ブルーレイディスクレコーダー Sharp BD-H30 の不具合との闘い(13)

シェアする

本サイトの情報を探して閲覧される皆さんの「検索キーワード」を分析しますと、まだまだ BD-H30 を使用しておられる方が多く、不具合に困っておられるようなので、下記の情報を保存しておきます。(2016/02/07)

Sharp BD-H30、BD-H50 ブルーレイレコーダをお使いの皆様へ(2016年2月8日)
Sharp BD-H30、BD-H50 ブルーレイレコーダをお使いの皆様へ。Sharp BD-H30 BD-H50 は、まだまだ使用出来ます。
Sharp BD-H30、BD-H50 ブルーレイレコーダの最終バージョンを確認して下さい(2016年2月25日)(2017/02/20一部改訂)
Sharp BD-H30、BD-H50 ブルーレイレコーダで異常ではないかと思われる現象が現れた場合は、Sharpのサイトで「最終バージョン」を確認して下さい。バージョンアップで治ることがあります。
Sharp BD-H30、BD-H50 ブルーレイレコーダのバージョンアップの設定方法(2016年2月26日)
Sharp BD-H30、BD-H50 ブルーレイレコーダは、バージョンアップすればまだまだ使用可能です。最終バージョンを確認し、バージョンアップをしてみて下さい。

BD-H30を使用中の方へお知らせ 2014年10月28日

不具合でお困りの方は、ソフトウエアのバージョンアップを実施して下さい

このページは、2012年4月26日に賞味期限が切れましたが、その後、BD-H30の使用を続けておられる方から「不具合がほぼ解消された」との情報を得ていますのでお知らせします。

a_btn065?BD-H30を使用されておられて、不具合でお困りの方へ。
このカテゴリーの中のページに数多くの不具合事例が掲載されていますので、参考にされたうえ、ソフトウエアのバージョンアップを実施してみて下さい。
多分、通常の使用範囲においての不具合は無くなると思います。

スポンサーリンク

2011年11月30日

今日の午後、Sエンジニアリング㈱から電話がありました。
内容は、

のページに掲載されているバージョン「H11110270」は、「新しく発売されたブルーレイディスクソフトの拡張機能に対応」だけでなく、本サイトで問題として取り上げた不具合の一部も対策されているとのことです。

せっかく、不具合対策をしたのなら、内緒でやらないで、「従来からの不具合も一部対策済」とでも記載しておいてもらえれば、不具合で困っておられる他のユーザーの方にも親切だと思います。
私も、今から、バージョンアップをしてみます。

2011年11月30日(2) H11110270へバージョンアップしました

先ほどの、Sエンジニアリング㈱からの電話連絡により、H11110270へバージョンアップしました。
私のBD-H30は、このたびの不具合騒動以降、ソフトウエアの自動ダウンロードは切ってあります。
切ってあるのは、今のように不安定なBD-H30では、バージョンアップはされたものの、新たなトラブルが隠れていないかと恐れているためです。(パソコンのWindows Updateのように、Windowsが動かなくなるようなことになったら困りますので。)
BD-H30の不具合対策が終わって、安定して働くようになったらソフトウエアの自動ダウンロードをONにしますが、それまでは、新バージョン発表から数日間後に、手動でバージョンアップを行います。

それでは、ソフトウエアの自動ダウンロードをONにされていない方への参考として、H11107081からH11110270へバージョンアップの様子を掲載しておきます。


バージョンアップ前のH11107081です。
P20111130-P1140487

ソフトウエアの更新を開始。
P20111130-P1140488

バージョン番号を確認してダウンロード開始。
P20111130-P1140489

ダウンロード中。
P20111130-P1140490
P20111130-P1140492

ダウンロードが終わり、アップデート処理中。
P20111130-P1140493

アップデート完了。
P20111130-P1140494

H11110270へバージョンアップされたことを確認。
P20111130-P1140495

2011年12月8日 新たな不具合が勃発
BD-H30の致命的な不具合発生の前兆か?

今朝は、今までに経験したことがない初めての不具合に出会いました。
11月30日に、H11110270バージョンアップした後に、新たに現れたと考えられる不具合ですから、不具合対策の一部が含まれていると連絡のあったH11110270の不具合対策の中に、新たに生まれて、潜んでしまった不具合ではないかと疑っています。

不具合の状況は、下記の通りです。

ほぼ毎朝の日課になった録画の点検のためにBD-H30を起動しようと思って、リモコンの「電源」ボタンを押したら、
BD-H30本体の「BD」の白色のランプ表示が点滅
この「BD」の白色のランプ表示が点滅何時まで待っても止まりません
P20111208-P1140524
撮影日時 2011/12/08  07:23

リモコンの「電源」ボタンを押す前は、BD-H30の本体には、白色の「HDD」のランプ表示がされていましたが、起動しただけで不具合が発生するとは思っていなかったので、事前の写真は撮っていません。

「BD」のランプ表示が点滅が、何時まで待っても止まらないので、何事かと思ってテレビの画面を見たら、画面の左上に、下の写真のようなマーク
このマークも何時まで待っても消えません
P20111208-P1140523
撮影日時 2011/12/08  07:23

このマークは、時々見かけるのですが、何のマークでしょうか?
ダビングの時に現れるとは限らないし・・・

「電源」ボタンを押しただけで、録画はしていないし・・・ダビングもしていないし・・・
何がなんだか判らない状況です。

「電源」ボタンを押しただけで、このような状況になるのは、BD-H30の致命的な不具合発生の前兆のような気がします。


参考までに。
以下は、メーカーのBD-H30開発部門の不具合対策担当者へ
上記の説明と写真に合わせて、時系列的にチェックしてもらえば、プロならば、不具合原因は簡単に判ると思います。

上の2枚の写真には、撮影日時を記載しています。
その理由は、メーカーのBD-H30開発部門の不具合対策担当者へ、不具合状況を理解してもらうためです。

次に、その後で調査したことを、写真で挿入しておきますので参考にして下さい。

「受信機レポート」を見ましたが、本日=12月8日は何も記録はされていません。
P20111208-P1140525
撮影日時 2011/12/08  07:31

リモコンの「電源」ボタンを押す前の時間の録画予約、「06:40~07:00の番組」は問題なく録画されていました。
なお、本日=12月8日の、この番組の次の録画予約は、12:00~の番組ですから、「電源」ボタンを押した時には、録画は行われていませんでした。
P20111208-P1140526
撮影日時 2011/12/08  07:32


とにかく、この状況から脱出しようと思って、リモコンのボタンを押しましたが、「電源」ボタンを始め、全てのボタンを受付けません。

これは、BD-H30の得意技、「フリーズ」です。
これまで無かった新たな、「フリーズ


素人の私の推測ですが・・・・・徹底的なテストをせずにH11110270を世の中に発表したのではないでしょうかね?????

この不具合から考えると、H11110270では、場当たり的その場しのぎ手抜き対策しかされていないように感じます。

BD-H30をお使いの皆さん、H11110270バージョンアップしたからといっても、安心しないほうが得策です。

この記事はページ分割されていますので、続きは下記のページをご覧下さい。
ブルーレイディスクレコーダー Sharp BD-H30 の不具合との闘い(13)
本サイトの情報を探して閲覧される皆さんの「検索キーワード」を分析しますと、まだまだ BD-H30 を使用しておられる方が多く、不具合に困って...
スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする

フォローする

トップへ戻る