田舎村の近況(12)狭心症体験記・冠動脈の詰まり・心筋梗塞によるお陀仏を免れました

冠動脈手術後に、金刀比羅宮(ことひらぐう ・ こんぴらさん)の785段の石段に挑戦

金刀比羅宮(ことひらぐう ・ こんぴらさん) 冠動脈手術後に、785段の石段に挑戦
2013年2月8日~9日は、「海辺の豪華リゾートホテルに泊まるミステリーツアー2日間」(阪急交通社)へ参加しました。 行先は、新聞の折...

思いがけず発見された冠動脈の詰まり心筋梗塞によるお陀仏を免れました

狭心症(冠動脈の詰まり)治療記

このページは田舎村の近況の別冊、「思いがけず発見された冠動脈の詰まり、心筋梗塞によるお陀仏を免れました」の悪戦苦闘記です。

田舎村の近況(11)2012年 7月から12月までの半年間で4回も入院・9月には意識喪失で倒れて救急車に試乗・年末はノロウイルスでとどめ・・・我が人生のギネス記録更新
残り少なくなっていく人生。少しは物忘れが多くなりましたが、ボケには至っていません。残りが少なくなれば少なくなるほど活きが良くなってい...

1.意識喪失で救急車で搬送されるまで

胃の内視鏡検査、胆嚢炎、心臓にリスクがあるため手術を止めて薬で治療、意識喪失で救急車で搬送されるまでの経過を書き残しておきます。
胆嚢炎は関係ないように思われる方があると思いますが、手術前の検査で、心臓にリスクありとの診断。このあたりから関係があるなと自己判断しましたので、含めておきます。
狭心症(冠動脈の目詰まり)については、私の場合は全く自覚症状がなかったので、参考にして下さい。
皆さんにも、オバケが潜んでいるかもしれませんよ!

1-1.胆嚢の摘出手術騒動

2012年7月9日 エコー検査の結果、胆嚢に泥状のものが溜まっている

昔から胃弱な私。腹(胃の辺り)と背中が痛いので、7月9日は近くの医院で胃の内視鏡検査。
胃の検査中に、胃の中にプックリと膨れた所があることが判り、胃の外側が怪しいとのことでエコー検査を実施。

検査の結果、胆嚢の中に泥状のもの(石ではありません)が溜まっているようなので、紹介状を持って、今から国立の岩国医療センターへ行くようにとのこと。

2012年7月9日 胆嚢の検査入院を言い渡された

朝から絶食で空腹のまま、自分で車を運転して、15分走って岩国医療センターへ。

岩国医療センターで診察、血液検査CT検査他の検査の結果、やはり胆嚢の中に泥状のものが溜まっており、これが痛みの原因だろう。症状によっては胆嚢の摘出手術になるとのこと。
胆嚢の状況をみるため4日間の絶食が必要であることと、手術の可否、手術の場合の事前検査をするため、このまま直ちに入院するようにとのこと。

突然の入院話。これには困りました。
車は岩国医療センターの駐車場に置いてあり、何日の検査入院になるか判らないし、駐車場は有料ですから多額の駐車料金が・・・

話は全く横道に脱線しますが、少なくても4日間の入院となれば、もう一つ大問題が・・・


飼育しているアゲハの幼虫とカブトムシの世話です。
カブトムシは餌(ゼリー)を追加してやればよいのですが、問題はアゲハの幼虫。

両方とも、我が家のもう一人の住人である、飼育に関しては未経験のオバサンに頼むことにして、入院手続きを済ませ、入院病棟の部屋、ベットに案内された後に、2時間の外出許可を貰って家に帰りました。
外出の申請書に書いた理由は「入院中の生き物の世話の引継ぎ」。さすがに「アゲハの幼虫とカブトムシの世話」とは書けませんでした。・・・が、口頭では看護師さんへ正直に話しましたよ。

帰宅して、アゲハの幼虫とカブトムシの世話の要領をオバサンに説明。
オバサンが病院へ来た時に状況を説明してもらうこと、状況によっては蛹を庭へ出してもらったり、セロテープを使って幼虫を橙の葉へ引越しさせてもらうことと、毎日ケース内の食料(橙の葉)を確認して少なくなったら橙の葉を追加してもらうこと(ケース内の糞掃除は無理)頼みました。
入院中の幼虫などの様子を、留守番役のオバサンに写真を撮っておけと頼んでも無理なようなので、入院前の見納め写真を撮り、入院の支度をして病院へ戻りました。

【参考】入院中の様子は、興味のある方は、下記のページをご覧下さい。
2012年・ナガサキアゲハの飼育(40)2012年7月4日~7月27日

ナガサキアゲハの飼育(40) 想定外の入院のため、留守の間の幼虫の世話を依頼しました
の表示は2012年・幼虫・前蛹・蛹の背番号一覧をご覧下さい。2012年7月5日 橙の木で幼虫を発見・・・橙の木で幼虫を1匹発見。2012年7月6日 橙の木で幼虫を発見・・・橙の木で幼虫を発見・・・今年は橙の木は新しい葉が茂っていますが、幼虫

