😀 瀬戸内海に海上区間がある珍しい国道437号線(事前学習編)

Googleによるサイト内検索

瀬戸内海に海上区間がある珍しい国道437号線(事前学習編)

元祖・田舎村
元祖・田舎村

瀬戸内海を跨いで、山口県の伊保田と、愛媛県の松山に連なる珍しい国道437号線を紹介します。


このページには国土交通省中国地方整備局の地図、データを使用しています。


11月22日、23日の晩秋の四国ひとり旅は、瀬戸内海を渡る海外?旅行。その時に走るのが、これまた珍しい国道437号線。

松山の工場勤務の頃、松山の港付近で見かけた標識の番号を見て、どこかで見たような番号だな?と思ったら、瀬戸内海を隔てた山口県にも同じ番号の標識があり、この国道437号線は、山口県から愛媛県まで、瀬戸内海を隔てて繋がっていました。

その昔、国土交通省が建設省だった頃には、山口県と愛媛県を橋で結ぶ計画があったのかも知れませんね。

22日は、朝暗いうちに出発し、23日の帰りも暗くなっていて、周囲の風景を写真に撮ることは出来ませんが、せめて、標識が見つかるたびに車を止めて、写真を撮りたいと思います。

今回の晩秋の四国ひとり旅で走るのは、岩国から国道188号線を南下して、途中で国道437号線に入り、屋代島を縦断し、海上区間をフェリーの中で走って(?)、松山の国道437号線へ入ります。

それでは、事前学習をしておきましょう。

瀬戸内海に海上区間がある珍しい国道437号線

国道437号線は、こんなになっています。地図をご覧下さい。

地図はmfwebのものを使用しました。
kokudou437-3


国土交通省中国地方整備局の地図、および データでは、下の図と表のように公示されています。
kokudou437-2

 

一般国道437号  愛媛県松山市起点~ 山口県玖珂町終点
松山市起点からの所要
時間
地  名距離所要
時間
玖珂町終点からの接続案内
距離/時間距離/時間
0.0/00:00 松山市起点 00:104.5/00:10 
4.5/00:1000:10松山港4.500:000.0/00:00 
(海上区間)
0.0/00:0000:00東和町伊保田0.000:1557.2/01:08 
11.8/00:1500:15東和町11.800:0245.4/00:53 
13.8/00:1700:02道の駅サザンセトとうわ2.000:0543.4/00:51 
18.1/00:2200:05橘町4.300:1039.1/00:46 
26.2/00:3100:09久賀町8.100:1131.0/00:36 
36.0/00:4200:11大島町9.800:0221.2/00:25 
37.3/00:4400:02大畠町1.300:0919.9/00:23(188)岩国市、柳井市方面
44.9/00:5300:09由宇町7.600:1012.3/00:14 
53.5/01:0200:09周東町8.600:023.7/00:04 
55.4/01:0400:02玖珂IC1.900:021.8/00:02山陽自動車道、岩国IC、熊毛IC方面
57.2/01:0800:04玖珂町終点1.8 0.0/00:00(2)岩国市、下松市方面

お知らせ

以上の事を頭の中に詰め込んで確認調査編へお進み下さい。

😀 瀬戸内海に海上区間がある珍しい国道437号線(確認調査編)
元祖・田舎村瀬戸内海を跨いで、山口県と愛媛県を繋いでいる珍しい国道437号線を紹介します。2003年11月22日、23日の晩秋の四国ひとり旅では、珍しい国道437号線の一部を走りましたので証拠写真をご紹介します。写真は全て22日に撮影したも...

