菅首相・菅政権の新型コロナ対策(逃げっぷり)の記録【6】2021/03/15~04/27

●このページは、前ページからの続きです

危機感、責任感、迅速性がなく姑息な菅首相の新型コロナ対策の記録(24)

元祖・田舎村
元祖・田舎村

暇に任せた思い付きを私のTwitterにアップし、その都度、ここに記録しています。

●私のTwitterは → https://twitter.com/ganso_inakamura

なお、Twitterの投稿は長期間の保存が不可能なため、私は下記のサイトへ保存しています。

●twilog → https://twilog.org/ganso_inakamura

2021/04/09 本気度のない菅首相のためにムダが積み上がる

【本気度のない菅首相のためにムダが積み上がる】東京五輪で警備にあたる警察官用の宿舎が、新型コロナの軽症者を受け入れるために改修されたあと、一度も利用されないまま元の状態に戻される。改修の費用は総額で約40億円。司令塔であるべき菅首相が本気でないため、ムダが山積み。

2021/04/10 出てくる出てくる池の鯉

【出てくる出てくる池の鯉】これでは感染拡大は当然のこと! 東京 新宿区の国立感染症研究所の職員などが、緊急事態宣言中の3月中旬に21人で会食。会場ではアルコールも提供。厚労省は「感染対策上、問題はなかった」として処分は行わない。国民は何を模範とすべきなのか?

2021/04/11 乱れ切った公務員の実態

【乱れ切った公務員の実態】愛媛県庁の職員約30人が先月下旬、送別会。愛媛県知事は自らの給与を1か月分全額返上。また、先月23日以降、20名以上が参加する愛媛県庁の送別会が16件、最も多いものでは23日に行われた送別会で45人が参加。感染爆発は無理もないこと。

2021/04/12 「自宅療養」とは「医療崩壊」の隠れ語

【「自宅療養」とは「医療崩壊」の隠れ語】緊急事態宣言解除後に猛烈な感染拡大。病床はひっ迫。医療機関の負担軽減のために自宅療養を容認しなければならない自治体。政府は「医療崩壊」を認めれば責任が回ってくるため、言葉で誤魔化して責任を転嫁。

2021/04/13 国民は菅首相の頭脳が理解できない

【国民は菅首相の頭脳が理解できない】大阪府の感染爆発については、緊急事態宣言の時より状況が悪化しているにも関わらず「緊急事態宣言」より軽い「まん延防止等重点措置」で押し通す菅首相。危機意識を持ち合わせていない菅首相の頭の中は空っぽではないのだろうか?

2021/04/14 全く意味不明の「まん延防止等重点措置」

【全く意味不明の「まん延防止等重点措置」】「まん延防止等重点措置」が発出された大阪府は13日に1000人超の感染者を確認。菅首相は「緊急事態宣言」を再発出すれば責任を取らなければならないし・・・八方塞がりの菅首相は訪米で逃げる道しか無くなった。

2021/04/15 「しらけ鳥」が飛び回る菅政権と二階自民党

【「しらけ鳥」が飛び回る菅政権と二階自民党】覇気のない菅首相の原稿朗読答弁を聞いていると、菅首相の周りには、「しらけ鳥」が飛び回っている。二階自民党幹事長の周りは、裏金目当ての自民党議員の「しらけ鳥」が盾になって取り巻いている。

2021/04/16 厚労省も感染拡大の震源地

【厚労省も感染拡大の震源地】前厚労相はなめられたもの。厚労省の職員20人余りが送別会を開き、少なくとも15人が新型コロナに感染。他にも職員23人が都内の飲食店で開かれた送別会に参加し、都が営業時間の短縮を要請する中、一部の職員は深夜まで残っていた。

2021/04/17 厚労省も業者と完全癒着

【厚労省も業者と完全癒着】接触確認アプリ「COCOA」不具合。厚労省は、アプリ開発が本業ではないので開発の専門知識は不要。必要なのは「働くか否かの動作確認」のヤル気だけで、テストと言うほどではない。問題は不良品に税金を投入したことにある。

2021/04/18 尾身会長 vs 菅首相

【尾身会長 vs 菅首相】分科会の尾身会長は14日、現状について「『第4波』と言って差し支えない」と明言。菅首相は同じ日の答弁で「現時点で全国的な大きなうねりとまではなっていない」と述べて食い違い。各地では感染は爆発的に増加。さあ、どうする!菅首相!

●この記事はページ分割されていますので、次ページもご覧下さい

コメント