2012年7月10日~18日 胆嚢の検査、摘出手術の場合の事前検査

胆嚢の状況をみるため4日間の絶食。点滴を受けながら、胆嚢摘出手術の場合の事前検査が始まりました。

2012年7月10日 診察、検査

今日の検査は、
  脳神経外科診察
CT検査
胸部X線検査
心電図検査
呼吸機能検査

2012年7月11日 診察、検査

今日の検査は、
  心臓のエコー検査
心電図・・・両手、両足を締め付けて

2012年7月12日 診察、検査

今日の検査は、
CT検査・・・心電計を付けて

2012年7月13日 絶食検査は終了

食事開始。

2012年7月14日

血圧が高いため、血圧の薬の服用開始

2012年7月17日 胆嚢には関係ありませんが・・・

4日間の断食の後、7月13日からは流動食から食事が開始されました。

点滴で繋がれているとはいえ、動けるので病棟内を歩き回っていましたが、その時以外はテレビっ子状態。
毎日毎日オスプレイのニュースが流れていました。

皆さんご存知のように、ここ岩国市はオスプレイが荷揚げされる米軍岩国基地で有名な所。
P20120717-P1160803
それにまして、入院している病棟からオスプレイを運搬してきた船が接岸する港辺りが見えます。但し、基地内の建物が邪魔して陸揚げしているところは見えませんが・・・
しかし、大きなオバケのような運搬船なら迫力のある写真が撮れるだろうと思って、入院中に運搬船が入港することも考えて、カメラを持ってきてもらいました。
広大な米軍岩国基地が良く見えます。

P20120717-P1160804
この写真は上の写真の左の方。
新しい管制塔が見えます。

カメラを持ってきてもらったのですが、オスプレイの運搬船が入港する前に退院してしまいましたので、運搬船は、米軍住宅予定地の愛宕山の傍の住宅地から撮ることにします。

なお、オスプレイについては、下記のページを追加しておきました。
【特別版】米海兵隊岩国航空基地へ MV-22 オスプレイ Osprey 荷揚げ(2012/07/23)

米海兵隊岩国航空基地 MV-22 オスプレイ Osprey 荷揚げ
Friendship Day前泊のお奨め・・・岩国市内のホテル紹介 --> 日米親善デー (Friendship Day)・・・岩国...

【特別版】米海兵隊岩国航空基地で MV-22 オスプレイ Osprey 試験飛行

米海兵隊岩国航空基地 MV-22 オスプレイ Osprey 試験飛行
Friendship Day前泊のお奨め・・・岩国市内のホテル紹介 --> 日米親善デー (Friendship Day)・・・岩国...

2012年7月18日 検査

今日の検査は、
前腹部のエコー検査
頸動脈のエコー検査

2012年7月19日 検査を終わり、一旦退院

一通りの検査を終わり、胆嚢の状況から、まな板の上に乗って、胆嚢の摘出手術をすることに決まり、切腹手術の予約をして一旦退院しました。

昼前に帰宅しての一番は、アゲハの幼虫とカブトムシへの挨拶です。
みんな元気で頑張っていてくれました。

2012年7月30日 胆嚢の摘出手術のため入院

予定通り本日入院しました。

前回の入院は10日間。毎日時間を持て余し、有り余った(?)エネルギーの使い道は階段を昇り降りするだけ。看護師さんの回診の時には不在のことが多く、悪評だったことと、今回は15日間ですから、暇つぶしのためノートパソコンをレンタルして持参しました。

一応、許可を得て使っています。
今回は、このサイトの掲示板も見ることが出来ますので、不慣れなキーボードを叩きながら返事を書いたりしています。

今日から、手術に備えて、血液サラサラの薬を止めて、血液サラサラ用の点滴に変更。
血液サラサラの薬は中止してから1週間くらいは効果が持続するらしいです。点滴なら止めたら直ちに効果が止まるので、手術の時は、手術の1週間前に切り替えるとのことです。

2012年7月31日

今日は、手術に備えて、
頸動脈の3D CT
胃の内視鏡検査
胃は特別に悪い所はない
十二指腸潰瘍の痕があるが問題なし
胃の粘膜が食道へはみ出しているが手術には関係なし
血液検査・・・ピロリ菌の有無の検査


手術への準備は着々と進んでいましたが、夕方、主治医から面談室へ呼び出しがあり、「本日、カンファレンスがあり、心臓と頸動脈にリスクがあるため、摘出手術はしないで、薬で治療するほうがよいのではないか」とのこと。
どうするか?」とのことになったので、私は「薬で治療します」と返事。