関連記事

😀 晩秋の四国のドライブ旅行(まとめ)
晩秋の四国のドライブ旅行旅行日2003年11月22日~23日ツアー名晩秋の四国のドライブ旅行旅行社岩国市田舎村がらくた旅行社自慢(?)のオリジナルツアー料金ポンコツ車のガソリン代+フェリー代+宿泊費備考晩秋の四国のドライブ旅行(1/3)目次...
😀 晩秋の四国のドライブ旅行(1/3) 目次
元祖・田舎村石鎚山の霧氷、内子の「うだつ」、松山城や坊ちゃん列車など、晩秋の四国ひとり旅の様子を紹介します。晩秋の四国のドライブ旅行は、石鎚山の霧氷 と 内子のうだつ が自慢品です。2003年11月22日、23日は、瀬戸内海を渡って、四国の...
😀 晩秋の四国のドライブ旅行(2/3) 予告編
元祖・田舎村四国のドライブ旅行の予定を紹介します。石鎚スカイラインで、石鎚山近くの土小屋へも行きます。晩秋の四国のドライブ旅行(2/3)予告編11月22、23日には、せめて瀬戸内海という海のかなたの四国という国へ、今年最後の海外旅行?を急遽...
😀 晩秋の四国のドライブ旅行(3/3) 走行記録
元祖・田舎村四国のドライブ旅行(黒森峠,石鎚スカイライン,土小屋,面河渓,内子,双海,松山空港,松山市駅)の走行記録を紹介します。晩秋の四国のドライブ旅行(3/3)走行記録地図が2枚あります。下の表と合わせてご覧下さい。地図はのものを使用し...
😀 黒森峠(くろもりとうげ)
元祖・田舎村松山から国道494号線を走って県道12号線へ。晩秋の黒森峠(くろもりとうげ)を紹介します。松山から面河方面へは、国道33号線を通る久万経由が道路も整備されていて、走行も快適だと思いますが、国道494号線の黒森峠付近は、道幅の狭い...
😀 石鎚山(いしづちやま)(1)・土小屋(つちごや)・瓶ケ森(かめがもり)
元祖・田舎村霧氷で白くなった晩秋の石鎚山(いしづちやま)、土小屋(つちごや)から見える、瓶ケ森(かめがもり)を紹介します。11月22日11時15分に石鎚スカイラインの入口に到着。じつは、数年前にもここまで来たことがあります。その時は3月の下...
😀 石鎚山(いしづちやま)(2)・土小屋(つちごや)・石鎚スカイライン
元祖・田舎村快晴の石鎚山(いしづちやま)と、霧氷の土小屋(つちごや)を紹介。土小屋は石鎚スカイラインを利用して、車で登れます。22日夜、テレビで天気予報を見ていたら、翌23日の四国は全てお日様マーク。よし、23日は朝食を急いで済ませて、もう...
😀 面河渓(おもごけい)
元祖・田舎村晩秋の面河渓(おもごけい)。国民宿舎がありますので1泊して、パノラマ台、石鎚山登山口などへも回ってみて下さい。今年(2003年)の面河渓の紅葉の見頃は11月1日頃だったとか?面河渓は、39年前に瓶ケ森から石鎚山へ縦走し、下山した...
😀 内子(うちこ)
元祖・田舎村昔のサラリーマンならご存知の「うだつ」。「うだつ」が上がるか上がらないかで給料は大違い。 「うだつ」で知られている内子(うちこ)を紹介します。11月22日の夜、国民宿舎の壁に貼ってあった地図を眺めているうちに、うだつのある内子へ...
😀 双海(ふたみ) 道の駅ふたみ
元祖・田舎村四国のドライブ旅行で立ち寄った、道の駅「ふたみ」(双海)を紹介します。上の写真は、【写真AC】の写真を使用しています。内子から国道56号線を松山へ向けて走っているうち、目の前に、「国道378号線 長浜 左折」の標識が出現。時間も...
😀 松山(まつやま)
元祖・田舎村四国のドライブ旅行で立ち寄った松山(まつやま)の松山城・坊ちゃん列車・松山空港・三津浜港を、簡単に紹介します。松山へ帰り着くのが早過ぎてしまい、帰りのフェリーの時間まで、スーパーの駐車場へ車を置かせてもらって???。スーパーの前...
😀 国道437号線の海上区間を結ぶ 伊保田(いほた)~松山間のフェリー
上の写真は、伊保田(いほた)~松山間のフェリーではありません。フェリーに乗船して伊保田から松山へ向かう途中で出会った、海上自衛隊のミサイル護衛艦「はたかぜ」(DDG171)です。元祖・田舎村瀬戸内海を跨いだ珍しい国道、437号線を結ぶ伊保田...
😀 瀬戸内海に海上区間がある珍しい国道437号線(事前学習編)
元祖・田舎村瀬戸内海を跨いで、山口県の伊保田と、愛媛県の松山に連なる珍しい国道437号線を紹介します。このページには国土交通省中国地方整備局の地図、データを使用しています。11月22日、23日の晩秋の四国ひとり旅は、瀬戸内海を渡る海外?旅行...
😀 瀬戸内海に海上区間がある珍しい国道437号線(確認調査編)
元祖・田舎村瀬戸内海を跨いで、山口県と愛媛県を繋いでいる珍しい国道437号線を紹介します。2003年11月22日、23日の晩秋の四国ひとり旅では、珍しい国道437号線の一部を走りましたので証拠写真をご紹介します。写真は全て22日に撮影したも...