スキポール空港~関西空港 KLMオランダ航空 KL867(KLM867) 搭乗記

2015年1月から、KLMオランダ航空 KL867(KLM867)  KL868(KLM868)の飛行コースを調べていて、KL867(KLM867)は3つのルートがあることが分かりました。 下記のページで紹介していますのでご覧下さい。

a_btn065 空の上から地上の世界・海外編(4) KLMオランダ航空KL867(KLM867)の飛行コース

スキポール空港~関西空港 KLMオランダ航空 KL867(KLM867)の飛行ルート
2006年12月のドイツのクリスマス市巡りの時に往復した、関西空港~オランダ・アムステルダム・スキポール空港間の様子は、関西空港~スキポール空港 KLMオランダ航空 KL868(KLM868) 搭乗記のページで紹介しています。 また、...

元祖・田舎村
元祖・田舎村

ドイツのクリスマス市巡りの旅行の時に往復した、関西空港~オランダのスキポール空港間の飛行機(KLMオランダ航空)KL867(KLM867)、KL868(KLM868)。

往きのKL868(KLM868)は日本海を北上し、ハバロフスクからロシア横断。帰りのKL867(KLM867)はロシアからモンゴルを横切り北京へ。

その後は北朝鮮を迂回し、韓国を横断して関西空港へ。

一睡もせずに過ごした機中、Reversi(オセロ)で遊んだ機中、北京上空での夜明けなどをご覧下さい。


 

このページは、2006年12月のドイツクリスマス市巡りで往復した、関西空港~オランダ・アムステルダム・スキポール空港間の様子をお届けします。

ドイツ の クリスマス市巡りの旅行 (Christmas market tour)
ドイツのハイデルベルク、シュトゥットガルト、ニュルンベルク、ローテンブルクのクリスマス市を回りました。宿泊地のカールスルーエ、フランクフルト中央駅、経由地のオランダ,スキポール空港などのクリスマスの様子などを紹介します。

空の上から地上の世界と言っても、地上を見たら雲ばかり・・・・こんなことも多いですから今回も似たようなもので地上の写真は僅かしかありません。

しかし、往復とも、私にとっては想定の範囲外のことがありましたので、少しだけ詳しく書いて、関連写真も入れておきます。

関西空港~スキポール空港 2006/12/7 KL868(KLM868)

空の上から地上の世界・海外編(2) KLMオランダ航空 KL868(KLM868)搭乗記をご覧下さい。

関西空港~スキポール空港 KLMオランダ航空 KL868(KLM868) 搭乗記
2015年1月から、KLMオランダ航空 KL867(KLM867)  KL868(KLM868)の飛行コースを調べていて、KL867(KLM867)は3つのルートがあることが分かりました。 下記のページで紹介していますのでご覧下さい。 ...

スキポール空港~関西空港 2006/12/11~12 KL867(KLM867)

予定では、
スキポール空港発 15:15 → 関西空港着 10:20(翌日)
所要予定時間 11時間05分
KLMオランダ航空 (KLM) KL867(KLM867)便 B777-200型機


実際には速かったですよ。

スキポール空港発 15:10 → 関西空港着 09:55
所要時間 10時間45分
でした。


スキポール空港を15時10分に出発してから1時間もしない16時頃には、機外は暗くなり、空の上は夜になりました。

帰りは太陽を背に、地球の自転方向へ飛ぶため、時差の関係で、所要予定時間11時間05分の間に、目的地、関西空港に到着した時には19時間05分が経過した計算になります。

これが、スキポール空港発 15:15 → 関西空港着 10:20(翌日)のように、帰りは2日間消費してしまい、何か損をしたような気になる原因ですね。

P20061211-IMG_7484-2

機外が暗ければ画面を見て地上の様子を自分勝手に想像するだけです。

スキポール空港を出発して2時間35分。モスクワ(Moscow)の北を通過中です。
モスクワはロシアの西の果て近く。

ここからロシアを抜けるのに時間が掛かりますよ。


シベリア上空を飛行中のナビ画面を睨んでいても変化が小さいため飽き飽きしますよね。
そんな時にはゲーム。

久しぶりにReversiに熱中しました。
P20061207-IMG_6618-2
上の写真は往路の時のものですが、下の表は帰路の対戦成績表。
6勝3敗1引き分けでした。

Player(私)34522832403526532449
COM30123632242938114015

Reversiに熱中しながらも、どこまで帰ってきたのかが気になり、勝負の区切りごとに偵察していました。

ところが、往路と違い、機首は少し南方向へ向いてシベリア大陸から外れ、ハバロフスク(Khabarovsk)を目指しているではなく、大阪(Osaka)です。

飛行コースの延長上には北朝鮮が・・・

地図の大地の色から、モンゴル(Mongolia)を横切るのかなと思っていたら、Ulan Batorウランバートル=モンゴルの首都)の上空を通過しました。
P20061211-IMG_7499-2
P20061211-IMG_7502-2P20061211-IMG_7503-2

P20061211-IMG_7506-2


モンゴルを抜けて中国へ。

Tientsin(天津)Baotou(包頭)Taiyuan(太原)Chengde(承徳)
Fushun(撫順)Dalian(大連)Boshan(博山)などの地名が現れましたよ。

北京の北を通過するような気配ですね。
P20061211-IMG_7507-2
P20061211-IMG_7511-2


関西空港も近づきつつあるな。地上の世界はどんな様子かな。と、最後部の行って外を見たら、機体は右(南)に進路を変え、左側の窓から見える東側の雲は真っ赤に染まって、まさに夜明けでした。

時刻は、日本時間の7時45分。(中国時間では6時45分です。)

これを見て、からくなる雄大な中国を感じさせられました。
P20061211-IMG_7516
P20061211-IMG_7518
P20061211-IMG_7520


地図と飛行の航跡を見ていて、モンゴルからそのまま直進すると、北朝鮮を横切ることになる。

もしかして、KLM機もろとも、テポドン美女軍団の色気の誘惑に負けて北朝鮮に拉致されるのではないかと心配しましたが向きを変えて北京の東側へ向かいました。
P20061211-IMG_7522-2


KL867(KLM867)便は、再び東方向へ向きを変え、Tientsin(天津)の上空を通過。
P20061211-IMG_7527

●この記事はページ分割されていますので、次ページもご覧下さい

コメント

タイトルとURLをコピーしました