返事の結果、手術をしないことに決定し、血液サラサラの点滴を薬に切替
夕食から胆嚢炎の薬の服用が始まりました。

血液サラサラの薬への切替で問題がないか、2日間様子をみて、8月2日に退院予定。(前回の検査入院の時、同室の患者で、胆嚢の摘出手術をし、血液サラサラの薬に変えたら、脳梗塞で倒れたとのこと。退院したのかなと思ったら、個室に隔離されていました。薬への切替がうまいこといかなかったのでしょうね。)

2012年8月1日

循環器科と脳神経外科の担当医から説明があり。

心臓は、詳しい検査が必要・・・循環器科
頸動脈は、細くなっているが直ちに治療する必要はない。但し、1年とか2年とかの周期の検査は必要・・・脳神経外科

2012年8月2日

ピロリ菌は検出されなかったことの報告を受け、第2審棄却で、夕方、我が家へ戻ってきました。

1-2.意識喪失で倒れ、救急車へ体験搭乗、応急治療後に入院

詳しい検査が必要と言われた心臓ですが、何も自覚症状がないため、これまで通りの生活を続けていました。
が・・・・・・・

2012年9月1日 意識喪失で倒れ救急車で搬送 救急入院1日目

P20120901-P1170676
9月1日は、岩国錦帯橋空港の開港に協賛して、岩国市の錦帯橋近くの徴古館で、昔からのANAのスケールモデルの展示が行なわれているため写真を撮りに行くことにして、徴古館近くの岩国城ロープウェイの駐車場へ車を置いて、テクテクと歩いて徴古館へ。

入口で立看板の写真を撮って玄関口へ向かっていました。
入口の手前までは間違いなく記憶にありました。

車を降りてから我が家の奥方の後を歩いていたのですが、後で聞いたら、「後の方で変な音がしたので振り返ってみたら倒れていた。」とのこと。「メガネは飛んで、口からは出血していた。歯が顔の近くに有ったので拾っておいた。」と聞きました。

★※@∀☆♪¥$¢£&???・・・幕間

なにやら男性の大きな声で、病院名を2つばかり言っているが聞こえたのが意識が戻った始まり。
気が付いたら救急車の中。受入れ先の病院を確認していたのです。

私は、軽い脳梗塞の経験があり、その後は血液サラサラの薬を服用しているため出血が止まらず、救急隊員の方に口元を押えつけられて、救急車の後部の窓から、走りなれた過ぎ行く景色を眺めてクッションの悪い救急車の中に寝ていました。

意識が戻ってからは救急退院、我が家の奥方の話も明瞭に判り、ポケットから岩国医療センターの診察券を取り出したりしていました。


搬送された病院は、7月に2回入院(前述)した国立の岩国医療センターの救急。

・状況
唇の外側が切れ
唇の内側が切れ
前上の、自分の歯1本と、差し歯が5本、計6本が抜け落ち
右目の周りが真っ黒 ・・・後で気が付いたが、メガネの右のレンズに傷
右の頬の出っ張った骨が痛い
バファリンを服用しているためか、出血が止まらず・・・後で気が付いたが、自分の歯が抜けたため

歩いていて突然に意識がなくなったのですから、勢いで前に倒れ、顔面(前歯)で衝撃を受けたのですね。
幸いにも、奥方が2歩くらい前を歩いていたので助かりました。

・救急での処置
唇の内外縫い合わせ・・・5針くらいか?
CT検査
X線検査
MRI検査

・救急処置が済んだ後、処置担当の医師から「検査で異常は見当たらないし、処置が終わったから帰宅していいですよ」と言われたが、「口からの出血が止まらないようなので依頼。

意識喪失の原因を探るのと、大きく腫れ上がった唇(豚の鼻を正面から見たような顔)が落ち着くまで入院となりました。


病室は内科しか空いていないとのことで内科病棟へ。

ベットに寝て夕方まで待っても口からの出血が止まらないので救急処置された医師が来られて、上唇の外側を追加で縫い合わせるとのこと。
麻酔無しで2針追加で縫われました・・・例えるものが無いくらい痛かったです。
結局、2回で7針くらい縫い合わせました。


9月1日は土曜日。
岩国医療センターは休日。
医師は休日のため主治医が決まらない。

2012年9月2日 救急入院2日目

・休日のため本日も主治医が決まらない。
・食事は、3食とも、すり潰した食べ物・・・小鳥の餌のすり餌のようでした。

この記事はページ分割されていますので、続きは下記のページをご覧下さい。
田舎村の近況(12)狭心症体験記・冠動脈の詰まり・心筋梗塞によるお陀仏を免れました
冠動脈手術後に、金刀比羅宮(ことひらぐう ・ こんぴらさん)の785段の石段に挑戦 思いがけず発見された冠動脈の詰まり、心筋梗塞に...
関連コンテンツ
関連コンテンツ
トップへ戻る