも証明するために公開訓練とします。
見学ご希望の方は、大至急、会場、いや、海上までお越し下さい。

ワーーーッ!凄い! 岩国市民がいっぱい! 警備も大変ですぞ。
しかし何か雰囲気が悪いなあ・・・・
なんじゃらほい。今日の観客は、基地拡張推進軍国主義派、轟音大好き派、甘い飴大好き蟻派、裏金大好き派ばかりではありませんか。
まあ、しかたないので訓練だけは開始することにしましょう。

[陰の声]
上の写真ですが、戦争に負けた立ち上がれない日本人の周りを占領した米兵が銃を構えて監視しているような光景に見えますよ。

やっと甲板へ出してくれました。
たたんでいた翼を拡げましょう。
オットトット! 間違えてイナバウアーをやるところでした。

さあ、いくぞ!
最初の飛行は、美しき日本に負けず美しく。

第1回目のタッチ。
ワーーーッ!艦上にもう1機!

タッチの差で交わしました。

衝突の大惨事は免れたんですが、チョッと油断したら右翼が着地。

あーーー恥ずかし。操縦未熟。
私、顔を隠して逃走します。
あれ、顔が隠れてない!

それでは気を引き締めてもう一度。
あれれ? 足を掴んで放さないのは誰?
猿猴(えんこう)?(援交ではありません)

やっと放してくれたが・・・
何が掴んでいたのか?

思ったとおり猿猴(えんこう)でした。
離着陸訓練を邪魔するやつは、海の藻屑となって消えろ!
ポイッ!

「2度あることは3度ある」の言葉は信じないで3回目の挑戦。
何度も失敗すると空母艦載機フアンに嫌われますので、褌の紐を締めなおして飛び立ちました。



ご覧下さい。ご安心下さい。
水掻きを付け忘れたのでオーバーラン気味ですが、なんとか空母の甲板に着陸できそうです。

この記事はページ分割されていますので、続きは下記のページをご覧下さい。
野鳥の楽園(7)米軍岩国基地周辺
暇を持て余すとき時は、カメラを持って、米海兵隊岩国航空基地周辺へ素人写真を撮りに行っています。 軍用機は民間機と違って毎日の定時運...
スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする

フォローする

トップへ戻る